FC2ブログ

あまり顕栄でない血統の一貴族

2019年08月28日 16:01

342 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/08/27(火) 22:09:29.53 ID:6GqkOQEB
山口の王大内氏(大内義隆)と、その後を継いだ王(大内義長)が死した後、あまり顕栄でない血統の
一貴族(毛利元就)が、智慮と勇気とによりかの十三ヵ国の領主と成るに至った。山脈と日本の銀の
鉱山とを有する石見国 Yuami がその中に在る。この王は生存中常にキリシタンの敵であって、かつて
パードレを国内に入れなかった。彼が死して後に残した三人の男子は皆武勇と才幹の有る者であったが、
国を継いだ長子(隆元)が間もなく死し、後に残った一子(輝元)は未だ年少であったた故、二人の叔父を
後見として領内の支配を委任した。

年長の方の叔父は名を吉川殿 Quicauadono (元春)と言い、年齢は六十歳に近く、金銀の鉱山を有する
沿岸の諸国を納めている、

もう一人の叔父は小早川殿(隆景)と言い、年齢五十歳で、豊後の対岸に在る伊予国を治め、また天下の君
との交渉に任じ、その兄よりも有名になった。ただし両人ともその甥輝元 Teromoto を主君と奉じている。

同人は山口より5日路の安芸国の吉田 Yoxinda という城に居る。かの王たち(約40年前山口に於いて殺された)
の死後、かつて山口には居住せず、副王及び諸役人のみをそこに置いている。織田信長はその死に至るまで
多年この小早川殿と戦い、その信長の総指揮官として実際に戦い、勝利を得て6,7ヶ国を占領した者が、
今天下の君である関白殿(豊臣秀吉)である。

この山口の市(現在1万の人口を有するという)は、破壊されるまで日本で最も優れて人口の多い市であったが、
今は全く、昔の繁栄と異なった状態である。

(1586年10月17日(天正14年9月5日)付、パードレ・ルイス・フロイス書簡)

フロイスによる毛利についての記述



スポンサーサイト



その頃、芸州に毛利元就という人が

2018年04月07日 18:13

757 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/04/07(土) 17:03:13.59 ID:lWxpVVTl
その年、天文二十四年十月、改元ありて弘治元年となる。

長門国では大内殿を討った陶尾張入道(晴賢)の子息、阿波守(長房か?)がその威勢を
近国にまで広げ、主君である大内義長とも不和なり、これにより大内家中の重臣層、
相良、杉、内藤といった者達と、陶晴賢勢との紛争が起こるように成った。

その頃、芸州に毛利元就という人があった。彼は始め、大内義隆の被官であり、安芸国にて
武田刑部大輔信実と国を争っていたが、武田の家老である熊谷伊豆守信直が武田に背き、
毛利に一味したため、終に武田は自害し、安芸は毛利元就が一国平均に治めた。

その後、元就は出雲国尼子と合戦をし、この折大内殿より度々合力があった。
しかし義隆生害により毛利は強く不安を覚え、また大内重臣の内藤氏が元就の子息の縁者で
あったため、陶と対立する大内家老衆と毛利は一味し、諸境に出城を取り、陶晴賢勢と
戦争状態に入った。

陶の運が尽きたのは、彼が芸州宮島に攻め来たのを、弘治元年十二月朔日の夜に入って、
毛利は風雨、夜に紛れ襲来したため、陶晴賢勢は大混乱に陥り忽ち敗軍し、陶晴賢、同長房は
討ち死にし、陶の家老である三浦越中守は突撃して防戦を行ったものの、小早川隆景勢が
すぐに馳せ寄り、越中守を討ち取った。

こうして陶勢は尽く討ち取られ、さらに毛利勢は周防長門へ侵攻し勢いを振るい、
大内義長も長門国府の長福寺にて自害し、内藤下野守は同国勝山にて自害、陶五郎は
周防の富田若山にて自害、江良弾正、伊香賀左衛門は須々麿にて自害した。

毛利元就は、このように忽ちのうちに大内義隆の恨みを晴らし、周防長門の主となった。

(足利季世記)

