神祖、袋井縄手にて長剣用法の御論

2016年11月13日 16:06

318 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/13(日) 13:13:17.99 ID:tyyfjzbP
神祖、袋井縄手にて長剣用法の御論


 神祖が遠州袋井縄手で御鹿狩のとき、
御徒士の伏見彦大夫というものが三尺余りの長刀を帯びて居た。

「その刀はいかに使うのか」
と仰せがあったので、

「敵の脚を薙ぎ払います」
と答えた。上意に

「甲冑をする敵にはそのようにしたらよろしくない。
槍にして使え。突くのがよろしい」
とのことであった。
実に尊慮である。
(甲子夜話)



319 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/13(日) 13:39:42.65 ID:JOhTF91K
あれ、実戦では刀は突くけど、槍は叩くのが主流とか言われてなかったっけ
「槍にして使え」ってことは戦国時代でも、槍は突くのが主流だったのか

320 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/13(日) 14:31:45.82 ID:JHl+I+yf
持ち槍と長柄は別物

321 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/14(月) 11:18:18.11 ID:LU0UmJPI
なるほど人間無骨とは骨が無くなるまで叩くからそう名付けられたのか

322 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/14(月) 12:11:45.83 ID:VAYihwqT
延沢満延あたりなら本当にやりそうだ
スポンサーサイト