FC2ブログ

伊奈(イナ)忠次の話

2020年02月09日 15:16

631 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/08(土) 19:43:41.88 ID:ezwVO2sv
「イナバウアーがイナ→荒川→羽生」と継承された、ていう記事を読んで、
羽生で始まり荒川西遷が行われた、利根川東遷事業を思い浮かべたので伊奈(イナ)忠次の話を

小田原城落城の際、城内の蔵に貯蔵されている米穀の数量調査を家康に命じられた忠次だったが、
膨大な量であるにも関わらず数日のうちに家康に報告した。
家康から「なぜそのように早くできたのか?」と聞かれた忠次は
「不正を防ぐために、すべての蔵に封印をし、村長に命じて北条に納めた租税の量を書き上げさせました」
と答えた。
もし蔵ごとに確かめていたら時間がかかる上に、ちょろまかす人間も出たと思われる。
そのため家康はその機敏さを褒めた。

甲州の地で家康が鷹狩りをしていると、近くの村で騒ぎが起きた。
忠次が家来を連れて見に行ったところ、野盗が荒らした後だった。
そこで忠次は野党の首領の住処を探し出し、大蔵という首領を一刀のもとに斬り殺した。
これを聞いた家康は「勇敢ではあるが自ら討ち取るとは血気盛んすぎる」と諭した。
しかし賊を斬った刀に大蔵と名付け、家宝とするように告げた。
(「世界 人物逸話大事典」の「伊奈忠次」の項から、本間清利「関東郡代」の孫引き)



632 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/08(土) 20:48:59.18 ID:oWA1ySTR
あだ名がわかりやすいのは権現様のセンスなのか

633 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/08(土) 21:59:06.93 ID:V6+QV004
>>631
賊のお頭の名前の家宝の太刀ってやだなぁw

634 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/02/08(土) 22:00:43.60 ID:POWo705j
大蔵切なんちゃらって名前ならまだワンチャン
スポンサーサイト



この者達の忠孝を認めぬと言うのなら

2019年09月20日 15:25

198 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/09/19(木) 19:18:26.41 ID:/7Fim3py
「それは、長束大蔵大輔の仕掛けた事だ。」の後日談

関ヶ原の戦いで斬首された長束正家
当主が死んで路頭に迷った長束家の家臣達を召抱えたのは他ならぬ伊奈忠次であった

家康は「逆賊として斬首された者の家臣を召し抱えるなど、他の者に不興を買う。おぬしの為にならぬぞ。」とたしなめた

しかし忠次はこう反論した
「確かに長束正家は逆賊かもしれませぬ。ですがその家臣は正家に最後まで尽くして逃げ出さなかった忠臣であります。
この者達の忠孝を認めぬと言うのなら
私は腹を斬ってこの者達に報いねばなりますまい。」
と家康に詰め寄りこれを認めさせた

こうして長束正家の家臣とその家族達は伊奈忠次に救われ
かろうじて生き残った長束の子孫はやがて徳川家光と手紙のやり取りをする程の関係にまで快復するのであった



199 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/19(木) 21:08:41.28 ID:bQC3nvG5
旧豊臣の奉行衆には実務的な優秀な部下も多かったろうからなぁ

200 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/22(日) 12:33:41.67 ID:gTVfXKay
武田の旧臣を幕下に加えてたくせによく言う

201 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/22(日) 20:44:34.93 ID:7bj0T1un
武田の部下は俺のもの
長束の部下も俺のもの

202 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/22(日) 21:13:09.23 ID:5Wnbhz7y
北条の家臣も多く召し抱えとる

203 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/09/23(月) 01:26:19.01 ID:Jl+ho/kN
北条は別に秀吉から召し抱えるなとか言われてないだろ?

204 名前:人間七七四年[] 投稿日:2019/09/23(月) 08:09:57.82 ID:2hnkMw8k
>>198
伊奈忠次「うちの父親も殿に弓引いた逆賊なんすけどね。信康様の件で私も再び出て行きましたけど」

戦国版「木を植えた男」

2012年05月26日 21:02

344 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 01:22:56.71 ID:cpQm8uh9
武州忍城にて、徳川家康伊奈忠次に栗の実を与えてまかせたことがあった。

「しかし、この栗の実が実を結ぶほどに成長して、
その実を召し上がれるようになる頃には、わが君はどれ程の御長寿であろうか」

それから年月を経て栗の木は実を結ぶようになり、遂には家康の供御となったので
忠次は家康の思慮深さと目先の利益に捉われない心に感銘を受けた。

「昔、八、九十ほどの老人が木を植えるのを見て、近くにいた者が
『いま木を植えたところで、いつあなたの役に立つのか』と嘲笑ったところ、

老人が『お前のようなたわけ者を父や祖父にもったゆえ、一生木に難儀しておる』
と言ったとかいう話があったな。

やはり、何であろうと良いと思ったことは老いたとしてもやっておくべきなのだ」
と、家康は人々に語ったという。




345 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 01:47:01.33 ID:614OTgA2
秀吉「何であろうと良いと思ったことは老いたとしてもやっておくべきなのだ」
家康「何であろうと良いと思ったことは老いたとしてもやっておくべきなのだ」

同じ言葉でも言う人によって違う意味に見える

346 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 01:51:36.23 ID:qZsrnTT2
久秀「何であろうと良いと思っt(ry」

347 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 03:25:07.63 ID:UBUMVVuC
政宗「何であろうと良(ry」

