FC2ブログ

奥平信昌と奥山流

2012年12月05日 20:41

677 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/04(火) 23:47:45.25 ID:0sXiHcq5
姉川の戦いで奥平信昌は二騎を斬ってその首を実検に備えた。徳川家康が感心して
「若年の小腕で寄功を奏したな」と言うと、信昌は「戦闘の道は剣法の巧拙にあります。
筋力の強弱にはよりません」と答えた。家康が重ねて「お前は誰に剣法を学んだのだ」
と問うと信昌は「奥山流を学びました」と答えた。

「ではお前の家臣の急加斎に学んだのだな。私も若い頃はその流派を学んだが、
近頃は軍務が忙しいので久しく怠ってしまった。こたび帰陣のうえは必ず彼を召して対面しよう」

急加斎は奥平貞久の四男で孫次郎公重と称し、上泉秀綱の門に入り神影流の剣法を学んで
奥義を極め、三河奥山明神の社に参籠して夢中に秘伝の太刀を授かりこれより奥山流を唱える。

かつて家康はしばしば岡崎に急加斎を召して演習したが、この後に信昌より召して
重ねて急加斎に学び、誓書を下して家臣に召し加えるとの御書を賜った。

また家康は三河で有馬時貞は新当流の剣法の達人と聞き、時貞を召してその奥義を伝授させた。
家康は時貞に青江の御刀を下して領地を与えたが、後に時貞が死んで嫡流が絶えると庶孫の秋重に
家を継がせ、紀伊家に附属させた。

――『徳川実紀(奥平譜、貞享書上)』




678 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 00:26:51.09 ID:1p817mw8
奥平って、姉川のあとすぐに武田に付いちゃうんだよね
まあ仕方のないことなんだけど

679 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/06(木) 00:08:05.84 ID:+8ZHISA4
あれ、関ヶ原で小早川の目付に奥平ってのがいたような

680 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/06(木) 01:35:49.57 ID:s2KfBwvj
いるよ
なぜか部隊長にさせられて戦死しちゃったけど
いきなり自分のじゃない部隊の大将にさせられても誰も守ってくれないもの
そりゃ戦死するよなあ

681 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/06(木) 08:45:09.89 ID:JWker3cg
>>680
なんて不幸な

682 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/06(木) 13:37:35.30 ID:9PC/hN//
いや、奥平貞治は軍監なのに(むしろ軍監だからか)自ら率先して
小早川隊の前線に立っちゃったからね

正しく獅子奮迅の働きだった
でも悲しいかな貞治に子は居らず居その戦傷死するほどの働きに報いる
恩賞を受け取れる人は老いた母が1人だけ

683 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/06(木) 14:39:10.03 ID:OQszhWaW
確か生母に恩賞与えていたはず1000石だったかな?
老母一人ではかなりの贅沢が出来るな軍役もないだろうし
でも母親からしてみれば恩賞無くても生きて帰って欲しかっただろうな

684 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/06(木) 15:30:22.99 ID:jLcJ7819
正純さん失脚の遠因のばっちゃんとはまた別の人なのね~

685 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/06(木) 16:14:35.98 ID:9OcRHLoP
小早川隊の先鋒の松野主馬が
「寝返り(・A・)イクナイ!」
って戦線離脱してしまったので、代わって奥平貞治が松野隊の指揮を
とることになったんだよね

徳川からの再三の催促の末にやっとこ小早川を動かしたという経緯上、
徳川からの軍艦という立場的に、こりゃ俺が死ななしゃ~ないな、と
いう感じだったのではないかと

徳川の軍監死なせて、ぬるい戦い方はできないからね、小早川も

あと、貞治って途中で、ラスボスに乞われて引き抜かれて黄母衣衆に
なってたことも
よっぽどの武者だったんでしょう。

687 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/12/06(木) 17:56:22.86 ID:MO3aVlm3
>>685
改めて思うけど生き死にに関してこの時代の人は凄い考えだよな…
スポンサーサイト