色々史実とは異なるものの、畿内から見た毛利元就の勃興についての記事


槌山城降伏の事 平賀隆保切腹の様子

2016年12月04日 10:29

382 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/12/04(日) 07:02:14.27 ID:sRqYOh7K
槌山城降伏の事 平賀隆保切腹の様子

>>345の続き
毛利隆元率いる吉田勢と吉川元春率いる新庄勢は仕寄をつけ井楼を組み上げ間断なく城を攻め立てた。
城中はたまりかねて、平賀新四郎隆保・大林和泉守が切腹することで
諸卒の命に替わりたいと申し入れてきたので、それを許可した。
平賀はいよいよ自害するときになって、介錯の者に向かい、
「私が合図するまで打つな。もし合図よりも前に打ったならば、悪霊になって憑り殺してやるぞ。そのときになって私を恨むでない」
と介錯の者に言った。
隆保は刀を抜いて西へ向かい、八識田中に阿字の一刀を下し、
「生死又截、涅槃又截」と唱えて腹を十文字に掻き切ると、臓物をつかんで手繰り出し、何度も切り刻んで捨てたけれども、まったく弱る様子がない。
新四郎は槌山城主の菅田たちに向かって、
「腹を掻き破ったらもう死ぬしかない。どうすれば私は死なないでいられるだろう。
硯と料紙をくれ。最後に歌を詠もう」と言い、
すぐに硯と料紙が整えられた。

隆保は硯を引き寄せ筆を浸して、歌を一首詠んだそうだ。
筆の勢いや墨の乗り方は、平常のときとまったく変わらなかったという。
「昔の物語でならこのようなことを聞いたことがあるが、
今目の前でこのような勇士を目にするとは」と、人々は皆舌を巻いた。
その後、新四郎は「さあ、首を打て」と言ったので、介錯の者は首を打ち落とし、隆保は漸く果てた。
大林はこれを見届けた後、腹を一文字に掻き切り介錯を受け隆保に続いた。
槌山開城の後、尾和秀義大内義隆から派遣されていた者らは皆帰され、これを受け志和の米山城に籠る天野隆綱は元就に従い大内義長に属する事となった。

城を抜く術

2014年11月02日 18:54

673 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 00:06:37.91 ID:DlJhDHgw
毛利元就は厳島の戦いで陶晴賢を滅ぼすと、大内氏の本拠である防長に侵攻し、次々と攻略、
この事態に大内家当主義長は、重臣である内藤弾正忠(隆世)らとともに、長府(下関)の勝山に籠城し、
これを知った毛利元就は、一門の福原左近将監(貞俊)を大将として軍勢を派遣した。

福原並びに国侍の熊谷、阿曾などにより勝山城を取り囲み攻め立てた、しかし勝山城は地形が
険阻である上、城兵たちも勇を励み堅固に城を守った。
元就はこのことを聞くと、福原に密かに、城を抜く術を伝えた。
福原はこれに従い、城中に矢文を放った

『内藤弾正忠は陶晴賢に与した叛逆の者ですから、切腹させていただきたい。
義長については特に遺恨があるわけでは有りませんので、一命を助けて豊後へ送り返しましょう。』

この内容に、義長は「私は内藤とともに自害する!」と言い張ったが、内藤自身や杉等家臣たちが
様々に申し宥め、義長を長府の長福院に移し退け、その後内藤は切腹することに決め、福原に対し
検使を請うと、兼重左衛門尉が派遣され、その上で内藤弾正忠は切腹した。

ところが、福原は直後、義長のいる長福院に攻め寄せた。

大内義長も切腹させるよう、元就より申し来た。よって速やかに自害あるべき。』

これに義長は「覚悟していたことではあるが、福原に欺かれたことが口惜しい」と激怒したが、力及ばず、
行水にて身を清め、終に自害した。
吉弘右衛門太夫、橋爪美濃守、安田入道、杉民部らの家臣も、続いてみな切腹した。

また陶晴賢の家臣、野上紀伊守房忠は、晴賢の末子である6歳の鶴寿丸を山口に隠し置いていたが、
敵がこの命をよもや助けまじと思い、この子を長福院に抱き来て刺殺し、自身も共に死んだ。

