FC2ブログ

ザビエルの最期

2019年09月21日 15:01

426 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/21(土) 11:00:09.19 ID:MY/3Tvpu
我がパードレ・メストレ・フランシスコ(ザビエル)は日本より当ゴアに来たりしが、1552年4月17日、
一船に乗りてシナ国へと赴いた。同船にはゴア総督がシナ国王のもとに派遣した大使(ジョゴ・ペレイラ)も
乗り込み、総督はパードレの事を王に依頼させようとしていたのだが、当市より600レグワのマラッカに
到着すると、パードレの旅行は障碍を生じた。すなわち船主にして船長である大使(パードレが使節の
庇陰にて希望の国に入ることを期待し、デウスの次に最も信頼する人である)が、マラッカに滞在することが
必要となったのだ。

パードレは同船において、水夫の他に彼とともに在るのはキリストの愛とキリストのために多くの労苦を
学ばんとする熱心な信者のみであり、パードレ、イルマン、その他現世の必要について彼を助けられる者は
一人も同伴しなかった。

船は広東の市に近いシナの一港(上川)に着いたが、その入国には様々に故障があった。シナにおいては
外国人の入国しようとする者、並びにこれを入国させようとする者に対して重罰が有った。何人もあえて
外国人を入国させようとはしないため、数日間ここに滞在した。パードレはその希望を実現する時をここで
待つことに決し、同港において、異教徒である一商人と交渉し、「自分を広東の市に連れていけば、同国に
おいて甚だ高価である胡椒を大量に与える。」との契約を成し、商人は数日後、再び来て彼を同伴する
予定にて去ったが、我等の主には別に定められた所があり、パードレは熱病に罹り数日中に死したり。

(1554年12月23日(天文二十三年11月29日)付、パードレ・アイレス・ブランダン書簡)

フランシスコ・ザビエルの最期についての報告。



スポンサーサイト



文字を介した時のみ互いに了解する

2019年09月11日 17:04

190 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/11(水) 12:10:28.06 ID:71LzdRlh
シナ人と日本人とは言語大いに異なり、その会話は互いに理解することが出来ないが、
日本人がシナの文字を知り、書いたものを理解するのは甚だ驚くべきことである。
シナの文字は諸大学においてこれを教え、これを知っている坊主達は諸人より学者と認められる。

シナ文字(漢字)は一字ごとに一物を示し、日本人がこれを学ぶに当たっては、先ずシナ文字を書き、
その上にそれを示すものを画く。例えばその文字が人を示す時は、その字の上に人間の形を画き、
他の一切の文字についてもまた同様にし、文字は集まって辞書を成す。

日本人がこの文字を読む時は日本語にて読み、シナ人はその国語にてこれを読む。これ故に話す時は
互いに理解できず、文字を介した時のみ互いに了解する。文字の意味を理解していても、国語が異なる
故である。

(1552年1月29日(天文二十一年一月四日)付、フランシスコ・ザビエル書簡)

ザビエルによる、漢字についての記録



191 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/11(水) 18:46:02.36 ID:4Ut0lZHC
中国国内でもそうだったようなことを、昔中井貴一が出てた番組で紹介してた
しかしザビエルまめだな~

彼等は甚だ無遠慮で、殊に外国人にはこれを軽蔑し常に嘲罵する。

2019年09月10日 16:13

382 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/10(火) 12:59:34.92 ID:a/OvRRAA
コンパニヤのパードレ等を日本の諸大学に派遣することは、この国(日本)の俗人たちが、当国にも
学校および学者が有ると言って、その迷信を弁解するが故にその必要がある。そして大学に赴く
パードレ等は、諸宗派を駁撃し、坊主たちが俗人より金を引き出す為の手段が欺瞞であることを
説明し、世に公にしなくてはならないが故に、甚だしい迫害を受けるであろう。
坊主達は魂を地獄より救出すると称して生計を営んでいる。故にこれを成す能力が無いといえば、
少しも容赦しない。この事と、その他多くの事によって大いに迫害を受け、苦労が多い。

