増上寺の了的、茶臼山御陳へ下向の事

2016年08月02日 16:03

29 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/02(火) 09:39:35.10 ID:UqeSpG5X
増上寺の了的、茶臼山御陳へ下向の事

神祖が大坂御陣の時、江戸から観光智国師〔増上寺中興〕の使として了的を差し向けた。
〔これは国師の高弟で、廓山と共に高名な人である。廓山は後に増上寺の法主となった。〕

了的が茶臼山の御陣所に到着し、その由を申し述べると、御次が近かったのだろう
神祖はほのかにその声を聞かれていた。

対陣のとき、
了的とはいかがであろう。〔的は敵と音が通じている〕」
との御沙汰があると、了的はそのまま御前へ走り出て、言上した。

了的ただいま降り参りました。」

神祖は笑われなさって、

「よくぞ早く降った」

と御機嫌となったそうだ。

この了的は機活才弁、人に優れた僧であったという。
〔増上寺伝説。南渓の寮主の定竜が話した。〕

(甲子夜話)




スポンサーサイト