その歌は忘れた。

2015年12月12日 16:55

756 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/11(金) 18:00:12.33 ID:k31EZdAK
 中院也足軒通勝公が勅勘された間、丹後田辺の細川玄旨(藤孝)公の介抱に預かって、勅免の後上られてときの歌、
唐土の蘇武に自分の身を比べたられたようである。いかなるゆえであろうか。
蘇武は忠義の人である。玄旨公は親友仁愛の人であるのに、也足軒の心入りは甚だ怪しいものであろう。
かような心得違いから勅勘などに遭いなさったのであろう。その歌は忘れた。
(本阿弥行状記)

思ひきや雁の便をしたひしに  雲井にかへる身をことしとは

たぶんこの歌ですね

蘇武が匈奴に捕らえられたときに、雁の足に手紙を付けたことを基にしたみたいですね



757 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/11(金) 21:12:08.46 ID:MM3vXgKr
幽斎様は李陵かね
スポンサーサイト