348 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 05:02:57.79 ID:Lxrx7D9T
桃栗三年なんだから栗なんてすぐ出来るだろ
そこまで気の長い話ではないと思うが

349 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 05:15:14.17 ID:eh37+oC9
桃は知らんが栗は三年じゃ無理だった。
全然出来ないじゃんって実体験をしたw
まぁ実がつきだすとこれでもかってぐらい栗はできるが。

350 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 07:22:09.49 ID:sKwIjOoI
>>344
最後は結局長生き合戦だったからなw

351 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 07:59:34.70 ID:kx63QwwX
まぁそれも言葉遊びの一種だからな
鶴は千年亀は万年とか言うけどこれもね

352 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 08:46:30.45 ID:ekbOfMA9
戦国版「木を植えた男」か

353 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 11:20:10.03 ID:vIjjSfsx
そして、「鉢木」へと…

355 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/26(土) 12:58:48.28 ID:F3cA9hHc
泳ぐ人とおにいちゃんが柚子を植えたようです

「それは、長束大蔵大輔の仕掛けた事だ。」

2011年09月08日 22:05

782 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 00:17:15.97 ID:+5j/TItu
小田原攻めのころ、関東では大軍の長陣によるものか、米価が高騰し、諸大名はその対応に頭を悩ませた。
徳川家でも困り果てた家臣たちが主君にこの件について相談したが、家康は言う。

「どれだけ高くとも良い。周辺で米を買え。」
「それでは大損になりますが?」
「かまわん、どんどん買い取るのだ。」

家康の言う通りにしたところ、「小田原では米が高く売れる」という評判があちこちに流れ、
諸国から商人が米を売りに来るようになった。すると、急に米価は下がり安定した。

それから少しして、家康が荷駄奉行の伊奈忠次を呼んで指示を与えた時、忠次がこんな事を言い出した。

「昨年から有事に備えて兵糧を買い集め、沼津に運んでおきました。ところが今、関東に来てみれば、
こちらの米価も、江尻や沼津の米価も、そう変わりがありません。これでは運送費の分、
こちらで買った方が得でした。なぜこんな事になったのでしょう?合点が行かぬことでございます。」

家康は、苦い顔をして答えた。

「それは、長束大蔵大輔(正家)の仕掛けた事だ。あの男は、さしたる武功も無いが、こういう計略に
抜群の才を持つので、関白から要地に一城をも与えられているのだ。
それよりわしは、お前の職分で今ごろそんな事に気づいている方が、合点が行かぬわい。」

忠次は冷や汗を流しながら、主君の前を退出した。(天元実記)


こういうのも秀吉の『戦争』だったんだろうなあ

後日談
この者達の忠孝を認めぬと言うのなら


783 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 00:35:32.51 ID:9E2t5uxO
家康も認める長束正家の手腕はやっぱすげー

784 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 00:43:46.80 ID:GCb/dbCD
家中随一の内政屋、忠次よりはるかに経済に詳しい家康凄過ぎw

785 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 00:51:29.06 ID:9E2t5uxO
家康は土井利勝にも、お前もうちょっと人見ろよって言ってる逸話なかったっけ

786 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 01:53:19.80 ID:gCxiSUv2
>>785
これかな?

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5140.html


787 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 15:30:43.37 ID:o3NfJ4+8
家康「わっちは賢狸イエヤスそれくらい見抜けて当然でありんす」

814 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 20:52:48.37 ID:No37d+WJ
>>782
さすが下々が「上様にはよく商いを遊ばさる」と評判しただけあるな。
米が上がると城の米蔵を開いて売って、下がると米を買って蔵に入れてたしな。


815 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 20:59:15.32 ID:PaRCRtRi
それって米価を調整して生産者と消費者の双方を守ってるだけじゃないの?

816 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 21:05:02.79 ID:No37d+WJ
駿府に隠居してからもしてたらしいから、儲かるからしただけと思うけどなw

817 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 21:33:05.05 ID:fSdvAoWz
そういう財テクは秀吉から学んだんだろうね>家康
太閤になってからも蔵米算用状という、蔵入地から納められる米の量と
その相場価格を記した文書を見て、自ら買い時売り時を決めてたというから只事ではない
当時は畿内と東北地方では米価に8倍もの差がついてたというから、
公儀として米の流通販売権を掌握してたらボロい商売だったろうな

818 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 21:45:10.69 ID:bxd+qlrb
家康や秀吉が商売をするのはいい話になるのに前田利家だと悪い話になってしまう不思議





・・・あれ、ここ悪い話スレか。

819 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 21:52:22.64 ID:bG0sHAHA
つーか米などを売買するのは、例の秀吉の鳥取城攻めの前、鳥取城の連中が兵糧を高値で売った例を
出すまでもなく、秀吉や家康に限らず戦国大名なら普通の事。

タイミングや状況を間違えると「鳥取城渇え殺し」になるわけだがw

820 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 22:13:00.17 ID:fSdvAoWz
「安く手に入れたものを高く売る」という点で見たら誰でもやる普通の商行為だろうけど、
秀吉や家康のように日本全国に直轄地を持ち、地方の米を都市部で独占的に販売し差益を得るとか、
米相場に介入して米価をコントロールするってのはやはり天下人じゃないとできないこと
貨幣価値があるため稲作に向かない土地でも無理やり米を作らせたという米作偏重が
江戸時代に頻発した飢饉の原因の一つとなったという見方もあるから、悪い話と云えなくもない

821 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/09/09(金) 22:20:04.36 ID:SKGSreut
武将風雲録では基本です