FC2ブログ

藤きちろうおんなども  のぶ(印)

2019年05月26日 15:16

944 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/05/26(日) 14:18:28.07 ID:mopXN2yD
同集(古筆集)に、足守候(足守木下家)の蔵物として、織田信長が木下藤吉郎の妻に賜う書という
ものが掲載されている

『仰せの如く、今度こちらへ初めて越し、見参に入り祝着に候。殊にみやげ色々、美しさ中々目にも余り、
筆にも尽くし難く候。祝儀ばかりに、この方よりも何やらんと思い候へば、その方より見事なるもの
持たせ候あいだ、べちにこころざし無くのまま、まずまずこの度はとどめ参らせ候。重ねて参るの時、
それに従うべし。

なかんずくそれの見目振り、かたちまで、いつぞや参らせ候折節より、十の物、廿程も見上げ候。
藤吉郎、近々不足の旨申すのよし、言語道断、曲事候が、何方を相訪ね候とも、それさまほどのは
又二たび、かのはげねずみ、相求めがたき間、これよりいかにもかみさまなりに重々しく、悋気などに
立ち入り候ては然るべからず。ただし女の役にて候あいだ、申すものの申さぬ中に、もてなし然るべし。

猶文ていにはしいり、拝見請い願うものなり。
まいらせ候かしく

 月 日
  藤きちろう
     おんなども
             のぶ(印)』
(訳)
「前から仰られていた通り、今度こちらに初めて来られ、見参されたこと、祝着です。殊に様々なみやげは、
その美しさは目にも余り筆にも尽くせないほどで、こちらとしては祝儀であるのだから、何か与えようと
思っていたのですが、そちらが大変見事なものを持って来られたため、それに釣り合うようなものを思いつかない
まま、とりあえず今回は思い止めました。次に来られた時に、この思いに従った物を下すでしょう。

それにしてもあなたの見目ぶり、姿形まで、以前に参られた頃よりも、十のものが二十に成ったかと思うほど
見違えました。藤吉郎は最近、あなたに対し不足の旨を申しているようですが、言語道断、まさしく曲事です。
今、どこを探したとしても、あなたほどの女性は二度と、あのはげねずみが求めることは出来ないでしょう。
ですので、あなたも今後はいかにも御上様らしく重々しく、悋気などを起こすべきではありません。
ただし女性の役なのですから、物事を語らない中にも、察して対応するべきでしょう。

文末に至りましたが、拝見を請い願います。かしこ。」

(甲子夜話)

有名な織田信長が高台院に宛てた書状



スポンサーサイト



子のなき者はつる葉をも捜し求め

2019年01月24日 08:23

696 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/01/24(木) 03:48:09.63 ID:wqDfmpXE
子のなき者はつる葉をも捜し求め


(文禄四年)四月廿三日

太閤様(秀吉)は関白様(秀次)の此度の御嘆き(弟・秀保の死)を気の毒に思し召し様々なことを
仰せられたので、(秀次)は良きついでと思し召して
「脇(側室)に子がありましたが、太閤様がどのように思し召されるだろうかと思い
 御沙汰をしていませんでした」
と申し上げられると、(秀吉は)
「どうして左様のことを隠していたのか。めでたいことで言い分などない」
と仰せられた。

また(秀吉は)ついに北政所様(ねね)にも
「子のなき者はつる葉をも捜し求め養子にするが、幾人御子にしても満足することはないものなので
 (秀次の子について)不満はない」
と仰せられ、北政所様より(秀次の)内儀、大上様(日秀尼)、小少将*に(そのことの)仰せがあった。


――『駒井日記』

* 同一人物かは不明だが、秀次事件で同名の人物が秀次の妻妾として連座している。


孝蔵主の事

2016年02月06日 15:11

孝蔵主   
273 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/06(土) 09:02:09.22 ID:0+x/KZnj
北政所の筆頭上臈に孝蔵主という侍女がいた。
北政所の秘書的な仕事だけでなく、官僚としても豊臣政権下で様々な実務をこなし、五奉行に比肩するほどの重要な地位にいた。
秀吉夫妻からの信頼は厚く、秀吉は辞世の句「露と落ち~」をしたためた短冊を彼女に預けている程だった。

小田原征伐後、徳川家康は人質として秀忠を秀吉の下に送った。
北政所と孝蔵主は共に実子がおらず、二人とも秀忠を我が子のように可愛がって髪の結い方や着付けなどを教えた。

