井戸亀右衛門の業

2014年12月13日 17:55

2 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/13(土) 02:13:34.79 ID:ely2tu/9
丹後の国人である小野木縫殿助と江見某との間で、領地争いより合戦となったが、ここで江見は
敗軍し出撃して戦うことも出来ず籠城となった。そこに小野木は攻め寄せ落城は目前に迫った。
この時、小野木は家士に向かって、

「誰が江見の首を取ってくるか!?」

と呼びかけると、この時17歳の井戸亀右衛門と言う者が進み出て

「私が江見の首を取ってまいります!」

と言い放った。側に居た亀右衛門の兄はこれを聞いて弟を叱りつけた
「たとえ心に思う所あったとしても、諸士万座の中で若輩である汝が左様なことを申すのは過言である!」
しかし亀右衛門は声高に成って
「首を取れなければ確かに過言でしょう!しかし首を取り得たれば過言にはなりません!
私が首を取ることが出来るかできないか、兄であれば私の胸中を慮るべきなのに、過言であると叱るのは、
兄こそ過言である!」

そうして兄弟口論に及んだが、列座の諸士が双方を宥めて無事に相済んだ。

その夜、小野木縫殿助はこう言った
「亀右衛門を兄が叱ったのは、諸士に対して弟を戒めたわけで、至極尤もなことである。
しかし弟の面相は、兄と違い並々ならぬものがあった。彼は必ず首を取りに行くだろう。
先刻の亀右衛門は、江見の首を取るか自分の首が取られるかを決心した顔であった。」

さて、井戸亀右衛門はその夜、敵城へ忍び込み、江見の居室の軒下に忍んだ。
明け方、江見が起きだし未だ小具足を付けただけで一人軒先に出てきた所を、
足を捕らえて引き下ろし、難なく首を取り、塀を乗り越えて城外へと出た。
この亀右衛門は忍びの名人であり、かつ大力早業の持ち主で、塀を乗り越えるのも飛鳥の如き早さであった。
しかしこれまでその事を誰も知らなかった。
この事があって、彼の業は広く知られるように成ったのだという。

さて、小野木勢は翌日未明より城に攻めかかっていたのだが、そこに亀右衛門が江見の首を持って
塀を乗り越え出城の方に向かい

「小野木の家臣、井戸亀右衛門、敵将江見某を討ち取ったり!」

そう大音にて3度叫んだ。敵も味方もこれを聞いて大いに驚き、敵方はたちまち力を失い、
我も我もと落行き味方はたちまち城を乗っ取った。

この亀右衛門は後に細川家に仕えて二千石を領した。

(明良洪範)



3 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2014/12/13(土) 22:29:20.29 ID:z8iwcjaw
のちの亀忍者の元ネタである

スポンサーサイト