FC2ブログ

加賀爪忠澄の名裁き

2017年03月04日 18:24

692 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/04(土) 08:19:32.54 ID:qIIAjkDN
加賀爪忠澄の名裁き

伊達政宗との拳と拳の語り合い(?)でも知られる旗本・加賀爪忠澄が南町奉行を務めていたときのこと。

一人の男が、キリシタンの存在を訴え出た。
被告は男の兄であった。名は梶原伝九郎といい、甲斐の浪人であった。

当時はキリシタンを訴え出ると、賞金をもらうことができた。
一見すると、兄弟仲が悪く、また賞金目当てのように見える。

さて、忠澄が評定所で二人を対決させると、伝九郎は罪を認めたため入牢させられることになった。
賞金をもらえることになった弟はさぞ大喜びかと思いきや、なんと涙を流しているではないか。

不審に思った忠澄が調査したところ、梶原家は甲斐武田家に仕えていたが、その滅亡後は貧窮に陥り、伝九郎兄弟は父母を養うことができなくなり、ついに自分を訴え出て、その賞金によって父母を養うことを図ったことがわかった。

その孝心に心を打たれた忠澄は将軍・家光に報告。家光もまた感心し、伝九郎に金を与えることとなった。

そして家光の弟であり、武田家と縁もある会津藩主・保科正之もまたその心がけを高く評価し、伝九郎は会津藩士として召し抱えられることとなった(家世実記)。


孝心がしかるべき人に評価されて報われたお話でした。


中村明彦「乱世の名将 治世の名臣」



693 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/04(土) 11:34:43.10 ID:qY2hJ9Hx
伝九郎は棄教したってことだよね?
スポンサーサイト



家康、厩を修理させる

2011年03月16日 00:00

285 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/15(火) 00:10:55.59 ID:oe4f5eDL
ある時、徳川家康の厩が破損した。

家康は加賀爪忠澄にその修繕を命じた。
ちなみのこの加賀爪忠澄、後年伊達政宗とマブダチになり、政宗のスキンシップのつもりの頭部への張り手に激怒し
旗本の重鎮と外様大名筆頭と言う立場で本当に大人げないタイマンバトルを繰り広げた男である。

それはともかく

ときに家康の修繕に関する注文は、家康らしいとしか表現しようのないものであった。曰く

「雨漏りがしていればそこだけ葺き替えよ。壁が崩れているならそこだけ土をつけよ。
その他は何もしなくて良い。」

そんな家康成分100%の素っ気ないリクエストに、それでは自分の技術が見せられないとでも思ったのだろうか、
加賀爪はつい異見をした。してしまった。

「殿!今上方の諸大名は自分の厩には、夏は蚊帳を吊り冬は馬に布団を着せて、馬を愛されること
一廉ならぬものがあります。ところが殿の御厩はどうでしょうか?戸口には藁むしろを掛け、馬の餌は
常に粗食を与えて飼っておられます。これは殿ほどの方がなされるには、あまりに粗相と
いうものではないでしょうか!?」

どうです?もう家康のツッコミ待ちの誘いとしか思えない異見でしょ?そりゃあ家康も待ち構えたかのごとく
猛然と反論するってものですよ

「加賀爪よ!武士が馬を養う目的は、その用に立たせるためだけであって、外見を飾るためではないぞ!
わしが藁むしろを掛け粗食を与えている馬と、他家の蚊帳を吊り布団を着せている馬と、いざ合戦というとき
どちらがよく険しい山を登り激流を渡り、極寒酷暑を耐えると思うか!?

よいか、お前は厩を作り馬を養うのに、決して上方風を学んではならぬぞ!」

と、固く命じたという。

そんな、ある種の様式美の完成すら感じさせる、徳川家康加賀爪忠澄を叱る。と言うお話。




286 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/15(火) 00:16:46.93 ID:FjQfzPvF
松下禅尼が障子の穴のところだけ張り替えて、
息子の北条時頼に倹約の大切さを説いた故事にならったのかな

288 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/15(火) 00:52:25.80 ID:DsIcrDHz
どっかのアホの成金が豪華な便器作ったら速攻で破壊する正しい見識と良心が好きだ


289 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/15(火) 00:53:58.49 ID:a3A44DnO
徳川が飼うと馬まで面倒くさくなりそうw

296 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/16(水) 09:01:52.51 ID:mgZGwY0Y
>>285
なんというか、スマートな面倒くささっちゅうか
鎌倉武士的な質素倹約を感じる