戦国ちょっといい話・悪い話まとめ


記事の内容
*前へ | 次へ#

徳川頼宣は尊敬する真田信之を
2010/07/26 00:01

302 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 15:34:39 ID:70ZDyo9V
その日も、徳川頼宣は尊敬する真田信之を自邸に招き、武辺話など熱心に聞いていた。

「ふむふむ、それで戦が始まれば、備えはどうすれば良いのかな?」
「ああ、カンタンにござる。自軍がこのように…」信之は扇を開き、要の方を頼宣に突きつけた。
「…広がって見えれば、勝ち。お味方が、われ先にと敵を押しているという事。何もする必要はござらん。逆に…」
今度は信之、扇を逆に持ち変えて、扇の先を頼宣に突きつけた。
「…こう見えれば、負け。突出している所を叩かれ崩れぬよう、手を打つべきです。まずはこの二つに注意すれば良く、
鶴翼だ魚鱗だなどとは、その後ですな。」

「(うむ、やはりこの人しかおらぬ!)なるほど。あとは戦での指図の要、ほら貝・陣太鼓など拝見したい。」
「心得ました。では後日、用意の上で実演いたしましょう。」

約束の日、信之がほら貝を持って紀州藩邸に行くと、豪華な甲冑の飾ってある座敷に通された。
「?紀州様、これはいったい?」
「申し訳ない、ほら貝などとは口実。わが子も年頃になり、鎧着初めの儀を行なうことになった。そこで、ぜひ貴殿の
武功・忠義にあやかりたく、具足親になっていただきたい。」

元服の儀の烏帽子親は平時の後見役、鎧着初めの具足親は、有事の後見役である。
「将軍家や数ある大大名を差し置き、私などがそんな、大それた役は…」
「貴殿がそう言うと思って、わざわざウソをつくような真似までしたのだ。信之殿、頼む!」

「…仕様のないお人じゃ。」信之は頼宣の子に甲冑を着付けてやった。
「せっかくだ、わしの愛刀を差し上げよう。銘を『大食上戸餅食らい』と申す相州秋広の業物、その切れ味底無しじゃ。」
頼宣は大いに感謝し、信之に兼光の脇差等を贈った。

数日後、老中・酒井忠勝が信之のもとを訪れた。「貴公、紀州様のご子息の、具足親を務められたとか。」
「えぇ、まあ。(やはり、不味かったか?)」

「ぜひ拙者の孫、与四郎にも具足を着せてくだされ!」
「…仕様のないお人たちじゃ。」苦笑しつつも、信之は忠勝の申し出にも快く応じた。




303 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 15:52:15 ID:Xsjak4cd
何かいい話だったけど
『大食上戸餅食らい』のインパクトが強烈すぎた

304 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 16:57:50 ID:h9mQDY6d
でっかい餅が、引っかかったりべとついたりせずに両断できるとか?

305 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 17:24:41 ID:/Bifj82n
戦国の生き証人
ほとんど生ける伝説な扱いだな
長生きして欲しかったな

306 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 17:34:58 ID:okGSKCiP
「大食上戸餅食らい」って調べてみたらそのまんまの意味で
「大食いしたうえ大酒を飲み、さらに餅までも食べること。(大辞林)」
って事らしいんだが、褒め言葉か?これ?

>その切れ味底無しじゃ。
ってのに胃袋底なしなのを引っ掛けたのだろうかしらん

307 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 17:49:40 ID:uEF3XyJP
具足の付け方が分からない人が多かったので
体よく使われただけだったりしてw
だとしても何かしら御利益がありそうなお兄ちゃん



311 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 10:09:29 ID:rRfZ4u4R
>>305
長生きって、信之って確か享年90歳越えてなかったっけ?

312 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 10:35:09 ID:fnOpRwVR
ネタで言ってんだよ言わせんな恥ずかしい

314 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 11:23:45 ID:b7oSSRqU
>>311
親父と弟と奥さんに心労かけられ続ける日々じゃなかったら、
あと1.5倍は生きられたんだよ

315 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 11:49:38 ID:DFX+u+l/
一栗放牛だって葛西大崎一揆さえ無ければ(ry

316 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 11:55:34 ID:ySbbHPvj
>>314
むしろそのストレスのおかげで長生きできたという最新の研究結果を纏めたものが民明書房からでているだろう!

