FC2ブログ

志岐鎮経によるキリシタン迫害

2019年04月23日 16:41

908 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/23(火) 11:01:27.39 ID:PEc4Qyhw
(前略)悪魔は我らの主がなし給うべき収穫を予想して、眠ること無くこの地(志岐)において着手したる
こと(布教)を妨害し始めた。その道具となったのは付近の領主(志岐鎮経)にて、その領内には数ヵ所の
会堂あり、またイルマン・ミゲル・バズが滞在していた。

この領主はポルトガル船がその港に赴く利益のために、偽ってキリシタンと成ったが、その後再び
異教に立ち戻ったのみならず、現実に悪魔を拝しこれと話す故に、彼はデウスのことを大いに嫌い、
力の限り天草殿(天草久武)に勧め、領内にデウスの教えを入れまいとし、このために一切の手段を
尽くしたため、(仏教の)坊主たちもこれを助け、諸人はキリスト教への熱心を失った。
これ故我らは何も成すこと無く、船に乗ってまさに帰ろうとしたが、虚しく帰ることを欲さず、
領主(天草氏)の常に居住している他の城に赴いた。

この悪人(志岐鎮経)が数人の坊主たちとともに我らを妨害したため、二,三ヶ月の間何事も成せなかったが、
我らが少しも予想していなかった時、我らの主は、殿(天草久武)が城内の大多数とともにキリシタンと
成ることを嘉し給わった。この語多くの村々がキリシタンとなり、中に一人の坊主がキリシタンとなったの
だが、かれはこの地の一向宗Itcoxos の頭にして、大いなる説教者であった。この宗派はルーテルの宗派に
似て、救われるためには阿弥陀Amida の名を称える他に必要なものはなく、その行い(自力)により己を
救おうとすることは阿弥陀を侮辱するものであり、ただ阿弥陀の功徳にのみ頼むべきものである、と説いていた。

(1571年9月22日(元亀二年九月四日)付、パードレ・フランシスコ・カブラル書簡)

志岐鎮経によるキリシタン迫害についての記事。一向宗がルター派に似ているという指摘は興味深い。



909 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/23(火) 19:51:02.55 ID:ha2h+T0+
その当時の宣教師たちの考え方が伺えて興味深いと同時に
悪魔はオメーだろとも言いたくなる

910 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/23(火) 20:25:43.98 ID:4Qp/NRhn
(キリスト者はすべて祭司であるととらえる「万人祭司」の考えにより)牧師は妻帯することができる
(親鸞は流罪・強制還俗後に「非僧非俗」の立場で布教したことにより)一向宗の僧侶は妻帯することができる

この辺も似てるよなあ

911 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/23(火) 22:12:16.02 ID:XHkL7ppQ
乱の後天草でカトリックを批判して仏教の教えを説いた
鈴木正三は勤勉に働くことこそ仏への道と

カルヴァン派と思われそう

913 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/04/24(水) 13:17:37.33 ID:34lqZWjO
イルマン・ミゲル・バズとか宣教師って全体的に柔術や空手や総合強そうな名前だな
これも中南米への宣教というか侵略が密接に関わってるから歴史って面白い

915 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/04/24(水) 17:26:31.42 ID:9TH5e7Hr
スペイン・ポルトガル系の人が多いからじゃないのかねぇ?

916 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/04/24(水) 17:27:50.65 ID:9TH5e7Hr
>>915は>>913宛で
スポンサーサイト

私は今日までデウスに対し不平を述べたことはなかった

2018年10月24日 18:19

357 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/23(火) 22:56:21.95 ID:3ItfLnKv
私は昨年の書簡で、豊後の王(大友宗麟)の甥にして婿である土佐の王(一条兼定)が、豊後に於いて
キリシタンと成りしことを報告した。この王は一人の家臣(長宗我部元親)が反乱したためその国を逐われて
豊後に滞在していたが、前の書簡に認めた如くその国に帰り、短期間に国を回復した。

彼は豊後に在った3,4ヶ月間デウスの事を聴き、よく事理を理解する人であったため、多くの質問をなして
キリシタンとなる決心を成すにいたり、しばしば私に洗礼を請うたが、考えることがありこれを延期していた。
そのような中私は下(ximo)の地方巡察に行くこととなり、もし土佐の王が私が帰る前に病に罹り、又は
その国へ帰る事態となれば、府内にとどまるパードレ(ジョアン・バウチスタ)に洗礼を授けるよう
予め定めておいた。

我らの主は、土佐国の大身たちがその国を統治するため、人を遣わして彼を招くに至らしめ給いしが故に、
直に洗礼を授け、彼はその国を悉くキリシタンとする決意を成して出発した。その国に着きて、我等の主の
御加護により短期間に土佐全国を領し、暴君(元親)は多数の兵とともに守っていた主要な一城のみを有した。

王は我等の主が彼に与えた御恵を忘れず、甚だ良き町に立派なるコレジョを建てることを命じ、その町、
およびその他の地において6,7千クルサド(1クルサドは銀40匁に当たる)の収入を得るべき地を寄進し、
又国内の主要なる町々には大なる家を建て宣教師に説教を始めさせた。

