FC2ブログ

この王(政宗)の勢力は収入、家臣共に強大で

2013年01月14日 19:53

159 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 14:56:43.39 ID:DCe73MJY
ではそんな政宗についての逸話

(1611年11月23日、セバスチャン・ビスカイノ一行は仙台伊達政宗領・牡鹿湾の測量を行っていた)
この時、そこから2レグアほどの所で王(伊達政宗)が猪や鹿の猟をして廻っている様子について
便りを受け取ったので、飛脚を出して、この港(牡鹿)やこの時までに発見した他のことについて
報告した。地図は全て色付きで描き、作図した。

すると、当方の報告に礼を述べ、領内に良港が見つかり大変嬉しく思っていると返答があり、
鹿や山の狩りの獲物を贈って来た。そして

『今もし山野に出ているのでなければ、大いに引見したいものだが、その楽しみは
城に戻るまで置いておく。陽の光も寒さも、彼を損ねることが無いよう、司令官を
輿か籠に乗せて連れてきたら嬉しいだろう。
私の領地で村落発見のための行った苦労を大変高く評価している。それらの製図の方法を
見てみたいものだ。』

このように言ってきた。
そこで、司令官はそれを通訳と奉行に託して送った。
これに王は大層喜び、残っていた他のことにも許可を与えてくれた。
私たちはその領国のいずこでも歓待を受け、常に歓迎の強い意志が有ることが解った。

木曜日(24日)我々はこの港にとどまり、南中高度の測定をし、旅を続行するための用意を、
翌日入手するためこの港に留まった。というのは、(伊達家の)家中ことごとく、王の狩りに
忙殺されていたからだ。

この事のために家臣と、掻き集められた周辺の農民をあわせて、百万ほども居たに違いないが、
その巧みさと獲物を追い立てるために山を取り囲んだ人間の多さは見事であった。
獲物は羊の群れほども多く、素手や鉄砲で捕まえていた。

この王(政宗)の勢力は収入、家臣共に強大で、3万の騎兵と20万の歩兵を6日で何度でも
召集でき、領内に80の出城を持っているほどだ。
(これらの軍勢)すべてを賄い、満足させている。

統治においては正しく、怠惰なものと悪しき生活をするものを敵とする。そして既述のように
我々のキリスト教に感心を寄せ、話によれば、千万以上の年収が有るという。

セバスチャン・ビスカイノ旅行航海報告書)

以上、スペイン人による政宗の記録であるが、スペイン側がそうしたのか政宗が吹いたのか、
軍勢を盛るだけ盛ったことがよく解る内容であるw




160 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 16:22:19.61 ID:sfg8/o+o
世界征服さえできそうな軍勢を東北のいち大名が・・・
政宗が盛った数字をビスカイノがさらに盛ったんだろうか

161 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 18:08:30.98 ID:hcrvlj6N
どうしてここまでばればれの数字を平気で報告できるんだろうか

162 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 19:41:45.38 ID:WZLGLef0
政宗だからさ

163 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 19:57:58.92 ID:uEQXOC36
富士の巻狩りどころの騒ぎじゃねぇな
スポンサーサイト



伊達政宗、スペイン人と昼食を

2012年12月19日 19:57

816 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/19(水) 05:41:15.93 ID:lmqUdhCU
『…江戸の町には(1611年)12月30日に到着した。
全員無事で、神と陛下によく奉仕でき、かの(北関東から東北の)海岸線に至る全ての領主と
その家臣らを友にし、我々のキリスト教の信仰に惹かれるようにしてきた。
多くの、しかも大変良い港を、それも大変良い場所に、さらには(伊達)政宗のような
大領主の領地に発見した。

政宗は、領内に来たイスパニア船は常に良好な待遇と補給を受けうることになるので、必ず
その領地に向かうことになるだろうと言った。また自分の家臣がキリスト教徒になるように望む、
とも言った。

江戸に到着すると直ぐ、司令官は皇太子(徳川秀忠)の顧問官らに使いを送り、帰還を知らせると共に、
補給を受けたいものがあるので浦賀港に向かい、その後直ちに御手に接吻するため目通りをし、
発見したものの図をご覧に入れるため立ち戻りたいとの許可を求めた。

その許可を得。(江戸藩邸の)件の政宗にも同様の使いを送った。彼は
「自分に会わぬまま先に行かないでほしい。月曜日に昼食を共に出来るよう自分の屋敷で待っている。
司令官に会わない1時間は1年にも思える」といってきた。

