FC2ブログ

馬場頼周の謀略

2020年01月21日 14:08

750 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/21(火) 11:34:34.43 ID:BnZENNFy
肥前国の馬場頼周は、少弐の一族であり肥前国内に領地広く、その威勢はびこり、嫡子六郎政は
龍造寺家純公の聟として、龍造寺家と結ばれていた。であるのに、頼周には偏執の心有って、龍造寺の
威が強くなるのを嫉み、少弐冬尚へこのように申し上げた

「公は龍造寺を至忠の者と思召しているのか、龍造寺家門をも後見とされました。あの龍造寺剛忠は、
公の御ためを存ずるようにしながら、内々には大内家に内通し、自立を謀っていると聞き及んでいます。
これが誠であればまさに腹心の病であり、災が起こった後では悔いてもその甲斐はありません。
速やかに、先ず龍造寺剛忠を滅ぼし領地を召され、その後ともかくも御計策あるべきです。」

そのように言葉巧みに讒言したため、少弐冬尚もこれを信じ、馬場とともにその事を謀ったのは
実に愚かであった。これこそ少弐家を断絶させるための天魔の進めだったのではないかと、浅ましく
覚えるのである。

ともかくも時日を移すべからずと、謀をめぐらせて先ず龍造寺の御一家に命じ、西肥前の有馬に従う
者たちを退治するようにと言い、一方で西肥前の侍たちに密かに遣いを送り、有馬氏と通じて密かに
龍造寺を討とうとしたのである。

当家(龍造寺家)はそのようなこと夢にも思わず、軍士を率いて先ず多久宗時の梶峰城を攻め落とし、
六郎次郎周家を遣わしてその城を守らせた。十一月には上松浦を攻めて鶴田因幡守の大川野城を囲み、
日を経て弱らせた。同二十三日、龍造寺伯耆入道剛雲、同讃岐守、同日向守が先登して討ち死にされた。
城主の鶴田は和平を請い、波多三河守も和睦した。

天文十四年正月、千葉種連と龍造寺は連携して有馬を襲うため藤津郡に出張した。正月十六日、平井治部大輔、
前田伊予守、昌永左近等の諸侍が急襲してきたためこれと戦い、龍造寺右京允が討ち死にした。

同十八日、軍を返したが敵が食いつき難儀であった所を、於保備前守、龍造寺新五郎が志久峠にとって返し、
彼らが討ち死にしている間に味方はようやく佐賀へと帰った。

ところがこの時、西肥前の諸将悉くが押し寄せ佐賀を囲んだ。牛津川より東の諸侍、八戸、高木、神代、
姉川、本吉、小田、江上、犬塚、馬場、横岳、以下の人々一人も残らず少弐の命を受けて龍造寺を囲んだのだ。
佐賀城中はさながら籠の中の鳥のごとくとなり、これに馬場頼周は悦び、「この上は謀を以て容易く滅ぼすべし」
と、城中に入り剛忠公にこう申した

「今度の西肥前退治の事、全く有馬追討のためではなく、貴老が大内に内通していると讒言する者があり、
冬尚公もお疑いに成り、西肥前の人々に通じて貴家を絶やさんとするものである。とにかく、先ずは
ここから下城して貴老は筑後に赴かれるのが良い。そして御子孫を私が請け取り、御屋形に対し貴老に
罪のないよりを申し開きます。」

このように懇ろに言って帰った。しかし城中は評議まちまちとなりまとまらなかった。ここに馬場頼周はまた
遣いを立てて『それがし貴殿と縁を結び、別心更に無し。しきりに御屋形へ訴え三息を許されたのだ。
家純公、家門公、純家公は早く筑前へ赴かれよ。周家公、家泰、頼純は屋形に参り拝謁されるべし。
御一家免宥の儀も、この頼周がこのように有りますから、時日のかかることはありません。かえすがえす、
老心を悩ませることこそ推し量り存じ候へ。』と、誠に余儀なき内容であった。

老臣の面々「馬場頼周は誠に御縁者であると言っても、烏喙(欲深い)の相有る人であり、御下城されて
所々で憂き目を見られるより、ともかくこの城にて安否を極められるべきです。」と口々に申すのを
老公つくづくと思し召され、

