妙秀尼による子供の育て方

2015年10月14日 10:52

831 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/14(水) 00:31:01.94 ID:NVJYBSZ/
 妙秀が子供を育てた時は、子が少しでも良い事があれば殊の外喜んで褒めた。
人の親が瞋恚(怒り)を起こして子を折檻するのを見ては、あさましい事だと申されていた。
幼い者に、心がやせ衰えないように、心が勇むように育てよと申していた。
まして継子を憎む母がいると聞けば、「継子の母が草葉の陰から憎んでいるだろう。自分の子よりも大切にして、奇特な者の名をとりなさい。」と言い、
継母が継子に憎せたままにしている夫がいると聞けば、その夫を腰抜け男のように思われていた。
また、自分の子がひどく悪い事をしたら、密かに蔵の内に連れていき、枢を落とし戸を閉めて、人に会わせないようにして、
「どうしておとなしくならないのか。近頃の不作法、いやしい事どもは、一つ一つよく知っています。」
と言って少しも怒らず、前に抱き寄せて、重ねて慎むようにとこっそり折檻して、機嫌よく申し聞かせたという。
子供の心にはまさか知られてはいないだろうという事々が一つ一つ皆知られていた。
機嫌が良かったとしても油断できないと驚き恐れて身を慎み、よその親が怒りわめくよりも殊の外恐れるものであった。

もう年を取った子供の昔話によれば、彼女は子供たちが七八になれば四書五経を読ませ、素読の時から講釈を聞かせて、歌道や礼儀も少し習わせて、そのまま家職に励ませたという。

また彼女の考えでは、嫉妬の深い女はその身に色を好むので夫の恥を顧みない。そのような女には必ず悪いことがあるだろう。男が死んだ後の作法が良かった者は見たことがない。
そのような女は、成人の子がいたとしても早く再婚させるべきとのことだ。

(本阿弥行状記)

日本有数の芸術家、本阿弥光悦の母、妙秀尼による子供の育て方である



832 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/14(水) 01:18:22.02 ID:SHlYyTmz
怖がらせる教育では剛の者は出てこないと山本常朝も言ってるな。
怖がらせるが基本の現代体育会系は強い者に従順、下の者に酷い傾向があると思う。

833 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/14(水) 07:10:55.12 ID:YuhAb5He
ええ話や

834 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/14(水) 08:40:29.19 ID:bC+R0SwA
四書五経を子供のころから読まされるのか・・・
優しいだろうしすごい教育ママなんだけど俺ならやだねw

835 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/14(水) 08:53:37.24 ID:qlPe/kVp
刀の鑑定したり、研いだりするのに四書五経は必要無いがな

836 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/14(水) 09:40:59.89 ID:fpx43VA5
湯川秀樹が6歳くらいでに漢文の素読をやらされたって話を思い出した
素粒子学は刀剣鑑定よりも漢籍には縁遠いだろうな
なお兄弟は貝塚茂樹に中国文学者の小川環樹だったり

837 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/14(水) 09:57:24.83 ID:bC+R0SwA
そもそも湯川秀樹の一族は中国史畑で、
逆に湯川さんが不思議なんだよ なんで理系なの?って

839 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/15(木) 12:13:10.31 ID:4oDt4R3Q
>>837
石原良純「」

840 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/15(木) 12:27:53.73 ID:/M12CGMJ
>>839
もう一人おるやん

841 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/15(木) 13:10:26.41 ID:KmUXrQ6f
>>837
兄貴も理系だろ
スポンサーサイト