FC2ブログ

三雲実乃の婿

2018年10月01日 19:04

239 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/01(月) 14:55:43.20 ID:Ts4e6VOD
すみませんちょっとお聞きしていいですか
このスレって家に伝わる口伝や文書の類のエピソードも書き込んでもいいんでしょうか?
田舎の本家さんで本家に伝わるちょっと面白い話を教えてもらったんですが



240 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/01(月) 15:09:07.77 ID:HE6nt8RL
なんでもいいぜ、なんなら創作でも面白かったらモーマンタイ。

241 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/01(月) 16:34:03.96 ID:OMlibQG8
さすがに創作は勘弁して…



243 名前:人間七七四年[] 投稿日:2018/10/01(月) 16:42:22.55 ID:z8njKTos
よかった、では投下しますね!

これは祖母方の実家の本家に伝わるお話です。
うちの祖母方の先祖は近江六角氏重臣だった甲賀五十三家の一つの三雲氏。
六角定頼の頃、三雲典膳実乃の代に近江国の野洲栗太郡九万石を領有することになった。
街道の要所を抑える立場になり、張り切った実乃は居城である三雲城の改築を決定。
しかし探しても探しても実乃の満足できるレベルの築城に詳しい者が見つからない。
どうしたものかと悩んでいた頃、観音寺城下で甲斐武田の家臣の青年が捕らえられる事件が起きた。
小山田氏の一族に連なるその青年は主家から都への用を命じられ、道中で六角家中の者と刃傷沙汰を起こしたんだとか。
これがかなり複雑な事情の絡む事件だったらしく、六角定頼は慎重に沙汰しようと実乃に青年の事情聴取を任せることに。
実乃は面倒に思いつつも青年への事情聴取を重ねるうち、偶然彼が甲州流の築城術を修めていると知った。
しかも青年は知識豊富なだけでなく実践経験もあり、腕前はかなりのものらしい。
実乃はニーズにがっつり当て嵌まる人材の発見に大喜び。
しかし当の青年は刃傷沙汰の下手人で最悪斬首の可能性すらあったので、実乃は一計を案じた。
年頃の一人娘を世話係として青年に近付けて籠絡させ、娘の腹に既成事実をこさえさせたのだ。
悪どいことに実乃は自分の指図であることを隠し、可愛い一人娘になんてことを!と青年に詰め寄り、根が真面目な彼に責任を感じさせて婿入りを承諾させた。
そしてすぐさま実乃は定頼に「あの下手人がうちの娘に手ぇ付けちゃいましてねぇ~いや困ったなぁ~可愛い一人娘なのになぁ~」と報告。
まんまと刃傷事件の沙汰をうやむやにし、青年に三雲家へ婿入りさせる許可をもぎ取った。
行定と改名して婿養子になった青年は命を救ってくれた上にデキ婚を許してくれた実乃へ大いに感謝。
誠心誠意をもって三雲城の改築をはじめ三雲家のために全力を尽くしたそうである。

そんなうちのご先祖ってちゃっかりしてるよね、というお話。

244 名前:人間七七四年[] 投稿日:2018/10/01(月) 16:47:03.57 ID:z8njKTos
補足ですが本家のおじいさん曰く、このお話は江戸時代の本家の人の書付にあったエピソードだそうです。




245 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/01(月) 18:00:46.27 ID:HWVtq0qk
>>243
良い話なのか悪い話なのかw

246 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/01(月) 18:30:16.84 ID:OMlibQG8
三雲氏かぁ。旗本になって旧領復帰したはずだから、
ご祖母様は士族のお嬢さんだったわけですな。

247 名前:人間七七四年[] 投稿日:2018/10/01(月) 18:43:15.60 ID:G1veDJIA
>>246
本家さんの名字は今なお三雲さんですw
明治維新の際に新政府軍から幕軍と見なされないよう蔵の文書や物品を田んぼで三日三晩焼きまくった、という勿体ないエピソードも聞きました


248 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/01(月) 18:59:56.30 ID:N9uYEr+j
三雲氏の子孫ならちょっと教えて欲しい
何故、内陸部の領地を有する三雲氏が
明との貿易のルートを持っていたのか?
室町幕府の貿易ルートに便乗させてもらってたとかかな?