私はパードレ・メストレ・シマン、また彼が不在の時はコインブラのコレジョの院長宛に書簡を送り、
右の諸大学には尊師が引見して適当と認めた人の他は派遣しないよう要求した。彼等は思わぬ
迫害を受けるだろう。日中には時間を問わず、夜中に至るまでも訪問と質疑に責められ、また身分の
ある人に招かれて辞退することが出来ない事もある。祈祷、黙想、思索の余暇も、精神上休養の
時も無く、最初の間はミサを行うことすら叶わず、絶えず質問に答えるしか無く、祈祷を成し、
食事睡眠を取る時間すら欠乏することが有る。

彼等は甚だ無遠慮で、殊に外国人にはこれを軽蔑し常に嘲罵する。ただしそれは、我等が
この国の諸宗派の明白なる非行を攻撃し、地獄に行く者は救済の道無しと説くが故である。

また、我等は地獄より魂を救済する事が出来ない故に、何も知らないと言ってくる者がある。
彼等は煉獄の何たるかを知らず、彼等の質問に答えるには、学問が有り弁論に巧みであることが
必要であり、詭弁を弄する者に対しては直にその矛盾を指摘することを必要とする。坊主達は
矛盾を指摘された時、また答弁することが出来ない時は甚だしくこれを恥じる。

日本の主要大学である坂東(足利学校か)は遠く北方に有り、他の諸大学も同様である故に、
厳しい寒さに遭遇する。寒地に居住する者は才知が有り鋭敏である。ただし米の他に食うべき物は
無い。また小麦、各種の野菜、その他養分の少ないものが有る。米から酒を造るが、その他に
酒は無く、その量は少なく価格は高い。

最大の試練は不断にして明確たる死の危険である。当地は労苦が多い故に老人には適せず、また
甚だ若い者は非常に経験がないので用をなさないのみならず、却って己を滅ぼすであろう。

この国は罪悪を犯すのに適し、彼等の罪悪を責める我等に少しの過失が有ればこれを誹謗する。
この事についてはメストレ・シマン、また不在の時はコインブラの学長に宛てて詳細に通知した。
尊師が仮に、日本に派遣されるべき者は先ずローマに来るべしとコインブラに命じられれば、私は
非常に満足する。

考えるに、日本に派遣されるべき者はフランドル人、又はドイツ人で、イスパニア語あるいは
ポルトガル語に通じた者である。何故ならば彼等の肉体は労苦に耐え、また坂東の大寒を凌ぐことが
出来るからである。
イスパニア、及びイタリアのコレジョにはそのような人が多数有るはずで、彼等はイスパニアや
イタリアでは言語に熟達しないため説教を成すことが出来ないが、日本に於いては多くの収穫を得るだろう。

(1552年1月29日(天文二十一年一月四日)付、フランシスコ・ザビエル書簡)

ザビエルが山口での布教への反発とそれへの対応について記した記録である。



なにゆえその始めよりその教えを当地方に弘布せしめず

2019年09月09日 18:13

189 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/09(月) 13:25:58.89 ID:bFJF2ZJX
(山口に於いて)他の人達来たりて、「デウスがもし全世界の救主、または統治者であるならば、なにゆえ
その始めよりその教えを当地方(日本)に弘布せしめず、今日に及んだのか。」と問うた。

「デウスの教えは世の初めより今に至るまで世界の各地において、人間の意中に明示されている。
無人の森林の中で成長した者も善悪を識別し、他人が己に対して成すことを欲しない事を、他人に対して
成すのは罪であると承知している。」

我等はかくのごとくして十誡を説明し、

「彼等の創造主もこれを教え給えるため説教者に付いて学ぶ必要は無く、第一誡の魂を造り給えしデウスの
あることは、理性を有する人間ならば、誰であっても考えつくことを得る。

父母がもし自力によって子を生むのであれば、望み次第にこれを有するべきだが、子女を望んで得ない者、
また望まぬのに多数を有する者がある。

人がもし己に対して他人がするのを欲しない事を他人に対して行わず、また彼を造りし者を崇敬すれば、
デウスの教えを聴いたことがなくても、デウスは己を救うべき光明を授け給うだろう」と答えた。

彼等はまた、「智力が充分ではなくこの事を理解するに至らず、また己を造りたる者を知らない者も
多いが、彼等は一体どうなるのか。」と問うた。

「彼等の智力が足りなくても、そのわずかに知る所を善用し、その知れる悪しき事を悉く棄てて善を
行うならば、デウスは御慈悲深く、また何事も見給う故に、彼が受けた恵みを善用するのを見て、
己の霊を救うために成すべき所を心中に感得せしめ、道理に反して木石を尊崇せず、人間を救う力のある
真の聖者を尊崇せしめ給うだろう。

