信長の行儀

2015年02月08日 17:21

619 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/08(日) 00:04:29.12 ID:7pe8BeCN
 天沢と申される、天台宗の長老がいた。一切経を二回読んだ人である。或る時、関東に下る途中で、甲斐国で
武田信玄に一礼されてから通り行かれよ。」
と、奉行人が申されたので、信玄に会われたところ信玄が、
「出身はどこだ。」
と先ず国をお尋ねになった。
尾張国の者と申し上げると、郡をお尋ねられた。
「上総介殿の居城清洲から五十町東の、春日原の味鏡という村の天永寺と申す寺の中に住んでいます。」
と申された。
「信長の行儀をありのまま残さず話され。」
と仰せられたので、
「毎朝馬に乗られています。また、鉄砲の稽古の師匠は橋本一巴でございます。
市川大介を召し寄せて弓の稽古されて、普段は、平田三位と申す者を近くに置かれ、是も兵法の師匠でございます。しばしば鷹狩をされておられる。」
と申された。その他嗜んでいる数寄は何かあるかとお尋ねられると、
「舞と小唄を数寄としておられます。」
と申し上げられたら、幸若大夫を呼んでいるのかと仰せられると、
「清州の町人の友閑と申す者を、細々と召し寄せて舞わせています。殿は敦盛を一番よりは他は舞われません。
『人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり。』
と歌を付けて舞われます。また、小唄を嗜んで、歌われています。」
と申しなさったら、
「変わったものを好んでいるものだ。」
と仰られた。それはどのような歌であるか。と仰られたら、
「『死のふは一定、しのび草には何をしよぞ。一定かたりをこすよの』でございます。」
と申されると、ちょっとそのまねをしてくださいと信玄仰せられる。
「出家の身ですので、申した事もしておりませんので、できません。」
と申し上げても、是非是非と仰られるので、天沢はまねをされた。

「鷹狩の時は、二十人の鳥見の衆と申す者に申し付けられて、二里、三里先に出て、
『あそこの村、ここの在所に雁あり、鶴あり』と、一人を鳥に付け置いて、もう一人は注進する。
また六人衆というのを定められて、
弓三人   浅野叉右衛門、太田叉介、堀田孫七
槍三人   伊藤清蔵、城戸小左衛門、堀田左内
この衆は御手回りである。
 馬乗一人、山口太郎兵衛と申す者、鐙に藁につけて、鳥の周りをそろりそろり乗り回し、次第に近寄ると、信長は鷹を腕におらせて、
鳥が見つけないように馬の影に引っ付いて近寄られ、走り出でて、御鷹を出される。
向待という者を定め、鍬を持たせて、農民のように真似させて、田を耕すふりをさせます。
御鷹が鳥に取り付いて、組み合っているところに、向待の者が、鳥を抑えます。
信長は達者であるので、度々鳥を手に入れる聞き及んでおります。」
天沢が申されると、
「信長の武者ぶりがしられているのは、道理であることよ。」
と、納得したようすであった。
天沢が御いとまごいをと申し上げると、上るときは必ず来てくれと信玄は仰せられて退出した。
と、天沢は雑談された。
(信長公記)

ここでの話の信長は、今の信長のイメージと変わりありませんね
信玄が旅僧に歌を歌わせるイメージはあまりなかったですが
ちなみに、この後に桶狭間の合戦です



620 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/08(日) 02:28:37.70 ID:V1+N1IPg
冒頭でさらっと流されてるけど
大蔵経を二回読んだって凄いな

スポンサーサイト