秀吉他界後、孝蔵主は北政所改め高台院に付き従い大阪城を離れ京都に移り住んだ。その後も高台院の付き人を続けた彼女は生涯独身を貫いた。
そのまま静かに余生を過ごすかと思われたが、少年期の恩を忘れなかった徳川秀忠は上洛する度に真っ先に高台院と孝蔵主の下を訪れて交流を深め
彼女の才覚が埋もれるのを惜しんだ秀忠と高台院により、慶長15年(1610年)に江戸城大奥を取り仕切る責任者として招聘される事になった。

余談だが、彼女が化粧料200石を初めて拝領した寛永2年10月は高台院の一周忌明けであった。



北政所の謀

2014年09月05日 18:57

北政所   
132 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/04(木) 21:56:55.96 ID:LotvBoFB
関ヶ原の時。
石田三成ら、西軍は挙兵したが、小早川秀秋は上洛したものの、狩猟ばかりを行っており、またその兄である
木下勝俊は伏見城松の丸を守っていた。

この状況に石田三成は、秀秋がこのままでは敵味方の判断ができない、伏見城を攻めさせてその色立てを見ようと、
使者を立ててこれを要請した。

秀秋はこれに、すぐに京都へ登り北政所にこの事を相談した。北政所は秀秋に尋ねた
「其の方はどのように考えているのか?」

「石田は秀頼の命と言って西国の大名を動員しましたが、ここからは徳川殿を滅ぼして自身が天下の権を奪おうとの
目論見が鏡に写すように見えています。

私は、徳川殿の麾下につくのは仕方がないと考えますが、石田の下につくのは無念の次第です。
ですので、どうにかして徳川殿に属したいと時節を見ておりました。しかし石田はそんな私を危ぶみ、
伏見の攻め手として信を見極めようとしています。

これにより私は今、大変難渋しています。ここで東軍への色立てをすることで西軍の諸大名によって
攻め滅ぼされるのも口惜しいことです。」

北政所はこれをじっと聞いて
「私は女の身でありますから、軍の計らいはよく解りませんが、女であっても勇士の家に生まれた身でありますから、
私の考えを一つ申しましょう。私の言うことが良いと思われたら、これを用いなさい。

其の方は先ず、伏見城の攻め手に加わり城攻めに向かいなさい。少将(木下勝俊)が城中にあるのは
幸いの事です。あなたが出陣した後から、この私が伏見城に入ります。そして『戦いを止めよ、和睦せよ』と
敵味方に停戦を呼びかけます。

伏見城中では、私が城内にいることを幸いに、これを人質であると思うでしょう。
大阪方は、私を城から出すようにと申し入れるでしょう。
秀頼は私が産んだ子ではありません。しかし今日、秀頼は私を母君と崇めています。
我ともに攻め殺せとは、五奉行もよもや下知することは出来ますまい。
そうして時を稼いでいる内に、徳川殿が軍を率いて上洛されましょう。

万一、この謀が案に相違し、西軍が私共々攻め殺すと言うことになれば、運を天に任せる事こそ
勇将の決断の場です。」

秀秋はこれを尤もであると思い、伏見攻めの人数に加わった。
ところが、木下勝俊はこの内談を知らなかったため、弟の秀秋が攻め手に加わったと聞くと驚き、
また城中の者達は勝俊を疑うようになった。

木下勝俊はこれに耐え切れず、松の丸から密かに脱出した。
これ故に北政所の謀も水泡に帰し、その怒りのため、北政所は京に帰ってきた勝俊に
対面を許さなかったのである。

(明良洪範)



133 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 00:56:57.25 ID:QeRVVbAx
勝俊・・・。

134 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 06:54:29.50 ID:Q2ixne+i
はかりごとは関係者一同によく連絡をしてから行いましょう

135 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 07:39:26.28 ID:XUeoxQbj
宇喜多某「『敵を欺くには先ず味方から殺せ』と兵法書にありました」

136 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 12:55:03.42 ID:k6N8jc8M
>>133
これで嫁さんにも愛想つかされたんだっけか。>勝俊

137 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 12:59:14.63 ID:ELs3ohGk
武家というより歌人なのに
鬼武蔵の妹を嫁にしたらそりゃ合わない

138 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 13:04:13.02 ID:JURDapnT
むしろなぜこの時まで伏見城にいたのかが不思議なレベル

139 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 11:04:00.90 ID:3Q6lDSEc
木下勝俊はどう行動すればベストだったの?