このようにして自然の教えに従って生活すれば、デウスの御慈悲によって己を救うべき徳を獲得すべし。
懲罰を招く者は、その責は己に有り、我等の主デウスの御恵が欠けていたからではない。彼等は道理に
反したことを行い、創造主にあらざる木石及び人間を崇拝して多くの罪を犯した故に、救いを受けることが
出来なかったのである。」

右、ならびに他の質問をなせし者は甚だ多数であり、朝から夜に至るまで屋内に充満したが、
パードレ・コスモ・デ・トルレスは彼等を悉く満足させた。この地の坊主達は我等がその罪を攻めるが故に
我等を悪口し、或いは悪魔が一つの偶像を通じて、我等はその門徒であると告げたと言い、また悪魔が
我々の存在故に、天より投げた雷が王(大内義隆)の家に落ちたのを見た者が多いと語った。
また我等は人間の肉を食べると言って、我等を疵付けようとする者もあった。

主はまた戦争を起こして(大寧寺の変)我等に艱難を下し給うたが、戦争は国王が死んで止んだ。
当市は八日間火と血の中にあり、この際行われたのは勝者万歳の法律にして、或いは報復のため、
或いは略奪のため人を殺した。この期間我等を憎み、また我等の有する僅少なる物を略奪しようと欲した
者たちは、常に我等を捜索した。我等はしばしば大いなる死の危険を冒したが、主に仕えんと欲する者を
特に護り給う御慈悲深き御手は我等を一切より救い給うた。

(1551年10月20日(天文二十年九月二十一日)付イルマン・ジョアン・フェルナンデスフランシスコ・ザビエル宛書簡)

キリスト教の布教初期の、日本人からの有名な疑問と、それへの解答を記録した記事。
つまり「布教する前から神の教えはみんなの心の中にあったんだよ!」という話ですね。



サヴェリウスよ、汝は

2018年12月02日 17:57

537 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/01(土) 20:33:10.24 ID:lEMylcGS
エスイト派(イエズス会)が一般の大反対があったにも拘らず、その計画を日本に於いて実行しようとして
訪日したのは驚嘆すべきことだ。
日本人は観察に敏く議論に長じている。その証拠はエスイト派が接した、日本人からの幾多の反対説から
見ることが出来る。

サヴェリウス(ザビエル)が始め鹿児島にて説法した時、地獄の苛責の恐るべき事を説いたのに対し、
これを聞いた日本人が言った

「サヴェリウスよ、汝は我が父母、祖先、又は子孫をその滅することの出来ない業火の中に置くのか。
我々を生んだ人々はそこで燃えるというのか。彼らが永久にそこで生きるために死に、又そこで常に死ぬために
生きるのであるとすれば、我々はたとえ一千の生命を持っていたとしても、誰のためにそのように、屡々死のうと
欲するだろうか。キリスト教の神は、世界に生まれ出て間断なく苦しみを受ける人々を助けないのか。
そんな彼を全能と呼ぶべきなのか。どうしてこれを、慈悲深いなどと言えるのか。

父母、子孫、親族が耐え難い苦痛に悲鳴を上げているのに、私達だけが天に伴われると言われても、そこに
何の楽があるだろうか。慈悲あるという創造主が、憐れむべき者を永久に罰するを以て快しとするのは、一体
どう言う理由があるのか。」

サヴェリウスはこの議論に答え、彼らをして納得させたと報告しているが、どのような議論によって彼らを
満足させたのか語っていない。ただ彼は、死せる日本人の罪深き状態を語ったことで、皆涙を流したとだけ
云っているのである。

サヴェリウスは又彼らに告げて、凡てのものには初ありしと伝えたが、彼らは直ぐに答えて言った

「その”初め”は善でも悪でも無いはずだ。キリスト教の神は善と悪を一度に作ったのか?神はいかにして
神となり得て、凡ての善を自己を対象としたものに限ることが出来たのか。彼がもし善であるのなら、
これらの悪魔は何れより来たのか。神は悪魔を悪として作ったのか。だとすると神の多くの善というものは
どこにあるのか。

あるいは、かの神は悪魔を悪に陥れたわけではないのに、これを悪に陥るに任せたのか?
人は清く神に仕えるために創造されたというが、何故にかの神は、それを悪に誘惑することを悪魔に許したのか。
人は神の霊なくしては存在できないというが、何故にそれを自己のなすがままに放任するのか。

