FC2ブログ

大久保忠隣改易

2019年07月22日 15:51

292 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/07/21(日) 19:06:48.78 ID:ARl2F+J7
一、翌年2月4日(1614)、大久保相模守(忠隣)江戸発足。上方筋で切支丹が起こったので
  仕置きのために上京。宗門の者どもを成敗して後、板倉伊賀守(勝重)をもって相模守の改易
  を仰せ付けられ、井伊掃部頭(直孝)に御預けなされた。

  この節、里見安房守(忠義)と佐野修理大夫(信吉)に改易を仰せ付けられた。ただ大久保相
  州の縁者たるによってこの如し。

  一族家来まで御咎めあり。相模守の子供の大久保右京(教隆)・同主膳(幸信)・同内記(石
  川成堯)、いずれも津軽・南部へ御預けなされた。大久保加賀守(忠常)はそれ以前に相果て
  られた故、孫(大久保忠職)が家督を致していたが、これは家康様の御息女・加納様(亀姫)
  と申す方の御婿である故、江戸の屋敷に閉門致した。

  森川内膳(重俊)は相模守の姪婿なので、酒井左衛門尉(家次)に御預けなされた。日下部河
  内守(正冬)、これは茂助(村越直吉。道伴の父)の娘を相模守の娘分に致して婿に致し、こ
  れによって館林の榊原遠江守(康勝)に御預けなされた。山口但馬守(重政)は縁者たるによ
  り御改易。

  谷六右衛門は相模守が取り分けて目を掛けられた故、松平将監に御預けなされた。石川主殿頭
  (忠総)は相模守の次男であるが、他名を継いだので知行の大垣に閉門致した。その他に摂津
  半兵衛は、その時は江戸奉行だったが当座の出仕を留め申した。

一、富田信濃守(信高)に改易を仰せ付けられた。もっとも罪科は相州とは別罪である。家康様は
  常々、御慈悲をもっぱら要に遊ばされたところ、御老年に及び厳しく御仕置きを仰せ出された
  と、世人は唱え奉ったという(家康様常々御慈悲を専要に遊ばされ候所、御老年に及び稠しく
  御仕置仰出され候と、世人之を唱ひ奉り候由)。

――『村越道伴物語留書』



スポンサーサイト



奇特なる志の留守意

2018年10月28日 18:04

411 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/28(日) 17:59:53.82 ID:4Ch0sdeQ
富田信濃守(信高)が津城に居た時、彼の留守の折、天守に夜な夜な光るものが現れた。
これについて家老の坂三左衛門は「留守居をしている以上、このような事を見届けもしないのは
油断である。とにかくこれを見届けなければならない。」と申した所、若い武士たちが何れも
「我々が見届けます。」と申したため、坂は「ならば私は無用に致す。」と申した。

ある夜、坂は一人密かに天守へ上がり、そこに伏せていると、案の如く何者かが窓より飛来し、
声を立てて鳴いた。そこを即座に抜き合い切り留めた所、それは梟であった。

そして信濃守へ『このような説が有ったため、私が見届けました所、その正体は梟でした。
城には少しも変わったことはありませんので、虚説などを聞いて気遣いなさいませんように』
と申し伝えた。

徳川家康は後にこの事を聞いて、「奇特なる志の留守意である。」と仰せに成ったという。
(武功雑記)



412 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/28(日) 18:19:09.19 ID:+TS1W7u4
俺が、俺が、どうぞどうぞ、ってダチョウ倶楽部みたいやな

413 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/28(日) 20:26:55.22 ID:My4sFSdU
じじいが出しゃばって仕事を増やそうとするからウチらがやっとくからじじいは寝とけよって諌めたのに張り切っちゃって若いのの面目が潰れた話し

414 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/10/28(日) 22:33:18.79 ID:aGV4WMpp
城に梟とは絵になりそう
ハロウィンっぽくて良いね

高橋元種の改易

2016年08月31日 21:30

45 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/30(火) 20:11:06.04 ID:ec+RNKRo
高橋右近大夫種統(元種か)はもともと豊前国に所領を持っていたが、日向の懸にも土地を有していた。
大友家が滅亡した後、天正16年7月、豊前より日向に移り、松尾城に居住し、その後慶長8年、再び
懸城を築いて松尾城から移った。

元種は初めのうちは行状も正しく、領民たちも皆その政に懐いていたが、中頃より行状大いに乱れ、
酒宴にひたり女色に溺れ、無道の挙動多かった。

その頃、板坂出羽守(直盛)という大名の甥に、水間勘兵衛(宇喜多左門か)というあぶれ者が有った。
彼が故あって、直盛の厩預かりの侍を討ち果たして出奔した。直盛は大いに怒って将軍家に訴えたため、
将軍家はあまねく天下の諸侯にその捜索を命じた。

この水間勘兵衛は伊予国、飛田信濃守(富田信高)内室の従兄弟であったので、一旦は富田家を頼って
匿われていたが、富田信高も匿いきれないと考え、官兵衛に扶持を与えて、肥後の加藤家を頼って
遣わした。しかし加藤家でも匿いきれず、高橋家を頼り、高千穂の山奥に匿うことと成った。