午後3時に我々が彼の屋敷に行くと、彼は司令官と、パードレ・フライ・ルイス・ソテロに
親愛の情あふれる接待をし、神父に見せる尊敬と敬意は言葉では言えないほどだった。
食べ物を手ずから運び、酌まで取り、司令官にも同様にした。

「自分たちは友で、永久にそう望み、武器に誓ってかくありたい。故にカタナを授与するので
自分には懐剣を」と述べ、その様にし、大変恭しく懐剣を受け取った。

十字架に接吻して剣を頭上に押し頂き、彼の流儀で他の儀式も行った。それは中々見物で、
イスパニア人にこれほど殿が好意を示すのを見て、家臣らはたいへん驚いていた。

政宗は極端なまでのことをし、普通なら彼の前には罷り出られないような身分の家臣まで饗応に
呼ばせた。そしてこの者に
「汝は我が家臣である。土下座せずには我が前には出られない輩であることは汝自身がよく知っている。
だが汝はキリシタンで、司令官の友である故に、今日我が食卓に共に着くが良い。殿の三つの印をつけよ」
と言った。これには他の者は驚愕してしまった。

キリシタンの家臣らはパードレの修道服に接吻し、我々の信仰のことを知るために修道院に参じたいと
言った。食事と会話の際に、我々のキリスト教について話が行われた。

彼(政宗)はキリストの漁する網の近くに居た!神よ、その智を照らし給え!この者が受洗した暁には、
キリスト者の保護者と成り殆どの者が改宗する源となるだろう。何故なら、この国のキリスト教は
大根から葉が生じていくように、今日まで逆さまな形で始まってきたからである。

キリスト教に入信したものは貧しい役人や漁夫、平民で、貧しい修道者に保護や支援を与えるどころか、
逆に自分たちが援助されることを望み、献金はわずか。
その上彼らの先祖はキリスト教徒ではないため、先祖のためにミサを挙げて貰う必要もなく、
ミサの依頼も全く無く、宣教師らは自活の手段を持たなかった。

祈りの刻に我々は自分の宿舎に戻ったが、この領主の良き素質を見て大変幸せだった。
セバスチャン・ビスカイノ旅行航海報告書)

スペイン人使節と伊達政宗との会食、およびキリシタンの事情についての記録である。




817 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/12/19(水) 19:17:02.57 ID:7I0rTZeL
侵蝕していく宗教団体みたいな感じだな。

818 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/19(水) 19:37:11.91 ID:rIv0vERY
この時代にイスラムが布教しにきてたら飛び付いた武将いただろうな
イスラム教原理主義派を背景にした戦士は強いしさ
一向衆も強いけどよくよく教え読むと逃げても救われる教えだからな

819 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/19(水) 20:24:50.05 ID:2NOO+mdG
ムスリムなんぞよりイエズス会やプロテスタントの方が余程狂信的だと思うぞ

823 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/20(木) 01:13:25.36 ID:9OF+tPRb
>>818
16~7cのイスラム系帝国で強兵ってイエニチェリやシク教徒傭兵みたいな
他の宗教の信者を使ったものが多いんだが。

本多正純の廉潔

2012年12月10日 19:52

720 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/09(日) 19:36:22.64 ID:DMf07Ddb
(1611年7月5日。この前日、セバスチャン・ビスカイノ一行は、駿府城において
徳川家康との会見を行った)

『水曜日の午前、使節は皇帝(家康)の秘書官である上野介殿(本多正純)に面会に行った。
羅紗、ガラス器、石鹸その他相応な贈り物をしたが、秘書官は大変に謝意を表し、受け取った後
しばらく手元に留めていた。

しかし、すぐに次のように言った

「私は贈り物を受納したが、これは、ヌエバ・エスパーニャ(メキシコ)での価値では相当の
ものである。ついては、あなた方に自分の方からこれらを贈り返すので、それらは再び、他の
役に立ててほしい。

私にはこれらを受け取れない。もし受け取れば、自分の職務を忠実かつ清廉に果たすことができなくなり、
あるべきよう自分の主人に仕え、自分の担当となる交渉事について主人に真実を報告できなくなるので、
いかなる外国からもこのような進物は受け取らない習慣になっているのだ。」

我々はそれでも、この贈り物を嘉納してもらおうと何度もやり取りしたが、受け取らせるのは無理で、
むしろ彼は大変立派な理由で、受け取りの拒否を釈明した。それは異教徒のものでも、神や教えを持たない
人のものでもなかった。実際、彼には神の教え以外何ら足りないものはなかった。
この事は、同種の職務で王に仕える人々の模範となることだった。