神は人を、自己の弱点から脱する事の出来ないものとして創造しておいて、このために人は罪悪を
犯して永久に罰せられる、などというのは、神の善と矛盾しているのではないか?
また地球上のいかなる被創造主も行い得る事ができないような律法を作っておいて、これを聊かでも破れば
永久の刑罰を受けるのは、一体どう言う理由からか。

日本の宗教はこの外教に比べれば、神の慈悲が一層厚い基礎の上に作られたものである事は、永久の
地獄を立てないことからも明らかだ。阿弥陀、釈迦、観音を拝し、これに仕える者は、死すれば
彼らの一時的な生命から、永久の済度に入ることを得、もし死後、現在の罪のために罰せられ、そのために
苛責に遭うことがあっても、罪の大小に従って、ただある期間だけ続くものである。」

尚、日本人の日々の反対、及び難問を理解するために、ヨハンネス・フェルナンデスが山口よりサヴェリウスに送った
1551年の書翰を引用する。曰く
サヴェリウスの出発後、日本人はエスイト教徒の家に集まり、種々の質問を発して彼らを悩ませた。

「神はいかなる物質によって霊魂を作ったのか、身体は地水火風より成立していることは知っているが、霊魂は
どうなのか。霊魂の形及び色はどのようなものなのか。」

「悪魔はどのような動物なのか。何故に人を罪に誘惑し、主として人を破滅させようとするのか。」

「神はすべてのものを善として作ったと言うなら、悪魔はいかにして悪となったのか。」

「神は見ることが出来るのか。」

「善のみが存在する天に達すべき道を、神はこれほどの障碍困難を以て塞いでいるのは何故なのか。」

等である。
(モンタヌス日本誌)



538 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/01(土) 22:17:14.28 ID:QSXsYSjT
教義変えて祖先も天国に行けるようにしちゃったテヘペロ

539 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 09:56:56.28 ID:mHbxAADo
あれそこだけは根幹が揺らぐから譲らなかったんじゃ

540 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 10:52:51.07 ID:+vpXFUp2
オカルト ヒテイハタチ テゴワイ ゴゼマス

541 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 11:12:31.65 ID:XRJRxHei
農民がオラの爺さんは地獄に行ったというのか?と泣いたっていう話は
それなりの元ネタというかそういうのがあったのは事実なんだな

542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 12:15:15.64 ID:mky2CuJ7
アタワルパ「なんやこれ喋らんから捨てたろ」

543 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/02(日) 13:48:13.57 ID:YQoH2a3z
>>541
教義広めてる側もおれらの教義ってこういう質問くるんじゃね?ぐらいの感覚で想定問答集つくってそうだなあ

薩隅の戦国お菓子 いこもち

2016年09月07日 10:52

158 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/09/06(火) 21:25:26.92 ID:DA/6suIj
薩隅の戦国お菓子 いこもち

“いこもち”は鹿児島の祝い菓子のひとつ。“いこもち”は漢字では「煎粉餅」と書き、餅米を炒った後、
粉に挽いた物に砂糖湯を加え、お餅状に仕上げた菓子です。
昔は黒糖で作っていましたが、現在は白砂糖を使った白いいこもちが多いです。

“いこもち”にはこんな話があります。
天文十八年(1549年)鹿児島に上陸したフランシスコ・ザビエルは、その翌年に平戸から船で出発し、
京都へのぼった。
その途中、夜盗に襲われ持ち物を奪われてしまい非常に難儀をした。
このとき同行していた鹿児島出身の青年ベルナルドが、腰にさげた袋に入れていた米粉で
いこもちを作って一行の飢えをしのいだといわれています。

穀物を煎った粉は虫がつかず、長く保存がきく。また携帯に便利なことから、焼米や糒などと同様に
携帯食として重宝されていました。
(かごしま文庫 鹿児島の伝統製法食品)



天竺人

2012年01月14日 21:59

427 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/14(土) 00:36:51.36 ID:SiGmPcGW
天竺人


1550年末、山口に滞在していたフランシスコ・ザビエルは、布教のために京へ向かった。
この年は寒気が厳しく、雪が膝丈まで積もっていた。
道中、この雪で難儀していた男がザビエルに言った。
「あなた方は天竺人なら、なぜもっと雪を少なくするように言ってくれないのか」

当時、日本人の中には『天竺は天にある』と考えている人がいたのである。





430 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/14(土) 01:46:33.47 ID:EdSvQkcw
>>427
天竺といえば仏の住む所だから
天にある・・・ってこと?