「面々の諫言一理ありと雖も、つらつら事の心を思うに、野心の名を得て死ぬのは弓取りの本意ではない。
私に野心のないことは天が知っている。もし邪を以て正を謀るのであれば、私ではなく頼周が無道なのであり、
天がもし誠を照らすというのであれば、虚名がいつまでも語られることはない。ただ一旦の心地よきを
差し置いて、末代まで二心の名を得ない事こそ本意である。」

そう言って、正月二十三日、御嫡男である豊後守家純公、次男和泉守家門、並びに孫三郎純家を筑前へと落とされた
のである。

(肥陽軍記)

馬場頼周の謀略による龍造寺家の危機についてのお話



スポンサーサイト



少弐氏内紛と龍造寺氏

2020年01月20日 18:27

550 名前:1/2[sage] 投稿日:2020/01/20(月) 16:37:59.97 ID:cD4CUJU9
天文五年、九月八日、少弐資元は四十八歳にて多久城にて卒去した(実際には九月四日に、大内義隆の命による
陶興房の攻撃で資元は自害したとされる。)

少弐氏は日を追って衰え、大内は年月を得るごとに繁盛し、この時、西国平均の功莫大であるとして、
大内義隆を大宰大弐に叙任された。さらにこの年、天子御即位の料を調進したため二品に叙し、兵部卿を兼ねて
中国九州の諸将に冠として、その威万人の上に覆った。世の転変は今に始まったことではないが、眼前に
起こったのである。

勢福寺城にあった少弐冬尚は。父・資元の卒去を聞いて悲泣啼哭して前後を忘れるほどであった。
旧交の諸侍は憐れみを成し、或いは茶の会、酒宴をして冬尚を慰めた。
このような時に、江上尚種が盃をひかえてこのように申した

「おおよそ、人にとって世の栄枯は天の命ずる所であるから嘆くべきに非ずと言いますが、つらつらと
古昔を思うに、右大将家(源頼朝)の御時、御先祖資頼公を大宰少弐に補任されて下向あってより以来、
九州二島はその威に伏してきました。その間大内氏は、わずかに周防国に安堵し、異国の勘合船を
司るばかりであったのに、将軍家に対して聊か忠が有った故に、過分の俸禄を受け、あまつさえ今や
九州二島を横領せんとしています。
御当家の弓矢末に成り、大内のために脅かされること、返す返すも無念であります。ただどうにかして、
少弐家再興の謀がないものだろうか。」

これを聞いて、少弐冬尚を蓮池城に保護した小田覚派入道(資光)は申した
「それは誰も同じ心である。そして今大内家のことを聞けば、武備は廃れはて蹴鞠和歌のみを持て囃し、
栄耀満ちて欠けることを知らずという。時既に到れり、早速に軍を起こし旧好の武士を駆り集め、
冬尚公を大将として、先ず太宰府の代官・杉豊後守隆連を攻め落とし、すかさず中国に渡り少弐家の安否を
天道にかけて試すべし!」

そう申すとその場の面々は主の忠義を感じ、一同に「然るべし!」と申した。

しかしこの中にあった剛忠公(龍造寺家兼)は、席で姿勢を整え、言葉を和かにして言った
「この事、皆々が思っている所存であり、武家の本懐であるのだから、誰が進もうとしないだろうか。
然れども、退いて愚案を廻らしてみたのだが、大内家が和歌風流を好み風俗末になっていると雖も、いま
公方の御覚え朝廷の御恩厚く、九国を管領し中国を治めて、龍の水を得たごとくである。
陶、杉、相良等の老臣相並んで非を諌めるに身を庇わず、軍に望んで命を惜しむこと無し。
義隆は毎事を彼らに任せているため、国は治まり民は安らかである。これは我等にとって、天の時が
至っていないという事では無いだろうか。

密かに兵を集めて進もうとすれば、筑前の数城には敵が有り、退いて険阻に支えようとしても東肥前には
さほどの要害が無い。これは我等にとって地の利が全く無いことを示している。

今は大内の威風強く、三前二島(筑前、豊前、肥前、壱岐、対馬)のような代々相伝の国人さえ皆、
少弐家を捨てて大内に属している。況や他国では問題にも成らない。人の和が無いのである。
ただ時を待って命を全うし、徳を施し人を懐せれば、人みな往時を思い、招かなくても集まり、
何時であっても時が至ったと見れば速やかに恨みを報いる事に何の仔細があるだろうか。」

