FC2ブログ

かくして輝虎は行きがけの駄賃であると

2019年10月06日 15:58

487 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/06(日) 12:51:03.20 ID:XoVewkF3
群馬郡高崎の城主、和田兵衛太夫の弟である和田喜兵衛は、昔の名を小膳といって、若い頃より
上杉輝虎に仕えていたが、ある時彼より、兄・兵衛太夫が甲府の武田信玄に内応して、深谷、倉加野、
高山などと語らって不意に箕輪を乗っ取ろうと企てていると、密使を以て輝虎の近習で、朋輩でも
あった小野伝助に知らせた。そして
「このような状況であるので、人数を少々向けて頂きたい。あとは自分が手引して、謀反人は
追い出します。」と伝えた。

上杉輝虎は小勢で箕輪に向かっていたが、この事を知るとその足で高崎城へと向かった。
ところがその途中で、これを知らせ、高崎城に居るはずの和田喜兵衛に出会った。
彼は輝虎に謝罪した

「謀反のことは自分の聞き違いであり、それで使いを出してしまったが、そのことが露見して
城にも居られず逃亡してきました。」

そうしてこの鳥川で輝虎に出会ったのだという。この旨を伝えられると、輝虎は以ての外の
怒り様で

「このような未熟な内通で出馬を促すとな何事だ!」

と、同行した小野伝助もろとも、和田喜兵衛を切り捨てた。
しかし輝虎は

「この上は、聞き間違いであったと言って厩橋に戻るのも後日の笑い草と成る。まんざら
火のない所に煙が立つわけでもあるまい。小勢ではあるが、いっそこのまま高崎城を
一攻めに攻めてそれから考えることとしよう。」
と考え、まっしぐらに高崎城へ向かった。

到着すると輝虎は自身鑓を取って大手門へ突っ込み、続く直江実継、大関親益、永井尚光と
いった家来たちも負けじと駆け込んだ。
高崎城の人々は訳が解らずも迎え撃ったが、一つ二つと城門を破られた。
城主和田兵衛太夫も剛の者であったから、自ら鑓を取って暴れまわった。
そのうちに輝虎は、「今日のところは無勢でもあり、兵も将も疲れ果てているから」と
引き上げを命じた。

かくして輝虎は行きがけの駄賃であると、郭外に放火し、早々と厩橋へ帰っていった。

(関八州古戦録)

さすが軍神である。



488 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/06(日) 14:33:53.95 ID:BXDj4gj9
こんなのに毎年のように荒らされまくったのに、確実に領土を広げていった北条はすごいな…

489 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/06(日) 16:59:34.48 ID:mFgpvsYZ
>>487
キチガイすぎるw

490 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/06(日) 17:31:41.42 ID:P8JqbZOT
>>488
むしろ上杉内で争いが絶えなかったから北条は領土を広げられたのでは?

491 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/06(日) 17:45:15.24 ID:sptkHPlz
>>487
今日はこのぐらいにしといたる

492 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/06(日) 20:21:42.73 ID:nRmofFnC
>>491
いやー実在するんですねw

493 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/07(月) 07:31:52.16 ID:3tpm9qeb
>>487
いや小野さんは斬る必要なくない?

494 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2019/10/07(月) 17:48:45.46 ID:R+Bv9ZF6
>>493
そこら辺の理不尽さも含めて北斗の拳ライクで良い
スポンサーサイト



上杉謙信「後のことはそれから考えよう!」

2013年08月28日 19:54

221 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 20:13:09.81 ID:SfT6Bwj7
和田喜兵衛は上野国群馬郡高崎城主・和田兵衛大夫の弟であったが、
若い頃から上杉輝虎(謙信)に仕えていた。

ところがこの喜兵衛が、兄が武田信玄に内通し、深谷、倉加野、高山等と語らって箕輪を乗っ取ろうという
企てが有る、との情報を得、密使を走らせ

「このような事ですので、少々軍勢をこちらに向けていただきたい。あとは自分が手引して、
謀反人を追放させます。」

と、輝虎の近習で、僚友である小野伝助へと伝えた。

輝虎はこの時少勢で箕輪まで出ていたのだが、これを聞くと早速高崎城へと向かった。

ところが、である。
その途中の鳥川という土地で、密使を出した和田喜兵衛が現れ、こう言ったのだ

「謀反のことは、私の聞き違いでした!謀反はありません。
しかし聞き違いで遣いを出したことが発覚し、私は城にもいられなく成り、こうして逃げてまいりました。」

これを聞いた輝虎は当然ながら激怒した
「このような未熟な内通の容疑で出馬を促すとは、何たることか!」
そうして喜兵衛を、輝虎に従って付いて来ていた小野伝助と一緒にまとめて斬り捨てた。

しかし、ここで輝虎は思った
「この上は聞き違いであったと言って厩橋に戻るのも、後日の笑い草になってしまう。
そもそも、火のないところに煙は立たぬというではないか。謀反の気がないわけでもないのであろう。
よし!少勢ではあるが、いっそこのまま高崎城を攻めよう!
後のことはそれから考えよう!」

そう決心しまっしぐらに高崎城に向かった。
輝虎は自ら槍を取って大手門に突撃、続く直江実継、大関親益、永井尚光といった家臣たちも
負けじと駆け込む。

この突然の輝虎の攻撃に、高崎城は訳のわからぬまま防戦したが、1つ2つと城門が破られていく。
しかし城主の和田兵衛大夫も豪の者であったので、自ら槍を取って必死に戦った。
そうしている内に輝虎も、軍勢が少数で疲れきっているのを見て取り、引き上げを命じた。
そして郭外に放火し、早々と厩橋に帰っていったという。
(関八州古戦録)

軍神様、無理を通して道理を粉砕、という逸話である




222 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 21:03:18.69 ID:mEZ0xZqn
高崎城落としたのならともかく、落とせなかったのだから
粉砕しとらんやん

223 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 22:53:17.59 ID:vqX5PoaN
小野伝助すげえとばっちりじゃね

224 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 22:57:07.54 ID:NT45Hasp
後詰に出陣したら、到着前に落城したから腹いせに無関係の城攻め落としたり...

225 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/27(火) 22:57:53.55 ID:wT3rH8vG
「後のことはそれから考えよう!」ってのはダメな人の考えだw

226 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 00:32:37.57 ID:/SSlbey9
分別も久しくすればねまる(in沖田畷)

227 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 01:51:11.10 ID:+jpn1Lw4
そら実際に来るまでは北条につきますわ

228 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 06:31:23.93 ID:Rf3PPeou
小さな道徳観にとらわれていてはいけないと思わされました

229 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 10:44:35.69 ID:EqTJz5ew
軍神様は天才と基地外は紙一重である事を体現した人

230 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 11:02:08.97 ID:gHI+7cZo
この件のせいで高崎城が武田に寝返ってもしょうがないよなw

231 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 12:56:17.61 ID:PRTuB8UT
>>230
間隙見逃す武田でもないしな。
まあそれ以前に激怒した和田兵衛大夫が積極的に誼通じに行くと思うけど。

これが宇喜多とかが理不尽に攻めた、だったらもぐりこますための策略か!って疑うとこだが軍神様はマジ基地だから・・・

232 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 14:10:38.54 ID:4TgGD+R2
DQN四天王に上杉謙信がログインしました

233 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 16:50:10.46 ID:9JK/COS/
政?「俺は席空けねーぞ」

234 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 17:09:32.06 ID:Dd6YvFtk
謙信はDQNとは少し違うにおいがする
切れる老人的な

235 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 17:34:36.54 ID:raFkBi0C
信長ラスボス的な紙一重枠だろ