432 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/14(土) 02:00:34.07 ID:WP5ixwv9
アチョ~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!

初めてのヨーロッパ

2011年10月01日 22:06

893 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/01(土) 17:27:07.88 ID:g7M+xTMV
初めてのヨーロッパ

天文20年、フランシスコ・ザビエルが日本から離れる際、山口で洗礼を受けさせた日本人ベルナルド
マテウス(本名不詳)を連れてインドまで行った。
その翌年ザビエルはポルトガルのイエズス会に
「この二人の日本人に対し、出来るだけ丁重にもてなし、教会やら学校といった欧州の珍しい事物を
視察させてやるべし
そして彼等を帰国させて日本人にその事を伝えさせるのだ。日本の貴族は海外旅行しないから
この二人が恐らく日本人で初めて欧州に行く事になるだろう。
他の信徒達にも欧州旅行を進めたが断られてしまった。だからとりあえずこの二人をローマに送って
その翌年帰国と言う風に計らってもらいたい。」
という紹介状を書いた。しかしマテウスはインドで死に、ベルナルドは欧州に行ってローマやポルトガルの
コインブラまで行ったが、
結局そこの教会学校で死んでしまい、日本人初の欧州旅行者として帰国出来ずじまいだった




897 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/01(土) 19:37:32.87 ID:KTfOlJ3q
>>893
これは悪い話というか残念な話なのでは…
外国に行った人といったら、まーくん絡みのあの人思い出すけど
せっかく帰ってきたのにやっぱり残念なことに

ザビエルと商品リスト・悪い話

2008年10月16日 00:33

401 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/06/24(火) 00:07:41 ID:sAyQLnQG
日本にやって来、その風俗や風習を深く学んだフランシスコ・ザビエルが、ヨーロッパのイエズス会本部に
送った手紙

「神父を日本に連れてくる者は、同封のリストにある商品を持ってくれば、大儲けは間違いありません。」



402 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/06/24(火) 08:14:41 ID:pLwcfFln
何がリストアップされてたんだろう・・・

403 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/06/24(火) 21:33:34 ID:hk4CorD1
カステーラ・コンペイトウ・可愛い少年

404 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/06/25(水) 02:39:34 ID:VNfLBS+I
ちんこ

405 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/06/25(水) 06:52:28 ID:CfkIzz58
黒人

406 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/06/25(水) 08:26:21 ID:Q2zU6ZCn
>>401から黒い話になって来たな

ザビエルと布教と論理学・いい話

2008年10月16日 00:26

339 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/04/18(金) 08:25:02 ID:H668oxs4
ザビエルが日本にキリスト教の布教に来たときの話。

ザビエルが道端でキリストの教えを説いていると一人の男が質問してきた。
「キリストの教えを信じない不信仰者は死後に地獄へ落ちるそうだが、それなら、去年亡くなった
うちの祖父はキリストの存在自体知らなかったのだから地獄へ落ちてしまうのか?
祖父はとても良い人で周りから尊敬されていたのにおかしいではないか。あなたの説く教えが
それほど素晴らしいものなら、なぜもっと早く来てくれなかったのだ?」
この質問にはさすがのザビエルも返答に困り、後に本国への手紙で、日本において布教するには
論理学の知識が必要である、と報告した。




340 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/04/18(金) 08:40:26 ID:Irm3ufk0
>>339
そいつ、凄いな。


344 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/04/18(金) 22:51:29 ID:SZKvyQZs
>>339

もしかしてそいつが、西洋に近代哲学をもたらしたんじゃないのか?w
デカルトが登場するまで、西洋人なんて聖書の解釈しかしてなかったような
もんだしさ。

346 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/04/19(土) 00:59:28 ID:ChcgRmDQ
>>339
その後宣教師たちは
「私たちが教える前は、あなたたちは神の存在を間違って認識して、信仰していただけです。
だからあなたたちの先祖も救われます。アマテラス=デウス、ブッダ=デウス、まめちしきな」
みたいなノリで日本人を洗脳していったとか・・・