そのように、理を先とし義を旨として申されると、人皆尤もと同意した。
しかしその中で小田覚派入道は少弐冬尚を傍らに招き
「剛忠公は大内に内通したと覚え候。あはれ諸将の心を伺わずに、即座にその理を、あらかじめ
申しておくべき物を!」と言い捨てて帰った。少弐冬尚もこれに同意し剛忠公を憎んだためであろうか、
天道に背き家は断絶した。老公(剛忠)の忠心は違っていなかったのだ。後に龍造寺の家は起こり、
武名天下に響いた。

551 名前:2/2[sage] 投稿日:2020/01/20(月) 16:38:18.91 ID:cD4CUJU9
こうして少弐冬尚の疑念は溶けず、小田覚派入道と密談した。覚派入道は了承し、て、天文六年四月、
八百余騎を従えて水ヶ江に向かった。剛忠公はこれを聞くと「我全く冬尚に別心無し。これ天魔波旬が
覚派入道の心に入れ替わったのだ。」と、自ら逞兵を引きすぐり水ヶ江の東、木原村に出向し、天地を
動かして戦った。小田方の小田新九郎政光が横槍を入れて、水ヶ江の龍造寺勢が敗北しようとしたが、
剛忠公は諸卒を進め鬨を挙げて砕き難きを破る所に、龍造寺豊前守胤栄、和泉守家門、および鍋島平右衛門尉
清久、同駿河守清房が遅れ馳せに来て悉く突き返し、駆け立ち攻めたため、小田方は散々に打ち負け、
悪しくなって引き退いた所を、龍造寺方は蓮池の城下まで押し詰め首数十を討ち取って静かに陣を返した。
少弐冬尚は両家に扱いを入れ、互いに和平となった。

(中略)

天文十年、龍造寺剛忠公の水ヶ江の御館の門の前に、編笠を深くかぶった美美しい男が一人、何処からともなく
来て佇んでいた。館より士が出て「誰か」と問うと、「我は少弐冬尚と申す者である。剛忠翁に一言云いたい
仔細有って、ただ一人来た。」と宣われた。

剛忠公は急ぎ御出になり、奥へ請じて「現なき御有様かな、何のために御渡されたのでしょうか。」と
尋ねると、冬尚は涙を流し
「我、今大内に家を削られ家業断絶せんとしている事、天運とは云いながら遺恨更に止みがたい。
今国中を見るに、御辺は末頼もしい人であれば、少弐家再興の事、偏に御辺を頼みたいのだ。
もし承引無ければ命を白刃に縮めて恨を黄泉に報じよう。」と申された。
剛忠公も数代の旧恩であればどうして拒否を申されるだろうか、その上御有様を見て老涙さらに留まること無く、
「ご安心思われ候へ、それがし微力の限り粉骨を尽くします。」と申し、人を数多付けて冬尚公を城原城へと
送り、御次男家門を以て後見とし、江上尚種、馬場頼周と共に少弐を補佐した。

(肥陽軍記)

天文六年の少弐家の内紛とその顛末。ちなみにこの小田資光、あの常陸小田氏の支族ですね。



552 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/20(月) 18:43:40.88 ID:OUJ9NcWW
鍋島直茂が一旦養子入りした千葉とか、あの辺は元寇時?に下向した坂東武者の子孫が多いよね

552 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/20(月) 18:43:40.88 ID:OUJ9NcWW
鍋島直茂が一旦養子入りした千葉とか、あの辺は元寇時?に下向した坂東武者の子孫が多いよね

553 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/20(月) 21:12:49.07 ID:RWxrI8n9
>>549
熊さんなの竜造寺じゃなくてむしろ鍋島直茂のおじいちゃんだったのか
肥前の熊って異名となんか関わりあるのかなー

田手畷の戦い

2020年01月19日 21:24

549 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/19(日) 14:17:38.24 ID:ZiDYjxZ8
三前二島(筑前、豊前、肥前、壱岐、対馬)の守護である大宰少弐政資は、去る明応六年大内義興に滅ぼされた。
嫡子少弐高経も討たれ、家は既に断絶の様相であった。
ここに政資の次男が、父生害の時は十歳であったがこれを東肥前の馬場、横岳(資貞)らが、慈恩を忘れず同国
綾部の城に取り隠した。彼は成長の後父兄の古きことを思い出し、世の転変を伺い、どうにかして義兵を挙げ
会稽の恥を雪がなければと肺肝を砕いた。横岳資貞はこれを憐れみ、元服を進め、少弐資元と名乗られた。
彼は密かに廻文をまわして旧好の武士を招き、時を待ち、運を計った。

