FC2ブログ

伊達の子息は太郎信勝と同年である。これは不思議なり

2019年06月23日 16:46

188 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/23(日) 01:25:56.85 ID:ISi17C3o
永禄10丁卯年(1567)に太郎義信(武田義信)自害なされて後は、信玄公の跡を継ぎ
なさるべき惣領はおられず。

しかしながら、またその年に誕生された四郎勝頼公の嫡子を信玄公は養子になさり、吉田左
近助(信生)を御使として御曹子を太郎信勝(武田信勝)と名付け参らせられ、武田の重代
(家宝)である行平の御太刀・左文字の御腰物を譲り、武田28代目と定められた。

子細は、四郎勝頼公の母は諏訪の頼茂(頼重)の娘、勝頼公の御前は美濃国の岩村殿という
織田信長の姨(おば)の息女(龍勝院)である。「四郎の父はいやしくも信玄であるから、
例えどこへ頼ろうとも、これは然るべきことだ」と仰せの事により、信玄公の跡目にと今の
御曹司を定められた。

(勝頼公御前は美濃国岩村殿とて織田信長姨の息女也、四郎が父は苟も信玄なれば、いづか
たへたよりても是は然るべしとあるの儀にて、信玄公の跡目にと今の御曹司を有之)

そうしてこの太郎信勝は7歳で信玄公と離別参らせられたので、信勝21歳までの15年間
は父の勝頼公が陣代となされたのである。(中略)

また奥州より、高崎織部と申す牢人がこの頃甲州へやって来た。この人の物語りによると奥
州の侍大将・伊達(輝宗)の子息(伊達政宗)は太郎信勝と同年である。これは不思議なり。

(政宗は)万海という行者の生まれ変わりで、その事の成り行きはまさしくその通りとの話
を奇特と存じて、紙面に表す。

(奥州の侍大将伊達が子息に太郎信勝と同年なる是れは不思議なり、萬海と云ふ行人の生れ
がはり、その首尾まさしく候由奇特と存じ紙面にあらはす)

後の考えのためにこのようにするのであると、高坂弾正これを書く。(後略)

――『甲陽軍鑑(品第四十下 石水寺物語)』

「いづかたへたよりても」に難しい判断を感じる



189 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/23(日) 07:58:39.53 ID:Yd8e5GYv
武田家の跡取りってかなり大変そうだ
信玄も各武将も優秀すぎて

191 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/06/24(月) 13:09:15.22 ID:DJIUpD3b
>>189
晴信が板垣や甘利を失ったように合戦で殺せばええんやで
スポンサーサイト



右京進川を越さんとする所にて

2014年06月21日 20:28

176 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/21(土) 18:24:36.17 ID:zlgHiM+q
伊達政宗が十六歳の時、彼が鷹狩に出た後に同国にいる二本松右京進が
伊達家にやって来て政宗の父輝宗を偽って生け捕った。右京進は大力なので
輝宗を馬上に抱えて連れて行った。これは人質に取ろうということである。

政宗は途中でその事を聞いて俄かに追いかけ、「父を奪われてはならない。
もし取り返すことができないならば、共に右京進を討ち取れ!」と一目散に
追って行き、

右京進が川を越そうとするところで近付き、矢で右京進を射落として輝宗を
無事に取り返し、この勢いに乗じて二本松を討ち平らげ、それから会津白川
をも討ち従えて武名を国中に轟かせた。

(右京進川を越さんとする所にて近付き矢にて右京進を射落し父輝宗を無事に
取り返し此勢ひに乗じて二本松を討平らげ夫より会津白川をも討随へ武名を
国中へ轟しける)

――『明良洪範続編』




177 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/21(土) 18:38:13.84 ID:y2MNVRIX
遺体を無事に取り返したんでしょ

「お義、勘弁…」

2013年12月05日 19:00

968 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 05:12:57.33 ID:Dz+7Iu3o
「お義、勘弁…」

