FC2ブログ

ドン・トマス滝野嘉兵衛の数奇な運命

2017年12月25日 16:28

423 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/12/25(月) 10:05:27.94 ID:fy+bl4gg
ルシオ・デ・ソウザ「大航海時代の日本人奴隷」に書かれてた
支倉遣欧使節団のドン・トマス滝野嘉兵衛の数奇な運命

彼は山城国出身であるにも関わらずなぜか支倉使節に同行。
ヌエバ・エスパーニャ(メキシコ)副王との謁見の際には帯刀が許されていたが
スペイン史料には彼が「殉教者の息子」とあることから二十六聖人の縁者の可能性があり、特別視されていたと思われる。
1615年、支倉常長自身が(スペインの歓心を買うため?)フェリペ3世の宮廷で洗礼式を行いキリシタンとなった時には
ドン・トマスは剃髪し、フランシスコ修道会の修道士となった。
その後、ドン・トマスは支倉常長の帰国には同行せず、俗人に戻りディエゴ・ハラミーリョというスペイン人に仕えていたが、
奴隷のような待遇を受け、(日本人の奴隷化はスペイン王により禁じられていたにも関わらず)焼印まで押されてしまった。
そのため1622年、ドン・トマスは国王に対しインディアス枢機会議を通じて
「ドン・トマスは日本の大使とともに宮廷を訪問し、キリスト教に改宗した日本に武士であります。
陛下の父君にあたる当時の国王陛下(フェリペ3世)手ずから聖水を、陛下の姉君(仏妃アンヌ・ドートリッシュ)には聖油を授けられました。
ディエゴ・ハラミーリョなる者が、彼は奴隷ではないにも関わらず彼に仕えていることから焼印を押しました。
この不正行為に対し、厳正なる裁きを下していただくよう陛下にお願い致します。
どうか彼に自由を与え、日本への帰国許可を与えてください」
という嘆願が送られ、ドン・トマスに帰国許可がくだされた。
翌1623年のヌエバ・エスパーニャへ渡航する乗組員名簿には「ドン・トマス・フェリペ・ハポン」の名前が確認でき、
さらに彼はヌエバ・エスパーニャからフィリピンへの渡航許可を求めている。
ただ、1624年には江戸幕府はマニラとの通交を断っており、彼が日本までたどり着いた可能性は低い。


スポンサーサイト