六角氏に対しては譜代の重臣層よりも
三雲氏や蒲生氏のような国人領主層のほうが
積極的に奉公してるように見受けられるのだが
独立した存在ではなく完全な臣従家臣だったんでしょうか

249 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/01(月) 20:27:34.57 ID:wM63+IVG
>>248
おそらく室町幕府の勘合貿易に便乗したんじゃないでしょうか
どうやら三雲氏は幕府に対して独自のコネクションを持っていたみたいです
本家に僅かに残る記録等を見るに実乃と行定は度々六角氏に断りなくか事後承諾かで幕府とやり取りしていたようでして
どうも行定の代までの三雲氏は六角氏に完全には臣従をしていなかったと思われます
六角氏側も行定婿入り事件の顛末のように三雲氏に対してどこか遠慮があったみたいですし
六角氏にとって当初の三雲氏は建前上家臣、実際は同盟者かそれに準じる家だったのではないか?と本家さんは言ってました
甲賀郡惣中の窓口も兼ねていた節があるので下手に機嫌を損ねられない取り扱い注意な存在だったんだろうと
三雲氏が積極的に六角氏への奉公をするようになるのは定持の代からですね
よくわかりませんがこのあたりで六角氏と三雲氏の関係に何かしらあったと思われます



251 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 06:32:43.17 ID:3GsNyvbi
>>249
詳しい解説有難うございます
三雲氏についてまた何か情報等ありましたら
六角氏のスレにでも書き込みお願い致します
スポンサーサイト

山科本願寺陥落

2018年03月31日 20:16

証如   
644 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/30(金) 21:38:25.49 ID:RkTmXovu
享禄五年八月、改元があり天文となった。
この年、一揆が起こり、細川晴元の衆と本願寺門徒たちとの関係が悪化し、
同年八月四日、晴元衆及び木澤左京亮長政方へ、一揆方より街道にて喧嘩が仕掛けられ
合戦に及ぼうとした。

これによりその日、晴元衆は堺の東、浅香の道場という本願寺門徒の寺とその近郷に放火した。
門徒衆は激怒し、大和、河内、和泉、摂津にて一揆を語らい、一斉に蜂起し、明けて五日には
堺に押し寄せ晴元を攻めた。
しかしこれに木澤長政は「何ほどの事があるか!」と、自身で斬って出て

「狼藉なり雑人ばら!一人も逃すまじ!」

そう防戦し、散々に蹴散らしたため、一揆勢は打ち負け、蜘蛛の子を散らすようにバラバラに
逃げ散った。
直接に戦った相手に打ち勝って、木澤は気分良く帰っていった。
しかしあちらこちらで一揆は蜂起し、晴元は窮地に陥った。

同日、摂津に一揆が起こり池田の城へ攻めかかったが、これを落とすことが出来ず講話して
帰陣した。

このような中、近江の六角定頼は晴元の舅であったので、彼に味方し門徒の本拠である
山科本願寺へ押し寄せ攻めかかった。長原太郎左衛門、進藤山城守、馬渕源左衛門、横山と
いった者たちが先陣にて進み、一方の門徒たちも、諸檀那と共に、命を弥陀の名号にかけ、
ここを先途と防ぎ戦った。

このような時に、常に本願寺門徒と関係の悪かった法華衆廿一箇寺、並びに諸檀那が合同で
決起し、本圀寺、本能寺、妙願寺以下残らず軍勢を催し寄せ手に加わり、山科本願寺へ
新手を入れ替え入れ替え切り込んだ。

こうして、同八月二十四日、山科本願寺は遂に陥落し、一宇も残らず焼き払われた。
この寺は久しく門徒の渇仰していた場所であったから、財宝も山のごとく満々とあったが、
富貴の下に久しく居ることは出来ず、いまや一時の煙と成って燃え上がった。
そして寺に有った僧尼も尽く討たれた、真に無残な事どもであった。