柏木山の戦いの直後に上山城の惣堀に引いた伊達勢と上山勢は軍を再編
柏木山方面から南下して来る最上義光の軍を備えを固めつつ待ち構えた。

そこに徒士に担がれたひとつの輿が現れる。

最上義光「…なんぞ、あれ…」
伊達輝宗「何者ぞ?」

輿の供の者から旗が振られ、最上と伊達の陣に使いの者がそれぞれ口上を伝えた

従者「義光さま、義姫さまがお話があるそうです」
従者「輝宗さま、お東さまがお話があるそうです」

伊達と最上の双方の陣から旗の合図がなされ、戦場に不意に現れた輿の存在により半ばなしくずしに様子見からの一時休戦となった

義光と輝宗がわずかばかりの供の者を従え、輿へと馬を近付けた

輿の従者が簾を上げると涙ながらに義姫が輿の外へと歩み出た

(つづく)

969 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 05:30:10.18 ID:Dz+7Iu3o
(つづき)

義姫「輝宗様がどこぞに御出陣かと思いきや、まさか義兄弟間での御合戦とはなんとも珍しいですこと
父義守が倒れた砌(みぎり)、お二人を枕元に呼ばれて『義兄弟仲良くな。かわいい孫の藤次郎(伊達政宗)もやがては成人する事だろうし、
輝宗殿と義光が魚と水の様に相睦まじければ、上杉と佐竹が攻めてこようとなにも怖いものはないだろう。
伊達家中は義光を嫌っている事は知っておるし
最上家中も輝宗殿のあつかましさをよかれと思っていない事は二人とも重々承知の事と思う。
まぁ、わし(義守)がこんな姿を晒しているとは言え、少しは慎んでくれると助かるのじゃがな』
とおっしゃいました

この父(義守)の御意見を、昨日今日に早くも忘れ、この様にいくさをなされるとは人語もわからぬどこぞの犬畜生なのでしょうか?情けのうございます
さっさといくさを止めて双方兵を引きなされ。
それが叶わぬのなら、この場で私めを切り殺し、後はお好きになさいませ」と戒めた。

(つづく)

970 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 05:42:00.33 ID:Dz+7Iu3o
(つづき)

輝宗は内心これ以上のいくさをする事には特に乗り気ではなく、誰かが仲介をしてくれれば無駄な戦いを止め米沢に引き揚げたいと思っていたのと
一方の義光も上山攻めが長引く事を嫌がっていたので
いくさ場への義姫の輿の乱入により、微妙な後味を残しつつ、そのまま和議と相成った。

最上義光物語」

1588年の大崎合戦の10年程以前にも、義姫が輿で戦場に乗りつけ、伊達と最上の戦いを止めさせた
良いとも悪いとも受け取められるお話。





971 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 09:48:01.16 ID:CZhjciOV
「え? 両方とも戦をやめたがってるけどきっかけがない?
 もーホント男って面倒でいやね~
 じゃあそろそろ私の出番ね輿GO!」

972 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 11:29:38.32 ID:4uFJ2B87
輿担いでる人はどんな心境なんだろう?

最近の義光
ttp://www.4gamer.net/games/215/G021583/20131003060/SS/020.jpg

973 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 16:16:57.05 ID:rC44V7Ou
下手に普通に戦場に出るよかある意味安全なんじゃないの


975 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 20:42:19.83 ID:mUJAoqmb
輿使い四天王

今川義元
龍造寺隆信
大谷吉継
立花道雪

柏木山の戦い

2013年12月03日 18:58

795 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 18:07:46.45 ID:0FDYrBrC
最近脳筋と単騎突撃たのしーのイメージが強くなりつつある鮭様の、たまにはかっこよさそうな話を

柏木山の戦い

最上義光(34才)は天童合戦において当時山形盆地で最上氏と拮抗、またはその実の上にあった天童氏を破り、
八楯を降した。
この義光の勝利と、山形周辺での急激なパワーバランスの変化を恐れた上山領主で里見党惣主の
上山満兼(里見満兼・武衛満兼)は米沢城の伊達輝宗(33)に加勢を頼み、天正6(1578)年山形南方の成沢へと
侵攻する。

この時の成沢城主は成沢道忠(70余)で、義光は武田信玄にも武才を讃えられた伊良子宗牛(60余)といった
老将を成沢城へ送り込み
義光「血気盛んな若者らが敵の姿を見て城から出て戦いたがるかも知れないが、成沢城は堅城だからけして
簡単に打って出てはならない。
そなたが老練の将だからこそこの任を頼む。篭城に徹してまずはいくさの流れを見よ。しばらくは
上山勢を足止めせよ。」
と申しつけた。