その後、財務長官の家に行った。彼はジョサブロ(後藤庄三郎)と言う名だったが、この国を動かす
人物である。手ずから甘いもので使節と共の人々をもてなし、大変親切に接遇した。

使節は彼にも、羅紗と他のものを贈り物とした。彼は何のためらいもなくこれを納めた。
人の話によると、彼は金銀で600万を持っているにもかかわらず、四分銀(イスパニアの1ペセタ)よりも
八分銀(メキシコの1ペソ。1ペセタの倍の価値)を望む人物だからだ。
善処のため大いに尽力する、と申し出た。これを以って我々は宿へ帰った。』
セバスチャン・ビスカイノ旅行航海報告書)

本多正純の廉潔、についての記録である。




721 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/09(日) 19:44:45.55 ID:twLCN4Fg
この辺も正純と三成は似ているなあ

722 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/09(日) 20:53:21.21 ID:S3kKq5Re
>>721
三成は普通に受け取ってるでしょ。

723 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/09(日) 21:23:14.71 ID:FULY31Rh
受け取った上で、大御所に報告するなり献上するなりすれば良かったのに

725 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/09(日) 22:17:43.30 ID:mkdcHAvr
他国からの高価な贈り物だからな
報告、上納すればいいという単純な話ではないでしょ

726 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/09(日) 22:33:35.76 ID:0W2BG9LS
>>725
そう考えると受け取らないほうが悪い気がしてきた

727 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/09(日) 23:44:58.04 ID:mkdcHAvr
なぜそうなるんたw
他国からの贈り物なんて、うちの国には融通効かせてくれ
の賄賂と考えて対処すべきものでしょ

カングイカス殿領地、ヨナンズア到着

2012年12月08日 19:54

678 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/07(金) 20:38:12.26 ID:JUiaU8f2
カングイカス(景勝)殿領地、ヨナンズア(米沢)到着

ヨナンズア(米沢)の町に到着するには、この日と金曜日の両日かかった。
カングイカス(景勝)殿が同地の領主である。しかし皇帝(徳川家康)が帝国の支配権を求めて戦争をしていた
その時に、その友好陣営にいなかったので、皇帝は彼を幽閉し、二百万石以上を取り上げ、子供らを江戸で人質に取った。

この町に到着する前に、領内入国の許可を求めて皇太子(秀忠)に書簡と到着の知らせを通訳とともに送った。
直ちに彼は必要な物と宿の用意を命じ、あたかも自分の家に入るように入国して良い、と言ってきた。

そして我々は、到着後の訪問とその御手への接吻を許されるよう求めた。
それに対し景勝殿の返答は

『都合の良い時にそうしよう。しかしし現在、少々不調である。もっと有り体に言えば
皇帝が自分から領地を取り上げたので気鬱の病にかかっている』

と言ってきた。これを知って司令官は彼に面会しないことにした。
何故なら先程も私が述べたように、諸侯への面会は物入りで、しかも何か贈り物をするからには
相当のものでなければならないのだ。

そういう訳で(景勝をスルーし)旅を続ける許可を求め、彼はそれを許可し、自分の領地内では何処にても
必要な物はなんなりと無償で用意せよ、と家来に命じた。

セバスチャン・ビスカイノ旅行航海報告書)

関ヶ原後、景勝が鬱だったらしい事と、それをこれ幸いと対面スルーに利用したスペイン使節の記録である。




679 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/07(金) 21:43:50.14 ID:kbzzmrWJ
景勝って幽閉なんかされたっけかw

681 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/08(土) 01:50:53.29 ID:+Vk4vNwx
カングイカス、ヨナンズア
うん、ぱっと見どころかしげしげと見てもさっぱりだw

682 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/08(土) 02:44:00.46 ID:n1yEdEyf
そこだけならイーハトーブと同じにおいがする

683 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/08(土) 03:42:25.47 ID:uEUz6gsd
東北弁だとそんな感じに聞こえるかもね >カングイカス、ヨナンズア

684 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/08(土) 06:37:16.58 ID:2xUxGqyy
カングイカス
後のググレカスである

途中に政宗という武士が待ち受けていた

2012年12月05日 20:41

642 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 20:32:44.12 ID:lj5ANi5x
セバスチャン・ビスカイノ旅行航海報告書(1611年)より

(この前々日、スペイン領メキシコより来航したビスカイノ一行は、江戸にて将軍秀忠との会見を
成功裏に終わらせていた)