上人(本願寺証如)は命からがら落ち延びた。
(足利季世記)

山科本願寺陥落について


九里信隆謀殺

2018年03月28日 21:43

734 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/27(火) 22:41:02.59 ID:6zrOuqmt
その頃、近江の国衆に久里備前守、山中新左衛門という人があった。彼らは三好と一味し、
ややもすれば公方足利義稙を保護していた、近江守護である六角氏の下知にも背いた。

しかし山中新左衛門は討ち死にをしたのだが、久里備前守は猶残り、しかもその勢力は大きく、
六角家にとって邪魔な存在ではあったが、自分たちに被害なく滅ぼす方法は見つからず、
六角高頼も、どうにも出来ないと彼に手を出すことをためらっていた。

しかしこの度、六角家を継いだ六角定頼は船岡山の戦いで抜群の大忠があり、従四位下に
補せられた。この期に久里を誅すべきと、密かに公方へ申し上げ、加勢の約束を得た。

さて、ある日突然、六角定頼は「伊勢へ参拝する。久里も供をせよ!」と、近臣である
種村三河守、狛修理亮、田中、二階堂といった者たちを供に、久里の館に入った。

久里は驚いたものの、様々に彼らをもてなし、数献の酒のうちに、御供衆も定頼も
沈酔し、定頼は久里の膝を枕にして空寝入りをした。

その時、多賀豊後守、吉田、永原といった者たちが、公方よりの御加勢二千騎を率いて
久里の館を取り巻き鬨の声を上げた。
これに定頼は驚いた風情にて「こはいかに!?」と飛び起き、即座に太刀を取って久里を討ち取った。

こうして六角は年来の本意を達し、近江の国衆はようやく定頼に従った。

(足利季世記)



735 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/28(水) 02:00:08.46 ID:Pp4K4QKT
これはいい話だすげー

736 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/28(水) 10:07:45.07 ID:E9PDWkxa
嘘臭い
謀殺するならまず阿呆の演技が必要だろ

737 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/29(木) 03:09:26.49 ID:83nH2xdI
これは正にポルナレフAAな出来事だな

私は元々出家ですので、刀を

2018年03月27日 20:13

731 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/26(月) 20:20:53.03 ID:0L5g/Ngu
江州両佐々木と申すは、六角は惣領であり、近江国人は彼の下知に従った。
京極は庶流であったが、佐々木道誉判官が足利尊氏への忠功莫大であったため、
公方より寵愛され、現在は四職の一つとなっている。

応仁の乱より、京極は細川勝元と一味し、六角は山名宗全に一味して、互いに敵となった。
応仁の乱で山名方が敗北した後も、六角一人京に従わなかったため、公方の御動座(遠征)も
度々行われた。

ではあったが、永正の乱の後は、公方からも細川高国からも頻りに六角高頼を頼るようになり、
六角は足利義稙の味方と成った。
六角高頼は既に老人であり、一男亀樹丸に家を譲った。亀樹丸は後に氏綱と名乗った。

しかし彼は片足短く、立居も不自由であり、現在のような大事の時には立て難いとされ、
次男が吉侍者といい、禅僧として相国寺にあったのだが、彼には武勇の器量があるとの事で、
重臣である多賀豊後守、蒲生下野守、田中四郎兵衛尉らが相談して公方に申し上げ、
還俗して高頼の名代として公方に預けられ、定頼と号した。
公方はこれを喜び、佐々木弾正少弼に任じた。

六角定頼は木刀を腰に挿して公方の御前に参った。公方が「それはどうしたのだ?」
と尋ねると
「私は元々出家ですので、刀を持っていないのです」
そう申し上げた。

公方はこれに笑いだし、国行の太刀を与えたという。
(足利季世記)



732 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/26(月) 20:32:17.36 ID:8tO6Yj5w
>>731
まるで無能のような印象の氏綱だけど、実際には10年ほど父の名代あるいは当主として積極的に活動していたみたいだね

733 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/03/26(月) 23:36:42.67 ID:cVbL3AHp
毛利隆元に通じるものがある