140 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 13:19:11.12 ID:mJxQGt9i
小山評定ばりの演説で人心を統一して幽斎みたいに戦う

141 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 13:47:11.37 ID:5CwXbNVQ
なお帝よりの勅使は来ない模様

142 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 13:58:53.33 ID:ZRBXH1I0
待つなら待つで力尽くで追い出されるまで待ち続けるべきだったな

143 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 15:11:00.66 ID:QkepDTxJ
高野山に家出する

144 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 16:36:57.46 ID:0w7yHmTh
捨て駒みたいな勝俊がどう行動しようともしかたのないことでは・・・

145 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 20:45:33.52 ID:Zibgnl2J
秀秋のやりたかったこともよくわからないし

木下勝俊・利房兄弟間遺産争い顛末

2014年02月06日 19:03

北政所   
478 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/05(水) 21:17:33.24 ID:yIKJSst2
慶長14年7月27日、この日故太閤(秀吉)の政所(北政所)方の孝蔵主が京を出て
駿河に下られた。これにはこのような理由があった。

木下肥後守(家定:北政所の兄とされる。慶長13年8月27日死亡)に遺領が2万石あり、
駿府では、彼の子息である宰相(木下勝俊)、宮内(木下利房)の両人に(相続争いがあったため)この
知行を分け与えるよう提言したのだが、北政所はこの遺領を全て木下勝俊に相続させ、木下利房には何も与えなかった。

このことを知った大御所徳川家康は大変不快に思ったが、「この措置に理由があるのなら聞きたい」と
孝蔵主を駿府に召し下したのである。

この頃、近年北政所は老いのため気が違い、このように不合理なことが多いと言われた。

この二万石に関しては、当面は幕府によって召し上げとなり、板倉伊賀守が管理した。

(当代記)

木下勝俊・利房兄弟間の、北政所も巻き込んだ遺産争いの顛末である。




479 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/05(水) 21:20:36.70 ID:rR/x2MNn
北政所はアルツハイマーにでもなってたのか?

482 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/06(木) 17:50:35.53 ID:BQabvDs4
すげえ家康が潰したのに北政所のせいにしやがった

「フロイス日本史」より、1人の坊主が、

2013年11月15日 18:59

北政所   
746 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/11/15(金) 01:02:03.80 ID:etyLuDkG
秀吉が九州攻めをしている最中のこと 「フロイス日本史」より



1人の坊主が、署名のない関白の書状なるものを携えて大坂城に赴いた。
その書状には
『関白の軍勢は危機に瀕しているので、高野の僧たちがこの者を遣わす。
 関白夫人は相当な喜捨を行い、関白の軍勢に良き戦果がもたらされるよう、僧侶たちに、
 仏に祈り犠牲を捧げることを頼まれよ』
と書いてあった。

関白夫人はこれを訝しみ―なぜなら彼女はほとんど毎日、シモ(九州)からの報告に接していた―
書状に署名がないことに注目し、その坊主を拷問にかけようとして捕縛させた。
捕らえられて身の危険を感じた坊主は、書状が欺瞞であること、貧しかったためにこのようにして
いくらかの銀子を得られないかと試みたことを白状した。
かくして彼は公の牢に入れられ、関白が帰還した時に処刑される日を待っている。
毎日2人の兵がその監視に当たっていた。
彼の前には、生きながら炙る、もしくは揚げるために、溶解した鉄が入った大鍋が置かれていた。





北政所はあでやかで、なまめかしい風体だったので

2013年08月30日 19:58

6 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/30(金) 18:04:20.38 ID:6XFOWKQo
一本によると、北政所はあでやかで、なまめかしい風体だったので、豊臣秀吉
彼女を愛して慕いこがれ、仲立ちを入れて婚姻を望んだのであるが、北政所の父は
これを認めなかった。このために、秀吉は心をいっそう病んだ人のようであった。

この件が織田信長の耳に達し、信長は近臣を介してその実否を尋ね、父に命じて
北政所を秀吉に嫁がせたのだという。

――『新東鑑』





加藤嘉明、時に十三歳

2013年07月15日 19:52

704 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/07/15(月) 18:51:44.42 ID:wcFOw4zh
天正三年より、加藤嘉明は近江長浜の羽柴秀吉に仕えた。
秀吉は嘉明を養子の秀勝に近侍させた。時に十三歳。

