清正の舟奉行を4,5夜眠らせなかった

2016年05月21日 14:52

753 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/21(土) 04:58:49.89 ID:TcEpCjsE
関ヶ原の乱の時、加藤清正の北の方(清浄院)も大坂にいたのだが、石田三成が人質を取ろうと
しているという話を聞いたため、

清正から付けられていた竹田善兵衛家正と大木土佐恒持(兼能)は謀を廻らし、轉法口にいた
清正の舟奉行・梶原助兵衛(景俊)に梔子の煎汁を飲ませて、4,5夜眠らせなかった。

そうして疲れ衰えた助兵衛が大病人のようになると、彼を駕籠に乗せて綿帽子(防寒具)を
被せ、前後に衾(寝具)を重ねた。そして、門番の前で駕籠の戸を開き、断って屋敷に行く
ことを度々行った。すると、門番は後には見慣れて、いっこうに咎めなくなった。

一方で、川口で百足船を晩ごとに漕ぎ比べさせた。これも番船は見慣れて後には、「どれは速い、
どれは遅い」などと言って、守りを怠っていた。

そんなところへ清正から、「私には石田に与しなければならない用件はない。なんとしても、
北の方を敵に渡さずに逃げ落ちさせるのだぞ」と、告げて来た。それは大木の計画していた
ことであった。

それから、北の方にこの事を告げて、衾の下に彼女を押し隠し、その上に梶原がもたれ掛かって、
いつものように駕籠の戸を開いて門番の前を通った。大木も後から供をして「もし見咎められた
ならば、北の方を刺し殺して切り死にしよう」と思っていたが、事故も無かった。

そして轉法口に行き、やがて北の方を百足船に乗せて漕ぎ出した。番船の前をさっと行き過ぎて
2,3町にもなると、「あれはどういうことだ!」と騒ぎひしめいたが、その間に鳥の飛ぶが如く、
1里余りも漕ぎ延びた。

番船たちは「謀られたぞ!」と言って、碇を上げて追い付こうとしたが、その間に船は行き過ぎて、
ついには肥後へと下り着いたのであった。

大木と竹田は大坂に居残ってこの事を漏れ聞き、「討手が来たならば思うままに戦おう!」と、
待ち受けたが、敵方は関ヶ原の戦いで敗れたために、思いもよらず難を逃れた。

大木はもとは佐々成政に仕えて、後に清正に仕えた。才略と篤実を兼ね備えた者だったので、
清正の寵愛は厚く、今回のことにより、また2千石の禄を増し与えられたということである。

――『常山紀談』




スポンサーサイト

大木土佐守の殉死

2016年05月21日 14:51

754 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/05/21(土) 05:02:57.54 ID:TcEpCjsE
(清正の逝去により、)国中の士農工商は悲嘆に及んだ。大木土佐守という者は佐々陸奥守(成政)
に仕えたが、陸奥守逝去の後に清正に奉公し、3千石の身の上で勤めた。清正は長年とりわけ大木に
懇志であり、それゆえに大木は、「重恩は感謝しきれない。冥途まで御供申さん!」と言って、切腹した。

――『清正記』

大木土佐が追腹を切ったことは本書(清正記)の如く、6月25日の辰刻に私宅で切腹致した。
その時、家老たちへこの旨を申し達し、いずれの者もやって来て様子を見たところ、

三宅角左衛門は、「なんとまあ、武運に叶った侍かな。異国や日本で数度の忠功を致して御厚恩を
蒙り、いままた黄泉までの御供を致すとは、羨ましき武士である」と言って、土佐の死骸より流れ出た
血を取り、自分の手の上に置き戴いて、嘗めた。

この事の是非は計り難いけれども、この他には聞かないことなので、これを記すものである。

(中略)

葬礼は10月13日に西光寺原において遂げ行い、京都本国寺の住持・日桓上人により引導された。
追腹を切った大木土佐と金官(良甫鑑)の棺も清正の棺に続いて担がせ、同じく宮籬の内に左右に
並べ置かれ、同日桓上人により引導された。

(清正の)廟所は本書の通り中尾山に建てた。前述の両人の者たちの廟も日乗大居士(清正)の廟の
左右の脇に並べて立て置かれたのであった。さてまた、本妙寺はもとは熊本にあったものを取り去り、
中尾山の麓に建てたのである。

――『続撰清正記』