(芸侯三家誌)

大内義長の最期についての逸話である




674 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 00:31:36.48 ID:Oz10yxRV
これでも元就は天寿を全うできたんだから怨みなんて役にたたないな

675 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 00:41:10.54 ID:EHYnYJAt
役に立たないこともないだろ
怨みも、用心深さも、使い手次第だと思えば夢も希望もあるじゃないか

676 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 05:48:48.50 ID:okk8Z5ME
息子を失ってるやん

677 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 08:00:46.81 ID:LVP3RuBO
隆元さんが、厳島の三女神にお縋りして、元就に向けられていた呪いを引き受けたんですね

678 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 10:07:10.82 ID:CkoMoT99
大友義鑑「茶碗はよ」

王直と胡宗憲

2013年12月20日 18:55

王直   
59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 05:06:40.75 ID:x2JGYvy0
向こうで唐人の話が出ていたので、明関係について。
はじめてゆえ、拙いと思いますが失礼します。


嘉靖三十六年(弘治三年・1557年)、浙直福建総督の胡宗憲は、部下の蒋洲を日本へ派遣して、
倭寇の禁圧を日本国王へ命じにゆかせることにした。
とはいえ、実際の倭寇は日本人だけじゃなく、浙江福建の中国人が中心で、とりわけ安徽出身の王直という
人物がその首魁である。
……優秀な官僚である胡宗憲は、当然そのことを掴んでいる。ゆえに彼は、蒋洲へある計をさずけた。
「明に降るように誘ってくれ。王直は私と同郷であるから、きっと聞いてくれるだろう。またかわりに、
海禁を緩和することにしよう。そうすれば、蒋洲の仕事も手伝ってくれるはずだ」

海禁緩和の旨を蒋洲から聞いた王直は大喜び。明政府に従うことを決め、蒋洲の渡海に協力することになった。
王直は、日本国王が実際には力がなく、「日本国王印」を山口の大内氏が持っていること、その大内の当主が
豊後の大友義鎮(宗麟)の弟であることを、どうやら知っていたらしい。
王直は蒋洲に京都へ行くのがムダだと教え、かわりに大友義鎮に会わせたのである。

王直を通して、海禁が緩和されることを聞いた義鎮は大喜びした。蒋洲からの倭寇禁圧の激を受け取り、
倭寇の害について謝罪すると、朝貢使の派遣を決めた。
義鎮は弟・大内義長も誘って、巨船を艤装すると、大内家蔵の日本国王印(偽)を押した表文を持たせて、
王直・蒋洲らとともに明へと派遣。
王直や蒋洲を通して、朝貢が認められれば、莫大な利益と権威が得られると考えたのである。

(後半に続く!)

60 名前:59のつづき[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 05:20:08.84 ID:x2JGYvy0
……が、胡宗憲という男。繰り返すが優秀な官僚である。ここからが腕の見せ所である。

大友・大内の使者ともに、明へ入国した王直、そのまま牢屋にぶち込まれた。要するに、完全な罠だった
わけである。
王直側も、警戒して人質を取っていたのだが、宗憲にとってはどうでも良かったらしい。

帰ってきた蒋洲もまた、牢屋にぶち込まれた。宗憲いわく
「日本へ倭寇禁止を知らせるように、と命じられたにもかかわらず豊後にしか行かなかった。しかも
豊後から来た船は偽の印を押した偽の使者だった。そんなこともわからないのは罪だ」と。

こうして王直を除いた胡宗憲。すぐさま、戚継光ら名将ひしめく明軍を王直の本拠・舟山へと派遣。
倭寇を壊滅させることに成功したのである。
これによって浙江方面の倭寇は一気に勢力を失うことになる。
そして、そのどさくさに紛れ、大友・大内の朝貢船もまた倭寇の一味として撃沈されてしまった。
大友・大内の使者は、命からがら山中へ逃れ、明の襲撃に怯えながら再び船を建造して、翌年なんとか
日本へと帰り着くことになる。

