FC2ブログ

黒田長政の用意のいい話

2011年04月25日 00:01

148 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/24(日) 17:01:02.34 ID:0YQ00Ylt
1637年、九州にて大規模な一揆が勃発します。そう、世に言う島原の乱であります。
苛政に苦しむ領民や有馬・小西・佐々・加藤といった改易された大名の浪人などを中心に組織化された一揆軍を
島原藩松倉家では押さえることができず、
幕府は板倉重昌を派遣しますが、1638年1月まさかの討ち死に。
幕府は知恵伊豆こと松平信綱が派遣されるという事態に追い込まれます。
そう言った事態を受けて、九州を領国とする諸将にも派兵命令が下ります。

北九州の雄藩として福岡を納める黒田家にもその命は下ります。
しかし、細川家や鍋島家、立花家などとは違い、戦歴豊富な先代が他界して久しい黒田家、現当主である忠之は
1602年生まれの36歳。
戦歴のある老臣を中心に出陣用意に奔走する黒田家ですが、どうやら黒田軍1万8000の盾の板が足りない。

149 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/24(日) 17:05:09.20 ID:0YQ00Ylt
さて、どうするかと頭を抱えているところに、先代長政の信頼厚い能吏・小河内蔵允之直があることを思い出します。
「そう言えば、亡き先代がいざという時のために用意があると仰っていました。竹森清左衛門が詳しいことを
知っているはずだとも」
そう言うわけで、竹森を呼び詳しく尋ねたところ
「福岡より四里離れた山奥の寺に寺領三十石を与えて密かに蓄えさせております」
とのことなので、急いでその板を取りに人を遣わせました。
ちょうどその山の下に流れていた川が福岡城下に連なっていたので、盾板を川へ投げ込めば夜のうちに
残らず福岡城下に流れ着き、
黒田軍は無事盾板を持って島原へ着陣することができました。
関ヶ原から38年、大坂の陣から23年、そして、黒田長政が京都で逝去して15年も後のことでした。

以上「名将言行録」より、黒田長政の用意のいい話、でした。




150 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/24(日) 19:23:52.39 ID:OrbDoNVM
乙。

ただ、知恵伊豆派遣決定は板倉戦死の前なので誤解なきよう。

151 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/24(日) 21:47:13.00 ID:0YQ00Ylt
>>150
ご指摘ありがとうございます
板倉戦死は1638年の正月で、その直後に着陣してますね、知恵伊豆

152 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/24(日) 22:18:42.96 ID:dmuY4yXG
知恵伊豆派遣が決まって、焦った板倉が無理攻めして討ち死にみたいな話しがあったっけ?

156 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/25(月) 06:35:53.42 ID:iJRZ6mJx
>>152
板倉は最初から知恵伊豆到着までのつなぎだったけど、ちょうどいいタイミングで
討ち死にしちゃったから、功を焦って死んだことになったという逸話になっちゃった
という話もある

160 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/25(月) 16:10:38.80 ID:GyuXnMJg
>>149
>盾板を川へ投げ込めば夜のうちに残らず福岡城下に流れ着き、

名将言行録はこういう都合のいい作り話を入れてくる創作だから嫌い

161 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/04/25(月) 17:15:14.55 ID:cMHDlFbE
歴史上の有名人の名を借りた童話集みたいなもんです

164 名前:人間七七四年[] 投稿日:2011/04/25(月) 20:57:57.01 ID:AaCKUuQr
いつも思うが「ちえいず」って言いにくいな。ほんとに言ってたのか。
実のところはチェイズとかチェーヅとか言ってたんじゃないのか。
スポンサーサイト