ところがこの水間勘兵衛は、元来悪逆無道の者であったので、高千穂において召し使っていた人夫の一人を
手打ちにした。この時、元種の家老である花田備前守は元種に向かって
「あの水間勘兵衛を加藤家に返されるべきです!」
と諌めたが、元種はそれを承知しなかった。
しかし、勘兵衛に殺された人夫の父は、我が子が非命に死んだことを無念に思い、関東まで密かに上り、
板崎家に訴え出た。

こうして水間勘兵衛の匿われた場所が露見し、高橋元種も隠しきることは出来ず、勘兵衛を搦め捕えて
関東に差し出した。
時に慶長18年夏、駿府において富田、加藤、高橋の三家が召され裁判が行われた。

富田家は勘兵衛に扶持を与えた罪により改易を仰せ付けられた。
加藤家は申し訳が立って無罪。
高橋家は匿い置いた罪によって、元種ならびにその嫡男に、出羽山形への配流を命ぜられた。

(日向纂記)

高橋元種が、富田信高と坂崎直盛の対立に巻き込まれて改易と成ったお話。



46 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/30(火) 20:20:27.58 ID:8e77uKs8
>>45
>人夫の一人を手打ち
匿われてるのにクズすぎるだろw

47 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/31(水) 00:05:59.17 ID:L4DywtDZ
叔父がクズなら甥の坂崎もクズでその甥もクズという連鎖

48 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/31(水) 00:35:56.01 ID:udK35cdD
>>45
正確には元種一家は棚倉の立花家預かりだな
しばらくは宗茂が元種のために復権の活動してくれてたらしいけど

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/03(土) 19:54:56.38 ID:AJFlgTjl
>>45のレスを見て思ったけど坂崎出羽守って歩く爆弾みたいなものだな

・宇喜多秀家(宇喜多騒動で家臣激減。関ケ原敗北で八丈島配流。ある意味直盛による最大の被害者)
・中村九郎兵衛(加賀前田家出身。宇喜多家執政。大坂で直盛に襲撃されて加賀へ逃亡)
・宇喜多忠家(息子が起こした騒動のせいで宇喜多家を退転隠棲する羽目になる)
・富田信高(直盛甥隠匿事件で改易に追い込まれた人その1)
・佐野信吉(富田信高の弟。直盛甥隠匿事件で改易に追い込まれた人その2)
・高橋元種(秋月種実の子。直盛のせいで改易に追い込まれた人その3)

以上は坂崎直盛被害者の会と言っていいと思う

その他

・千姫(直盛の逆恨みで襲撃されそうになった人)
・本多忠刻(忠勝の孫。小松姫の甥。千姫の再婚相手。直盛のとばっちりを受けそうになった人)
・立花宗茂(西国無双。千姫奪取未遂事件時に直盛の乱鎮圧の計策をひねり出したのはこの人らしい)
・柳生宗矩(宗茂の計策を胸に直盛を説得し切腹に追い込み乱を鎮める。二枚笠紋を直盛から譲られる)
・小野寺義道(元・出羽横手城主。直盛に恩義を感じ直盛十三回忌時に墓を建立)
・明石全登(大坂城七将星。元・宇喜多家客分。キリシタンになったのは直盛の勧めという)

この人返しの事件によって

2014年02月07日 19:13

483 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/06(木) 20:08:41.76 ID:C1uIRSh/
坂崎出羽守(直盛)は家来の左門という者の屋敷の前を遠乗で通ったところ、

屏に馬の沓を引っ掛けて置いてあるのを見て腹を立て、左門を呼び寄せて叱ったうえに、
その沓を左門の首と下あごに括りつけて座敷牢へ入れて置いた。

左門は牢番の者に酒を飲ませるなどして色々と工夫し、ついに牢を抜け出して
富田信濃守(信高)方へ駆け込んだ。そして富田方から加藤肥後守(清正)に預け、
加藤方から高橋右近(元種)方へにがした。

この人返しの事件によって高橋は改易にあい、また富田家老の掃部という者の子を、
坂崎は人質に取ったのである。

――『武功雑記』





安濃津城・化け猫の怪

2012年05月07日 21:00

55 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 21:14:14.08 ID:cTDmFpmn
天正の末頃、安濃津城の富田信高の嫡男・千丸が原因不明の病にかかった。
病は日に日に重くなり、信高夫婦や千丸の祖父・一白は都から有名な医者や、僧侶、修験者を呼び
手を尽くしたが、一向に効き目が無い。

ところが、城の者たちはおかしな点に気が付いた。若君には二人の老女が、看病役として付き添い、
病状を信高や典医に報告するのだが、なぜ今まで気が付かなかったのか。
いつのまにやら、素性不明の老女が一人増えている。しかもその老女、
いつも白い綿帽子を目深に被り、口数少なく、あきらかに挙動不審。