捕まった王直であるが、胡宗憲は殺すのをしばしためらい、牢屋に拘禁したままであった。どうやら、
海上安定の駒として使えると思ったらしい。
ところが、そうした態度は江南の人々の不審を買う。二年後、胡宗憲が王直から賄賂をもらったという
疑惑が噂されるようになるや、宗憲は手のひらをかえした。いわく
「こいつは利益のために明の法律を破り、中華を忘れて倭を呼び込んだ。国禁をやぶり、人々を害する男は、
斬罪とすべし」と。
こうして、王直は斬られた。

浙江安定のためなら本当に手段を選ばない、優秀な官僚の悪い話。
長文失礼しました。


61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 05:24:18.93 ID:x2JGYvy0

今気づいたけど、これあんまり戦国の話じゃない……?



62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 07:37:44.97 ID:wayo3T2r
一応、大友・大内が絡んでますしおすし

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 09:00:40.26 ID:kdkSyoJQ
大友・大内の使者はかなりすごいやつだなw
船作って中国から帰ってくるなんて映画化決定レベル

64 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 09:02:04.21 ID:LQcOO+5D
なんで大内家に印があったんだっけ?

65 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 09:02:18.39 ID:pMjRkThE
王直はむしろ同業者たる倭寇(武装密貿易者)狩りして朝廷に協力することで名を挙げてて
「浄海王」名乗るほど上げ調子だったから、まさか自分が捕まることはないと
どっか甘く見てたんだろうな

66 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 17:45:17.30 ID:tUG4l6zU
大友宗麟は1551年にポルトガル王に使者と手紙を送って
1558年に親書をもらってたりするし、外交力は凄いんだけどな

66 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 17:45:17.30 ID:tUG4l6zU
大友宗麟は1551年にポルトガル王に使者と手紙を送って
1558年に親書をもらってたりするし、外交力は凄いんだけどな

67 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 20:09:01.62 ID:i3aICfGX
大内亡き後の貿易については各大名が裏に表に入り乱れて試行錯誤してたもんな
その時培った交易路やら何やらが江戸時代の後も残っていれば

68 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 22:56:04.63 ID:8DDuXH+4
日本に鉄砲を伝来させたのは王直なのに(´・ω・`)

69 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 23:01:28.30 ID:KX/4DQXS
鉄砲伝来の話で、ポルトガル人は教科書に載ってるのに
鉄砲伝来抜きでも重要人物の王直が載ってないのは不思議ではある
正直王直を肯定的にのせると中国がうるさいかもしれないが

70 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 23:23:26.75 ID:uy1rcMmR
まんが日本の歴史では普通に気の良い商人みたいに描かれてて
後に海賊のボスだったこと知ってビックリしたわ。

71 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 23:30:37.93 ID:dfdTnUNJ
王直の話が聞きたいですエロイ人

72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 23:31:20.04 ID:Fgpcbhgs
実際王直の見た目は儒者みたいだったようだし
荒事もするけど本人のアイデンティティは飽くまで商人だったんじゃないかな
(明は海禁中なので海外貿易は皆非合法の海賊行為)

73 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/20(金) 23:52:12.92 ID:B6+LyydW
見た目は儒学者、ある面でいえば「武装商人」、向こうの目では「大罪人」、
「倭寇の棟梁」でもあり、海を駆け巡って日本と南蛮とも関わりを持った「密貿易の大親分」
王直という人はよくわからない人だ

なお、寧波の乱という大内・細川のあっちでのもめごとが原因で本格的に日本勢は出入り禁止にされてた

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/21(土) 00:06:12.40 ID:w8e5ssZF
>>68
鉄砲自体は16世紀初頭には日本に輸入されてるぞ
馬鹿高かったから全く普及しなかっただけで

89 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/22(日) 00:36:08.04 ID:a74Qrzqo
>>59
>弘治三年・1557年

おいおい、この年の4月に義長自刃して大内滅亡してるぞw
しかも宗麟は茶器目当てに義長を容赦なく切り捨てててるしw

91 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/12/22(日) 15:45:26.47 ID:YhDm0bRZ
本体のほうが大事だよ!・・・弟なんだけどなw