(つづく)

796 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 18:09:51.96 ID:0FDYrBrC
(つづき)

上山に入った輝宗は満兼から成沢城が篭城策を取った事を聞くと
輝宗「義光の心底が読めた。老将を置く事により短期決戦を避け、いずこかで野戦になった際には
方策を巡らせ、こちらの不意を突き成沢城兵と示し合わせ挟み打ちを目論んでいるに違いない。」
と考えた。

日を追い上山勢による成沢城攻撃も攻めあぐめ、早急に城を落とす事は難しくなっていた。そこに
義光が領内から兵を集め成沢へと援軍に向かっているといった報せが届く。戦局は重大事を向かえた。

満兼「当初は上山に義光が攻め入って来た際に山谷に伏兵を置き、不意を打ってこれを討つ
つもりでしたがこのままでは長丁場になりそうです。
輝宗様の米沢軍と私共の上山軍を合わせれば味方は最上軍の上を行く兵力となります。
主力をもって決戦を行えば数の内ではこちらが絶対優位ですし、義光を破れば成沢城も諦めて
降伏する事でしょう」

輝宗も満兼の言に一理あると考え、軍議を終えた。

(つづく)

798 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 18:42:07.59 ID:0FDYrBrC
(つづき)

一方義光側も軍議を行っていた。

氏家守棟(46)「成沢城はよく敵を引き付けてくれています。それと満兼らの軍に動きがある様です。
伊達軍の主隊も上山の奥から本陣を前方に進めて来るに相違ありません。
道程からすれば敵が陣を張りそうなのは柏木山。こちらも本隊を南下させつつ、遊軍を先に潜ませ、
敵の不意を突きましょう。」

戦いの臨旨がはっきりとし、理に適っていたので義光は守棟の策を採用した。

上山・伊達連合軍、最上軍双方は柏木山方面へと向かう。

最上軍の先陣は天童合戦から最上方に与した出羽最強の呼び名の高い延沢満延(35)が承り、
二陣は氏家守棟と七陣まであった。

両軍の先陣が松原で入り乱れて合戦が始まったが、義光はいくさの頃合いを見て本陣から太鼓と
鐘を打ち鳴らす。
柏木山付近に先に伏せていた最上方の鉄砲隊200挺が太鼓の合図に伊達軍の本陣目掛けて
釣瓶打ちへと撃ち掛かる。

輝宗の本陣は不意を打たれ、軍は乱れ、最上方の延沢・氏家の軍勢がここぞとばかりに押し込んだ。
延沢党の飯田小十郎らの前に多くの伊達譜代の旗本や衆目が討たれた。

金砕棒を奮い輝宗に縋る延沢満延に伊達の郎党たちが防戦し討ち死にする間、輝宗は命からがらに逃げ出し
、上山城の惣堀まで退いた。

これを合戦の地の名を取り「柏木山合戦」と称す。

「最上記」

799 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 18:45:48.12 ID:0FDYrBrC
この柏木山の戦いの話は軍記物の書き物ではありますが、「東北地方初の組織的な集団鉄砲戦」が
記された内容としても価値があると言われております








800 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 18:48:57.38 ID:0FDYrBrC
(´・ω・`)大将として冷静にいくさ運びを行った良い話?

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 19:16:48.33 ID:Bgfzvsb9
戦場のど真ん中で鮭様が先頭!じゃないのか。珍しいな。

803 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 19:50:45.36 ID:0FDYrBrC
>>802
この戦いで鉄砕棒を振るって先頭で戦う延沢満延に影響されたのかも

その後
→例の愛用の鉄指揮棒が登場
→寒河江合戦・八沼城で先頭たのしー!

