源氏物語は和国の奇筆である

2015年11月30日 07:21

55 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/30(月) 03:04:13.42 ID:J6leepVc
 源氏物語は和国の奇筆である。細川玄旨法印(藤孝)の扈従に、宮木善左衛門孝庸という武士が、因州の牧に仕えなさっておられる。
私は若年の時から彼に随っていて、委細を伝授してもらった。慣例通りに、口伝での共有であった。

 あるときのこと、孝庸は玄旨法印に世間で便なる書は何を第一にするべきか、と尋ねなさったら、源氏物語と答えなさった。
また歌学の博覧の第一の物はと問いなさったら、同じく源氏と答えなさった。
玄旨法印からは何もかも源氏で済むことだと承った。源氏を百偏つぶさに見たものは、歌学が成就すると仰られた

と、孝庸は私に語られたことがある。
(本阿弥行状記)



スポンサーサイト