久保主従の虎狩り

2014年12月12日 18:35

346 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/12/12(金) 02:00:14.52 ID:on4xVGIO
 久保主従の虎狩り

 文禄元年(1591)初冬の頃。江原道(カンウォンド)の金化(カムファ)に在番する事になった島津義弘・久保父子。
 
 この城は咸鏡道(ハムギョンド)・江原道・慶尚道(キョンサンド)の三道が交わる敵地の只中。
十二月に永平(ヨンピョン)から島津勢が移動して以来、金化城の背後に聳える高山に敵の大物見が現れて久保自ら馬上二十騎、
鉄炮足軽二百を率いて敵兵二十九人を討ち取る(『島津久保と木に吊るした首』参照)ような油断できない状況に置かれていた。

 そんなある日。

 久保は鷹狩りを行う為、城外の広野へ。ところが、勢子を勤めさせようとした現地の樵や草刈りの者らは、「この山中には虎が出る」と
口々に訇(ののしっ)て静止した。

 ここにおいて久保、

「ならばその虎、射止めん!」

 と下知して自ら大鉄炮を下げて山へ。こうなると供奉の人々も此処彼方(ここかしこ)に馳せ散って暫時の間に虎が潜む小山を取り囲んだ。

 二~三町の距離まで包囲の輪を縮めた時、山の頂に巨大な虎が姿を現す。その姿は猛虎が山岳で吼える姿そのもので、眼光は鏡の如く煌き、
尾を揺かし身を縮めたかと見るや、疾風の如く小山の頂から久保まで突進を開始。

 供奉の人々が手に汗を握り、固唾を呑み硬直する中で、真っ先に動いたのは大山新藤だった。

 彼は久保の御前に跪き、

「殿! 御鉄炮を某(それがし)の肩にかけられ、あの虎――」

 自身の肩を大鉄炮の筒先を固定する支点として、あの虎を撃ち遊ばされよと言い終わる前に、久保も新藤の意を察して彼の肩に銃身を据える。
(こんな事をすると鼓膜は避けるし顔も火傷するけど、覚悟の上なんだろうな…)

 が、虎は迅い。早すぎて発射が間に合わないと、誰もがあわやと思った瞬間。

「蓬(きたな)し! こなたに来たれ!」

 供奉の一人、大田吉兵衛忠綱が眼前を横切る虎を怒鳴りつけたのだ。抜刀して怒鳴りつけてくる大田に、
突進していた虎が反応して身体ごと振り向こうとした瞬間。

 その静止の間を久保は見逃さなかった。

 久保の大鉄炮が虎の頭部を打ち貫く。急所を一撃され、宙に躍り上がる虎の巨体。その身が地面に落ちるよりも早く、大田の一刀が虎口を鍔本まで貫いていた。

 主従の同時攻撃を受けて、さしもの猛虎も即死していた。

 以上、『征韓録』より「久保主虎を射る事」の抜粋です。




スポンサーサイト

騎射放鷹の禁止

2014年12月12日 18:34

994 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/12/12(金) 02:42:16.58 ID:on4xVGIO
 騎射放鷹の禁止

 いい話スレに投降した島津久保の虎狩り、その続き。
 本当は一つの逸話として悪い話スレに投稿する予定でしたが、長くなったので二分しました。 

 文禄元年(1592)初冬、金化城外の広野。鷹狩りの筈が虎狩りになってしまい、しかし首尾よく猛虎を仕留めた次の瞬間、
悲劇は起きた。

 虎が疾風怒濤の勢いで小山から駆け下りてきた時、咄嗟に反応できたのは大山、大田の両名だけでは無かった。

 ここに今ひとり、羽生(はふ)某と苗字のみ記録されている士も、主君の危機に置いて虎を射止めるべく、鉄炮を発射したのだ。

 今まさに、大田吉兵衛が虎の口に一刀を突き込んだ瞬間に。

 銃弾は誤って吉兵衛の股に命中。
 ……不幸中の幸い、傷は薄手にて傷まずと『征韓録』には記されている(当時というか、幕末でも現代の重傷も浅手なので疑問だ)が、
羽生は一発だけの誤射でも深く恥じた。

「楚忽(粗忽)の至り、面目なし」

 と腹を切って死んだ。


 この虎狩りの顛末を聞かされ、島津義弘は嘆いた。

「暴虎馮河で死して悔いなきとは、君子の取らざる所なり」

 以下、故事成語を引いて戒めた後さらに続けた。

「すべて久保の粗忽の儀、今に始まらぬ事なり」

 かつて忠清道(チュンチョンド)の普天(ポチョン)に在城した時、久保は島津の御家芸である騎射を練磨すべく原野に出た時。
 敵兵の大物見数十騎が出現し、島津家の秣を狩りに出た小者を二~三人ばかり討ち取ったと聞くや、即座に追撃を決意。

「その時も、供の集まるのを待たず一騎懸けで一里余りも追撃したり」

 遂に追いつくや、敵兵二騎を討ち取る。その頃、漸く川上休右衛門久智らの駆けつけたのだが……。

「休右衛門まで一緒になって敵の首を得て帰ってきた」

 往時といい、今日の事といい、彼これ将の器に当らず。能々(よくよく)慎まれるべし、と義弘は久保に騎射放鷹の禁止を申し渡した。

 その後、石田三成まで伝聞で事の顛末を知るや、使者を送って久保に放鷹を誡めた。

 以上、『征韓録』より。



997 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/12(金) 23:01:42.80 ID:guHhG1L/
失敗を恥じて切腹するくらいなら敵に特攻して死ぬべきだよな
もう20年くらい昔の侍なら敵地で自害しなかったと思う

998 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/12(金) 23:16:07.57 ID:M09AsNsX
中川秀政「戦場で鷹狩りとか余裕ですわ」