『翌日、栄光ある聖ヨハネの金曜日、我々の使節は随行の兵に隊列を組ませ、聖フランシスコ修道院まで
ミサを拝聴に行き、この町(江戸)で成功を収めたことを神に感謝するように命じた。

つまり、陛下(フェリペ2世)に奉仕でき、日本の皇太子(秀忠)や他の人々には喜んでもらえた以外に、
死者もなく、この町にこの時期よく起きたような流血や不愉快なことは何ら起きなかったからだ。
日本人自身がこれに気が付き、使節に対し、非常に幸運な事だといった。

修道院に向かって歩んでいると、途中に政宗という武士が待ち受けていた。

政宗は奥州国の領主であり、二千人以上の兵と騎馬の人を沢山引き連れていた。
強大な領主であり、望めばいつでも八万人以上の兵員を戦闘に動員することが出来た。

彼は使節を認めると直ちに馬から降り、「私のために、使節に随行している兵に礼砲を撃たせてほしい」と、
部下に言伝で伝えさせた。彼はそれを見たかったのだ。

かくして、直ちに我等の兵が二発撃ったので、その爆音は驚き耳を覆うほどであった。
たまたま近くにあった馬は火薬の音で大混乱に陥り、主人を地面に振り落として逃げようとし、
また食料や野菜を積んでいた馬は地面に転がった。

この事態はこの紳士(政宗)を大喜びさせ、彼は死ぬほど笑った。

一段落つくと彼は使節に近づき、地面にまで届きそうなお辞儀をして礼を述べた。
『自分の家来と国をその用に具す』と言い、丁重に挨拶をして前進を始め、通り過ぎた。

このような礼節の丁重さでは彼ら(日本人)は世界中のどこの国にも勝り、特に高貴な人々にあってはそうである。』

政宗、外国使節と出くわして江戸でひと騒ぎ起こしたらしい、という記録であるw






643 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 21:05:33.89 ID:mUQkG000
ああよかった、俺の知ってる政宗だ

644 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 21:18:11.09 ID:O2Ntq34+
この人はいつどこであってもブレないなw

645 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 21:20:33.62 ID:yYYl/Xuv
いつもの政宗さんですね

646 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 21:53:25.17 ID:/KICZSw/
こいつはすげえぜ

647 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 21:57:15.97 ID:3cNd9Dyv
別にたいした事してないじゃん、と思ったが
江戸の街中で空砲とはいえ鉄砲撃たせたのか。

648 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 22:13:38.33 ID:3pzAUFFQ
いやーさすがっす大笑いしましたw

650 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 23:21:34.38 ID:FykM800i
アフガンの結婚式でお祝いに銃を撃つような感じ?

651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 23:31:34.37 ID:Q/bj9MAf
政宗「火薬ましまし、たまぬきで(`●ω・´)」

652 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 23:53:29.23 ID:FiynpENi
>いつでも八万人

・・・あれ?そんなに動かせたっけ?

653 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 01:17:42.66 ID:EIqB+a1o
政宗はやっぱり政宗だな

654 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 01:26:42.43 ID:TTtEEGZr
>>653
いわゆる盛るってヤツだろ

655 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 01:28:34.56 ID:TTtEEGZr
>>652だった('A`)

656 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 01:57:29.39 ID:9mr03swj
>>642
他人に迷惑をかけるのが本当に大好きだなこいつはw

657 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 02:26:51.44 ID:MnFKf6ZI
>>654
特盛りですな。盛ったのはやはりあの人か…。

658 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 03:31:59.13 ID:7oZ/i2bJ
>この事態はこの紳士(政宗)を大喜びさせ、彼 は死ぬほど笑った。
俺らも笑ったwww

659 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 18:35:32.10 ID:IGvxYZE0
相変わらず好奇心旺盛だな

660 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 19:51:46.31 ID:m2gTiIkH
四百年後の人間さえも笑わすキャラはそうそう無いぞ

661 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 20:18:47.06 ID:9P1FqeYG
どう見ても政宗のDQNエピソードに読めるんだが
「日本人の礼儀正しさパネェ」で締めくくる書き手の感性もスゴイな

662 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/12/05(水) 21:18:38.00 ID:Qr7e9wQ/
政宗がいつも通りで安心した

663 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 21:39:39.49 ID:/0Npa9i8
紳士…か

665 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/06(木) 01:05:39.07 ID:RTH1T+TZ
>>663

ひょっとしたら本来の意味のジェントリー(郷紳)だったりして。 戦国日本だと国人相当かしら?

666 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/06(木) 08:11:25.37 ID:7NchS0F0
>>665
国人というより土豪なんじゃ?