317 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 14:22:37 ID:vrEyhKMW
木幡高清だって「相馬旧記」の編纂に関わってなければry

318 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 15:07:00 ID:5/hJO1oj
家兼爺様も親族皆殺しにされなかったりすればもっと長生きできていたよなあ

319 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 18:32:45 ID:sdBR1hee
戦国長寿者スレはここですか?

320 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 20:38:49 ID:SJaEifS0
>>314
氏政が飯に汁をを1回しかかけなかったら幻庵は(ry

321 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/07/26(月) 22:31:33 ID:S74DKR0w
南部信直がホームシックにならなければ北信愛は(ry

322 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 22:34:42 ID:XjS4nKPb
渡辺幸庵、南光坊天海「ですよね〜」

323 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 23:07:23 ID:g7FuxsEs
>>316
オレは信幸お兄ちゃんが若い頃占い師にムダに寿命が長い事を告げられて
碁を打ってる二人の神様に肉と酒を持て成して九十三の前の百という文字を消してもらった
っていう逸話を民明書房の本で読んだ気がする

324 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 23:29:37 ID:as1/fZGC
長生きには適度なストレスが必要って事だ

325 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/26(月) 23:45:01 ID:3gNwwVIy
じゃあ茂庭綱元が91歳まで生きたのは・・・・・

326 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 00:08:40 ID:rI2IY4Pw
泉重千代さんは適度の飲酒と喫煙という負担を体に与えてたな。

327 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 05:59:17 ID:istxf1Ud
父と弟のせいで将軍と大御所に睨まれ続け、子供に先立たれ、孫がぐれて、ついでに鬼嫁がいるくらい適度なストレスがないと長生きできないよね。

328 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 07:36:10 ID:oOJWXB9b
もし113歳とか133歳まで生きてたら幕府首脳(家綱 綱吉時代)
「神君家康公と会話をしたことのある最後の御方」扱いされ
上田領に加増付で返り咲けたと思う

早く死にすぎですよ

329 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 07:39:37 ID:C6gxD2qY
天海最強説

330 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 07:41:42 ID:uz7NJv0I
徳本先生が最強だろjk

331 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 09:09:22 ID:OCPuB0jr
>>328
松平忠輝「それは無い」

332 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 09:15:10 ID:0TW+fwKa
>>328
宇喜多秀家「ありえない」

333 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 11:39:36 ID:kMZ2Qc6I
>>329
天海=明智光秀という逸話もあるな。

334 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 12:05:41 ID:efOHgUS2
滝川益氏も子供が非行に走らなければもっと長生きできただろうな

335 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 12:43:00 ID:O0uHlh4x
宇喜多の坊ちゃんは八丈島以降はストレス無しで長生きしたな

336 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 13:23:46 ID:LZsxbW1Y
水泳で鍛えていたからだろう

337 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 16:03:01 ID:+hRcjWCh
上総介どのも似たようなものでは。
有名な話で行くと野風の笛ですか。

338 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 19:00:01 ID:B6xmjbJK
小一郎「ストレスがあると長生きできるという間違った考えが浸透すると聞いて(ry」

339 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 19:27:34 ID:f1KRdig0
秀長短命ってわけでもねえだろw
怪物どもと比べるから短く感じるんだ

341 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 19:51:18 ID:hspggieL
隆元「ストレスを溜めると死にたくなる件について」

343 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 21:09:23 ID:7ZemCXo+
>>339
ストレスがハンパなかっただろう逸話が残ってる宇喜多忠家や明智十兵衛も早死というわけではないしなあ。
明らかにストレスが原因で早死したっぽい人はいるかな?
心身損耗からやけっぱちな行動をとって戦死とかいう例に隠れるんだろうね。

344 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 21:20:18 ID:VB+LQsIF
>>343
あの人が毒殺してないなら三好長慶

345 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 21:33:01 ID:sdImzfEO
レオン氏郷は政宗に対するストレスで早死にした

346 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 21:35:28 ID:ayYEbFGY
空気読めない親兄弟、妻子、義兄達によるストレスで早死にした

真田信之

347 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/27(火) 21:52:49 ID:5aS7BYC1
>>320

北条氏政「残さず食えば文句無いだろ!」


*前へ | 次へ#

コメントを見る(25)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP

ログイン


Powered By FC2ブログ