天正四年、秀吉が播磨を征伐するや、嘉明は主の秀勝に暇を告げずに
おもむいて軍に従った。夫人(政所)は怒って秀吉に、

「孫六は無頼な者です。早くお帰しになってください」と書を送ったが、
秀吉はその盛んで勇ましい志に感心して嘉明を軍中に留めた。

――『加藤嘉明公(家譜)』





ねねと材木

2012年06月22日 21:01

16 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/20(水) 15:17:31.05 ID:YKSpc3r6
ねねと材木

イエズス会宣教師たちが大坂に教会を作るために材木を発注したところ、うち5本が大坂城の工事用として
石田三成に差し押さえられてしまった。
秀吉は宣教師たちにこうした負役を免除していたので、宣教師たちは秀吉に訴えた。
秀吉は面倒くさそうに「この工事では大名たちにも負担させているのだから、材木5本くらい
どうということはあるまい」と言った。
そこで北政所は「そういった事をすると殿下の南蛮における評判のためによろしくございません」と言った。
秀吉はこれを受け入れ、材木を返却させた。




18 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/20(水) 16:27:55.60 ID:DHe3CoqY
>>16
南蛮人のウザさは遺伝子がいかんのか、
キリスト教がマズイのか。
両方だろうけど

ねねと小袖

2012年06月22日 21:01

52 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/20(水) 15:18:13.89 ID:YKSpc3r6
ねねと小袖

天正19年(1591年)、ポルトガル領インドから日本に使節が届いた。
秀吉はこれに返書を出すとともに、返礼としていくつかの品物を用意した。
その内訳は、甲冑2領、薙刀・太刀・打刀・脇差がそれぞれ一振りずつ。
さらに小袖20枚が加わるはずだったが、秀吉がこれを北政所に見せたところ、北政所がいたくこれを気に入り、
周囲の家臣たちも
「インドからはたくさんの絹の品物がきたのだから、向こうではそれは珍重されないでしょう」
と言ったため、小袖はねねに与えられた。

なお、刀剣についても「ポルトガル人は刀身よりも装飾の方を気にし、価値を鑑定できるものはいないので、
送るのは無駄なことです」
と言う者がいたが、秀吉は
「たとえ相手に価値を鑑定できる者がいなくても、余のような立場の者が優れていないものを送るのは良くない。
余は日本で価値が高いと信じられている物を送ったという評判が永久に残るのを望んでおり、適当なものを
送ったなどと噂されたくない」
と言ってこれを退けた。





53 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/20(水) 20:43:49.96 ID:GcAuAipG
WW2での米兵だったかが戦地で手に入れた日本の軍刀を刀身だけ外してそれ以外を持ち帰った、とかいう
話を聞いて
もったいない、なんで?って思った事があるけど、刀剣に対する価値観が全然違ってたんだな
そして400年前の武士がその事を知ってたのか

54 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/20(水) 20:56:26.77 ID:eNBVepZF
そら相手のことくらい研究するだろ

55 名前:人間七七四年[] 投稿日:2012/06/20(水) 21:22:19.86 ID:827IoW0k
しかしラスボスがカッコイイな

56 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/20(水) 21:33:18.67 ID:eyRTNYac
名刀は犠牲になったのだ・・・ラスボスの名声の犠牲にな・・・

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/20(水) 22:22:15.27 ID:3mwhdrwn
あの手の刀って大抵戦地に持って行く時に軍刀拵に替えてるから刀身だけでも残ってるなら御の字。
勿体無いのは戦地でそのまま持主と共に朽ち果てたり、内地に進駐軍が来る前に埋めたり廃棄されたりした刀…

58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/20(水) 23:06:12.30 ID:N1H1AwKq
槍投げの道具にされた名槍もあるしねぇ

59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 00:02:46.19 ID:x3xjk6YB
佐竹義宣「全く、刀の価値を分かってない奴はコレだから…」

60 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 00:04:49.18 ID:ltWkLfs5
上杉景勝「………」

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 00:07:54.89 ID:7x7/Irpi
小袖もインドに持って行ったら珍しい服として喜ばれるじゃないかな?

