寒河江広俊の遺書

2015年06月14日 12:03

184 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/14(日) 03:11:27.95 ID:93mxXO27
寒河江広俊の遺書

慶長19(1614)年1月18日、雪の残る山形城で最上義光が69歳で没すると、葬儀は2月6日に慶長寺(現在の山形市三日町長源寺域。寺名は光禅寺に
後に変えられ、鳥居忠政の時代に郊外に移された)で執り行われ、
その日の酉刻(18時頃)に4人の家臣が腹を切って殉死した

殉死の筆頭は寒河江領主2万7000石の寒河江肥前(寒河江広俊)
1580年代に楯岡満茂を介し、早くから最上義光に味方の意を示し、山形に協力を惜しまなかったために信任を得、義光も大いに広俊に報いた

「霧となり霞と消える夕べかな」
「神去りまします悲しみにたへず。従ひたてまつらんと思ひつめ(最上義光公の死で生きる支えを失いました。
殉死してあの世のお供をさせて頂きたいと考える所存です)」

「寒河江文書」

最上義光の死には山家河内(山家良干入道)、長岡但馬、寒河江広俊の息子の十兵衛(寒河江元茂)が追腹を切り
主人があの世で道に迷わない様に、酉刻前に寒河江肥前の従者が2人腹を切った

現在の鉄砲町光禅寺の最上義光の墓所前には
寒河江親子、長岡但馬、山家河内ら4人の墓が死後も義光に付き従っている




185 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/14(日) 08:27:01.40 ID:c4WaetCm
まあ、追い腹を切る気持ちもわかるんだけど、次代の支えになろうとは思わんものか
最上は義光一代で大きくなってるから、譜代(というより一族か?)と新参の軋轢ってかなり酷いのかな?

186 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/14(日) 09:38:41.42 ID:4WT0tT0O
あくまで一主君に忠節な臣で、こういうのは
社稷の臣にはけしてなりえないんだよな
殉死って俺は全く評価しないし

187 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/14(日) 09:40:09.04 ID:BCV+LkPd
殉死を拒否してお家の戦力低下を招いたのが宇喜多やんかw

188 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/14(日) 11:44:37.44 ID:easPcFdM
最上の場合は譜代が全員腹切ってた方が良かったかもしれんぞ

189 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/14(日) 16:32:16.03 ID:qbnFJWNt
泰平の世になり合戦で家臣が適度に討ち死にしなくなったせいだな
やっぱ天下泰平ってクソだわ

アレ?

190 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/14(日) 17:02:09.88 ID:93mxXO27
最上騒動は義康暗殺や家親の急死の他に、譜代より中途採用組たち(鮭延秀綱)らが義俊擁護を拒否したのも原因だから…

一門…楯岡光直(義光の弟)、山野辺義忠(義光の子)、松根光広(義光の甥)
譜代…氏家光氏(成沢氏からの養子)、新関久正、谷柏直家
他…鮭延秀綱(元独立勢力)、本城満慶(楯岡満茂、元天童派)

スポンサーサイト