大内に付き従っていた肥前の諸士は抜け抜けに馳せ参り、また豊後の大内(政親)もこの事を聞いて、資元を
聟に取ったため、その威勢いよいよ強くなり、大内に対し謀を成した。

大内家はこれを伝え聞くと安からず思い、急ぎ討手を遣わそうとしたものの、思いもよらずそれが延引した所に、
少弐資元は対馬の宗対馬守義盛を通して京の将軍家に訴え、家断絶を嘆き申し上げると、将軍足利義稙公は
この訴えを御許容あって、肥前守に成し給わった。

大永の末の年、肥前国の筑紫尚門、朝日頼貫の讒言によって、大内氏(大内義隆)は少弐資元を滅ぼそうとし、
大宰府に在った大内の代官・杉豊後守興運は筑紫、朝日と談合して、享禄三年の秋、1万余騎を催して
東肥前に乱入した。この時少弐資元は多久の城に隠居し、新たに嫡子の少弐冬尚が綾部城を守っていたが、
馬場、横岳、武藤出雲といった人々を駆り催し、東肥前に出向して天地をひしめき防ぎ戦った。

杉の軍は勝ちに乗じ、少弐冬尚は退いた。神埼に陣していた龍造寺和泉守(家兼)は、家門である少弐の
難儀を聞き、一族を率して一つになり先陣に進むと、保、高木、小田、犬塚等の諸侍も鞭を上げて少弐に
馳せ加わり、田伝村にて相支え、ここを最後と戦ったものの、少弐方はついに敗色になって、先陣の龍造寺勢も
御陣が崩れようとした、その所に、

ここに誰とも知らぬ、赤装束の赤熊(の面をつけた)武者が百騎ばかり陣中より出て、追いかける敵を切り崩した。
杉方は思いもかけず突き返されたため色めき立った。これに剛忠公(龍造寺家兼)は大いに力を得て、自ら諸卒を
いさめ、突き戦った所、中国方は散々に敗北し、討たれる者数しれぬ有様であった。朝日頼重と筑紫尚門は
ただ二騎踏み留まり、「返せ返せ!」と呼に敵を数多討ち取ったが戦死した。その他少弐方が討ち取った
首は八百余級であった。

少弐冬尚は勝鬨を執り行い、龍造寺剛忠公の軍功を感じて、同国川副庄一千町を授けられた。大内は安からず思い
将軍家に少弐を誅するべしと訴えたが、御免無き故に双方無事となった。

かくして龍造寺剛忠公は御帰陣の後、あの赤熊武者について問うた所、その答えは
「彼らは本庄村の牢人、鍋島平右衛門尉清久父子とその一族です。年来彼の地に居住し、いかにしても
今後の機会に武功を顕して一所でも安堵を得たいと思っていた所に、今度の乱が出来て、これを幸いと
討ち出てきたわけですが、『中国方に付くべきか、少弐殿に参るべきか』と疑議を成し、本庄の神社に参り
鬮にて占い、その結果として参ったのです。」

これを聞いて、龍造寺剛忠公は御感のあまり、鍋島清久の嫡子・左近将監清正を聟に取ろうとしたが、既に
妻が有ったため、次男・孫四郎清房を、嫡子である龍造寺家純公の御娘に娶せ、本庄の八十町を聟への
引き出物とした。彼は後に、駿河守清房・法名剛意と名乗った。
これより龍造寺剛忠公の威勢次第につのり、近境を覆わんとした。

(肥陽軍記)

少弐勢が大内氏を破った田手畷の戦いと、鍋島清久の「赤熊の計」についてのお話。



553 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/20(月) 21:12:49.07 ID:RWxrI8n9
>>549
熊さんなの竜造寺じゃなくてむしろ鍋島直茂のおじいちゃんだったのか
肥前の熊って異名となんか関わりあるのかなー

573 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/22(水) 19:08:20.57 ID:33CWx1bL
>>553
サラッと流されてるけど龍造寺家兼はこの時点ですでに77歳のお爺ちゃんだよな

574 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/01/23(木) 00:11:18.39 ID:wsaLouGR
>>573
凄いな。人望もあったんだろうな。