本を忘れざるの士

2015年10月18日 15:08

843 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/18(日) 09:44:45.31 ID:G0YrFzzC
本を忘れざるの士

原吉丸酒井金三郎は共に東照宮の近習であった。伏見で東照宮が庭に出ようとすると、原は太刀をもって庭に降りたが、草履を履きそこねてしまい素足でいた。
これを見た酒井が自身の草履を原に履かせた。東照宮は噂でこのことを聞き、酒井に詳細を尋ねたところ、
 酒井は「原はもともと下総笛井の城主原一郎の子であり、私の先祖は原氏に仕えていたと聞いております。
     先祖が主筋ということでしたら、素足で炎天下の地面に立たせる訳にはいきませんので」
 と答えた。

これを聞いて東照宮は「己が出自をよくわかっておる。私の子孫もこうであってほしいなぁ」とかこぼしたそうな

『常山紀談』



844 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/18(日) 11:57:56.49 ID:xdcKEcbn
吉丸はのちに洗礼を受けて殉教する胤信やね

てか原と酒井は主従関係ないんじゃ、というのは無粋か

スポンサーサイト