あきらかにあの女、尋常の者ではないと、家老たちの意見が一致した。
翌朝、その老女が通りかかると朝の挨拶をかわすと見せかけ、
一斉に取り囲み、無理やり綿帽子を剥ぎ取った。

56 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 21:14:56.20 ID:cTDmFpmn

    r‐-、                    ,,、
    | `ヽ\                      /,^ヽ
    |   `、\               /, ´  |
    |    `、:.\            /, ´    |
    |     ヽ: :.:`''ー‐-ァ‐rー - ,ィ´, ´.     |
    |   , ,,、」: : : : : :,、'´:;,:;:;:`ヾ〈 ゝ-、     ,!
    |  ,ィ´: : : : : : :,ィ´:;:;:;:;:;;゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙、    !
    ,ゞ゙': : : : : : :,;'´:;:;:;:;:;:;:;,;゙ ゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ゝ、 /
    /: : : : : : : :.,;゙:;:;:;:;:;:;:;,.'´  `ゞ:;:;:;:;:;:;:;,. '´ヾ,k
  .,イ: : : : : : :,イ:;:;:;:;:;:;:;,;゙       ゙;:;:;:;:;:;;: : : : ,;;;i
  j: : : ,..,ィ;:;:,ィ´ ̄iIヽ,      ,ィ Ii ̄ノゞ: : ,;:;:;!
  ゙i: : :.,.'"´``  ̄`''ヽ     ゝ´ ̄ '´`ヽ、j;:l
   |!'´                    , ,,. _ ,リ
  イ    ,.、`ヽ,     r-‐-、    ,;゙ `ヽ、, ,!`ヽ、
   `, `丶、,.'´,.゙;     ゝ ,r'     ,;``ヽ ,イ/``丶'、
     `ゞ、,' ,` ,ヽ、ゞ.、.   _人_    ,イ   ,ィ´ゝ`、ヽヽ ヽ
  ,、 ' ´,、'´,、゙`,、 、'´, `ヽ、     ,.ィ´ _, ィ´`丶、  丶丶 `、
., ´, , ' , ' ,'   `ヽ、  `"゙゙゙゙´  ,ィ´  `丶、 `ヽ ` 丶 、
 ,'. ,'  ,'  ,'       `ー====='i       ヽ  `, ゙, ' ',
.,'  ;  '                            ;  ;  ;  '
                                  '  '

なんと、その老女、年老いた大きな猫であった。
すぐさま家老たちは化け猫を取り押さえ、信高に報告した。
信高は居室の前の庭に生えている梨の木に猫を縛り付けると、
唐渡りの闘犬を数匹つれてきて、猫相手にけしかけた。
ところがこの猫、屈強な闘犬に吠え掛かられてもまったく動じない。
それどころか澄ました顔で居眠りをはじめてしまった。

57 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 21:16:02.52 ID:cTDmFpmn

      \ ZZz…/

        i^,\ _,,_ /^l                   ∧∧, ゴ、ゴルァ…
        lノ  ⌒ i|l ⌒ヾノ        ク、クゥ~ン…   ;ミ゚Д゚;彡.;
      シ " ( ー)  (ー )ミ          ; /⌒ヽ'´ヽo;ミ   ,,ミ.;
     メ  = ⌒(__人__)⌒=ヽ         .;(`ω´;U( )▼;ェ;▼; キャイン!キャイン!
    彡       ヽ/    ;ミ         ;(ノ (ノ ヽ) (u u)、;.
      ヾ         ン


その様子に逆に犬たちが怯えてしまい、尻尾を巻いて後ずさる始末。
そこで信高、今度は城門前の橋の欄干に猫を縛り付け、晒し者にし、
そのまま干乾しにしてしまおうとした。

ところが、二、三日後。見張りの者がふと目を離した隙に、
猫は影も形も無くなっていた。カンカンに怒った信高、
すぐさま城下中を捜索させたが件の猫はみつからず、
間もなく、千丸は衰弱し息を引き取ってしまった。
結局、その猫が何の因縁があって千丸を害したのかは
最後まで分からぬまま、信高は伊予の地に去り、
代わりに藤堂高虎が安濃津の城に入った。

がこの化け猫、そのころに再び現れ城下で様々な怪異を起こすようになった。
元淡路水軍頭領・菅達長の屋敷の植え込みに化け猫の巣があると噂になり、
捜索隊が組まれたりもしたが、結局化け猫は捕まらず仕舞で、
そのうち騒動も下火になっていったという。




58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 22:46:29.79 ID:TzQObvuf
オチのない化け物話って結構もやもやするな

59 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 23:37:46.81 ID:D4z4nqEV
誰か佐竹義宣を呼んで来い

60 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/06(日) 23:53:02.51 ID:cH/2mGpz
化け猫大★勝★利
奥さんはなんとかできなかったのか?

61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/07(月) 00:25:33.68 ID:RDTmrJB4
鍋島「化け猫すら殺せないとは情けない。」

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/05/07(月) 07:04:13.17 ID:OfoBUiOE
>>55-57
この化け猫はもしかして、嫡男の病気を見に来た
単なる野次馬じゃね?