かくして土佐の多数の主だった者たちはすでにキリシタンと成らんとせしが、デウスの隠れたる裁断により、
破滅が近づくのを悟った坊主達が努力したため、形成はたちまち一変し、王は一戦において敵に破られ逃げ、
味方の大身の城に入った。王は同所に在って私が臼杵に着いたのを聞き、書簡を託して人を私のもとに
派遣した。書簡の訳文は次のとおりである

『尊師が下より帰られたのを聞き、この家臣を貴地に派遣して私のことを告げ、私のためにデウスに
祈られんことを請はしむ。尊師の出発後、我が臣下の者数人が使いを遣わして私を招き、再び土佐に入国する
途が開けた為、私は尊師の手によって洗礼を受けることを望んでいたが待つこと出来ず、府内のパードレに
洗礼を受けることを請うた。その後私が国に着いて、我等が主デウスの御助により、間もなく
ファタ(Fata・幡多)の城とその町の他は悉く占領した、同所にはトソガミ(tosogami・長宗我部)が
5、6千の兵とともに籠もっていたが、これを守り続ける見込みはなかった。

私は我等が主デウスより受けた御恵を思い、パードレが当国に来るために、直ぐに会堂を建てることとし、
これに大いなる収入を永久に寄進し、国内の他の町々に大いなる家を建て、説教を始めさせる事とした。
臣下の多数は、私がキリシタンと成った後、我等の主より大いに保護を受けたのを見て、キリシタンと成らんと
決心したため、人を遣わして説教を成す者の派遣を請わんとしたが、この時意外にも形成一変し、私は再び
追い出され、今は長島(Nangaxima)の城に在る。

私は今日までデウスに対し不平を述べたことはなかったが、それにもかかわらず、何故にこの不幸が
起こったのか疑惑を持たざるを得ない。我等の主が、もし私が罪人であるため罰し給うたとするなら、
敵は異教徒であり、その主君に謀反を起こした者であり、更に大なる罪人である。この故に、尊師に請う所は
この疑惑を解き、また私一人異教徒の間に居るが故に、デウスの事に関する書籍を送付される事である。

私は一人だが、今日まで日曜日(の礼拝)を忘れた事は無い。当所に、昔山口においてキリシタンと成りたる
トビヤス(Tobias)という盲人が有る。彼と語ることで喜んでいる。

我等の主デウスに、私のために祈り、常に書簡を送り給え。私も又これを成すべし。』

右の書簡に対し返書を送り彼を慰めた。デウスがしばしば、最も愛する者に艱難を与えたもう事を述べたが、
彼はこれにて慰められ、すぐに他の書簡を送り、已に安心し疑惑も懐かず、デウスに祈ることを請うた。

(1576年9月9日(天正4年8月17日)付パードレ・フランシスコ・カブラル書簡)

一条兼定が宣教師に送った、四万十川の戦いでの敗北を受けての書状の内容である。


国主の若い息子は

2016年07月15日 15:44

858 名前:御存じ豊後の大友さん家が、キリスト教にハマるきっかけ。[sage] 投稿日:2016/07/14(木) 20:31:40.10 ID:VYAaTYrJ
宗麟パパは熱心なキリシタン信者として有名だが、それは彼が晩年になってから。
確かに若い頃からキリスト教に興味津々で、教会に対しても面倒見がよかったが、
1575年以前までは、本人がいちばん熱中していたのは禅の教え。
臼杵にでっかい禅寺(寿林寺)を造らせ、京の大徳寺から偉いお坊さんを招聘して、
次男の親家を、成長後はそこの住持にさせようと考えていたという。しかし…


「国主の若い息子(次男)はなんとしても仏僧になりたがらなかった。彼は僧院で書物から学ぶどころか、
 武器をとり、撃剣、相撲、その他それに類した修錬に専念して、
 もし国主が自分を無理やりに僧侶にするつもりなら、 切腹して果てるか海で投身自殺する、と言った。
 国主は息子がどんなに恐るべき、かつ激しい性格か知っていたので、彼にとって息子のことは
 重荷であり憂慮の種であった。そこで彼がこの件でフランシスコ・カブラル師に助言を求めた時に、
 司祭は彼に、その息子が冷静になり、その激しく頑固な性格が克服されるためには、
 殿下が彼をキリシタンにさせる以外の救済法とては思い浮かびませぬ、と説いた。
 この忠告は国主には望ましいものに思われ、フランシスコ・カブラル師はその息子に
 理解力に応じて教えを授けた後、臼杵において洗礼を授けた。
 そして彼にドン・セバスチアンの教名を与え、国主は受洗の際に列席した」 
 (フロイス日本史・豊後編Ⅱ)


性格矯正のきっかけを与えられめでたしめでたし、と言いたいところだが、
結局この次男は「もともと性格が頑迷すぎる」上に虚栄心も強すぎたので
改宗も大して効果がなかった、と本書でバッサリやられてる。
親心を理解しない次男に対してもフロイスさんはじつに手厳しい。




859 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/14(木) 23:19:46.26 ID:60TOaBpq
そんなにバトル派だったのに
朝鮮で逃げた卑怯者って言われちゃうのか

861 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/15(金) 00:44:28.04 ID:YKycFMfZ
>>859
君主の命令は絶対だからね

862 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/07/15(金) 01:49:02.09 ID:62hdoRhR
>>859
朝鮮で逃げて、天下一のヘタレ言われたのは
例の長男じゃなかったけか?
この話の主役の次男も、朝鮮で一緒に逃げてたのか?