62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 01:23:00.45 ID:9Oh3YIzE
人間無骨って関東大震災の時に薪にされたんだっけ?

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 03:43:39.97 ID:5vqeqewn
前大戦のキスカ撤退の際には銃器を含めて邪魔になる携帯品は海に投棄されたらしいけど、軍刀はやっぱり肌身離さなかったのかな?

64 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 04:55:28.81 ID:x3xjk6YB
将校の軍刀は官給品じゃなくて自費購入の私物扱いだが、大概は偕行社とかから買った昭和新刀だろうよ。
それこそ伝家の宝刀とかってんなら遺棄はしないだろうが…

65 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 12:35:41.18 ID:wcUDvhvz
というか刀は消耗品だよ。しかし三歳様の刀って長持ちするな。一か月に一人ぐらいのペースで切るなら歌仙ぐらいはきれるのか?

66 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 17:35:45.50 ID:VwgN0cZ4
>>65
しっかり血や油を拭き取ればそれなりに長持ちするんじゃないかな

67 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 18:24:23.37 ID:Biwd+Gpm
大きな刃毀れを研ぎで直すとおそろしく減っちゃうよね
普通に何度も研ぎを入れるだけでも刀身が痩せてしまい、初期の姿が保てない
よって名刀は美術的観点から考えると、使用しないことが望ましい

68 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 18:41:44.06 ID:wcUDvhvz
刃こぼれか・・・手打ちなら鎧とかないからそのリスクは低くなるだろうけど・・・人斬りが趣味な剣豪っていたっけ?

69 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 18:53:28.19 ID:2BdwiKoj
>>67
家宝をぶん回して試し斬りで遊んでた家久が勘当されかかる理由のひとつであるw

70 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 19:02:00.19 ID:6PBHZxiB
実際に使って箔をつけないと

71 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 19:03:11.39 ID:r11yG1zf
>>68
そういう問題児は小野忠明くらいかなあ

72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 19:27:40.42 ID:hWxvXE7w
>>68
生涯に212人もブチ殺しておきながら
「ワシの流儀は戦わずして勝つ(キリッ)」とか言っちゃう剣聖がいるらしい

73 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 19:36:44.59 ID:NkL3lkMW
戦う前に勝負は決している、だから殺すのはただの後片付け作業なんです、孫氏的に考えても

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 21:57:55.02 ID:dR41ppxH
>>52
この贈り物、
1594年12月に、マドリード郊外のエスコリア宮で、
フェリペ二世(当時ポルトガル王兼任)らに披露されたそうな。
1884年に火事で焼けたそうだけど、
ある程度原型たもった甲冑が残っているって、歴史群像で読んだことがある。


75 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 22:09:05.24 ID:dR41ppxH
記事には国王は大いに満足し、最初国王宝庫に、翌年には王宮武器庫に保管した、
とあるから、立派なもの贈った意味は、面目保つと言う意味ではあったと思うw

なにこのガラクタとかされたら恰好悪いしw


76 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 22:46:18.00 ID:1xqbsN7a
という事は、火事で焼けたりしなければ、
今頃どこかの歴史博物館で西洋の武具と日本の武具が並び立ってたのか。
惜しいな

77 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 23:09:27.49 ID:hWxvXE7w
375 :人間七七四年 [sage] :2009/03/26(木) 18:41:30 ID:AWsCZbb6
マドリードの王宮武器庫に日本甲冑が3領所蔵されている。
仁王胴具足・本小札色々威丸胴・伊予札色々威腹巻。
腹巻は伝わった時代が違うようだが、他の2領は秀吉がフェリペ2世に贈ったものという。
当時の記録とも甲冑の描写と符合するので間違いないだろう。
19世紀の末に武器庫が火事になった際に損傷し、残欠が整理されて現在に至る。
で、その丸胴具足は大袖を備えているが、全体の性格は実用より儀礼性が高いものだ。
同時期に作られた贈り物や儀礼用の本小札丸胴(ロンドン塔にある、
徳川秀忠がジェームス1世に贈ったものなど)にも同様に大袖が付随していることからも、
文禄・慶長期には、大袖は実戦から遠ざかっていたと見ることができるのではないか。
このときの戦場ではより動きやすい壷袖・蝶番袖や袖なし籠手のみが多かったかもしれない。

甲冑の詳細は土井輝生の『武具甲冑紀行』の1巻をどうぞ。