遠藤基信の献上品

2013年02月15日 19:53

406 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/14(木) 18:48:49.59 ID:/D9Y1P7u
遠藤基信の献上品

中央で急速に拡大していた織田家に輝宗が、基信に進物送る相談した。
輝宗「ワシは名馬送るから基信もそちの名義で何か送ったら?」
基信「んじゃ使用人に鋳物作るのに長けた者居るのでその作品を!」
輝宗「茶器に五月蝿い信長殿こと。大丈夫か!!」
基信「(つ´∀`)つ マァマァ見ててよ」

407 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/14(木) 19:09:06.46 ID:/D9Y1P7u
基信が家人の源五郎に鋳物作りを命じ、できた作と伊達家進物もって
上洛した。
名馬を貰って上機嫌の信長に、源五郎の茶器がお披露目された。
信長「ほう。鋳物か・・・ニヤリ。。。千宗易を呼べ」
信長「どうじゃ。この鋳物なかなかの銘物じゃろ?見たことあるか?」
宗易「はい。はじめてお目にかかる品でございます」
信長「そうか。そうか。」ドヤ顔でさらに上機嫌になった。
信長の茶の湯の師匠でどんな名器を、集めても宗易に鑑定される信長が
初めて宗易の知らぬ茶器を手に入れ自分のコレクション入りし 遠山 と名づけられる。
伊達家には過大なお返しと、東北での取り纏めを認められたお話。





409 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/14(木) 21:09:51.68 ID:Bli5CrYU
信長「ねぇねぇ、宗易、これ見て?これどう?」

宗易「これは鋳物ですね!」

信長「え!良い物だって!ヤターッ!!」

宗易「いや、鋳物…」

信長「ヒャッホーイ!ねぇねぇ、宗易が良い物だってよ!褒めてくれたよ、おい、スゴくね?」

宗易「 …………。」

410 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/15(金) 01:33:33.89 ID:QUrVhFK3
伊達家文書に、輝宗から鴇鷹もらって「希有の至、歓悦不斜」とかなんとか言ってる信長からの手紙あったよなw

411 名前:人間七七四年[] 投稿日:2013/02/15(金) 03:58:14.10 ID:a+l19OCg
久々に感心した話

412 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/15(金) 04:23:13.41 ID:A4NMnw4P
>>406
源五郎が鋳たる釜って話だと
信長がちゃんと基信の分相応の贈り物を、その場の興としても評価したって印象を受けてたわ
書きようによっては信長さんの天下人の器は違うって話にもなるよね。

413 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/15(金) 07:19:01.07 ID:8ZrmLFfs
信長公記に奥州伊達家より名馬もらったよ。って時期かな。

414 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/15(金) 09:59:00.53 ID:TIKvAwby
天正元年末の書状だね。
「則搆鳥屋可入置候、秘蔵無他候」とかめっちゃ喜んでる。

その後は「義景刎首」とか「来年甲州令発向、関東之儀可成敗候、
其砌深重可申談候、なんて政治的な話題が続いてるけど

415 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/15(金) 11:40:21.54 ID:gjBqy5ts
氏政「信長さんに名馬送ったらそんなもんたくさん持ってるって突き返されたんですけど・・・」

416 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/15(金) 11:42:51.87 ID:TIKvAwby
信長が贈り物の一部しか受け取らないのは割とありがちじゃないか

424 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/02/16(土) 07:33:03.69 ID:SxQTfIAr
>>412
基信「あの釜を信長公に届けてくれよ! あれは、鋳物だぁーーーー!!」


天正2年、伊達輝宗日記より

2012年01月06日 22:00

612 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 18:04:25.61 ID:2tmhfIBX
天正2年、伊達輝宗日記より

霜月(11月)

十九日
天気良し。又ふる。会津の白鳥について談合候。山形(最上義光)より状参り候。
天童(頼貞)と無事に候(和議が成立した)由にて、晩に彦兵の所にまかり候。
羽右参り候。四保より若鷹参り候。

廿四日
天気雪。少しづつ降る。又よし。今は強く降っている。
白鳥(長久)所より脚力(飛脚)参り候。
最上の無事(現在進めている天童との和議)は正しくないと、(最上と)手切れ(断交)をするとの届けを、
夜佐源所へまかり候。夜明け帰り候。夜雪降る

極月(12月)

十日
高楡・天童より飛脚参り候。無事の事(和議)について、夜七郎かたへまかり候。早し候。


あの地域の中心である伊達家を介して見えてくる、最上義光と天童頼貞の和議とその波紋。についての模様である。