FC2ブログ

戸次川合戦後の讃岐について

2017年11月10日 21:30

290 名前:人間七七四年[] 投稿日:2017/11/10(金) 11:19:14.92 ID:2QZmOQNt
戸次川合戦後の讃岐について

ある時十河猪兵衛に会い、豊州利光川の戦(戸次川合戦)
存保戦死について問うたところ
猪兵衛曰く、我は幼主千松丸に属せられ参陣せず
父の猪右衛門、十河但馬、松田宗閑などの忠臣は皆死をもって従った
存保の命を伝えて来る者もあり、死亡を逃れて来る者もあるゆえ
我が見ていない事を語っても益はないだろう、と前置きし語り始めた

存保筑紫にて戦死の日は十二月十二日である
その日の八つ時分に、兵卒三百人ばかりが旗十流ばかりを靡かせ
十河の城に入るのを田畝に耕す農人が見た
次の日、近境の者どもが還陣を賀そうとやって来たが
城中の者はそのような有様を知らず、不思議な事だと言い合った
そんなことがあった数日後に、豊州戸次川にて
存保が戦死を遂げられた報告が届いたそうである
家人どもは十河家息男千松丸に付き従い、十河の城に留まり
仙石秀久は豊州の敗軍を恥じて讃州に入らず
直に高野山に入ったと聞いている

(続く)

291 名前:人間七七四年[] 投稿日:2017/11/10(金) 11:20:29.39 ID:2QZmOQNt
また天正十五年正月、讃岐の国を尾藤甚右衛門尉賜いて入部し
兵卒を催し、筑紫陣(秀吉の九州平定)の用意をすることになった
去年の年貢は残っておらず、今年の収穫も先のため、手だてなければ
寺社領、神社仏閣の敷地まで検地を入れ、軍中の資用を宛て課した
国中の商家遊民に課役をかけて催促したが
はかばかしく財産も集まらなかった
仙石氏出陣の時と比べ、三分の一の形相にも及ばずして
九州へと赴いた事を思えば、高城の夜戦の際(根白坂の戦い)
尾藤氏が痩せたる兵をもって島津方の逞兵にあたり
固く守りて出なかったのは、己を知る者であったからである

神子田中左衛門は信長卿の御家にて
竹中半兵衛と両半と言われし弓矢巧者であり
この度、秀長卿の介添として日向の国に発向したが
高城の夜戦の際、善ヨウ坊を救わずをもって
改易されると言う人あるが、我はその実否を知らない

292 名前:人間七七四年[] 投稿日:2017/11/10(金) 11:21:17.92 ID:2QZmOQNt
それ小軍夜に紛れていくさを起こし挑む事は、大軍にとって大事である
総軍皆出でて戦う時は、彼我を分かたずして、同士いくさするものだからだ
各陣固くして夜の明くるを待ち、敵の退き口について朝合戦をなすべきで
これぞ大軍の手だてである
秀吉公は勇戦を好まれるがゆえに、その時勢を糾さずして
尾藤が落ち度として讃州を没収されたのである

(南海治乱記)




スポンサーサイト



神子田は戦功多しと雖も

2017年04月10日 17:46

羽柴秀吉の下に、天正の初めの頃、軍功度重なる輩として、神子田半左衛門(正治)、宮田喜八(光次)、
戸田三郎四郎(勝隆)、尾藤甚右衛門(知宣)の四人があった。彼らは戦のたびに必ず戦功を等しく成し、
世に広く知られていた。

秀吉が初めて播州を領した時、彼ら四人を賞して、録五千石が与えられた。
宮田、戸田、尾藤はこれに甚だ不満で悦ぶこと無かった。
しかし神子田ひとり大いに喜び、拝領の礼を整えようとした。
これに他の三人は異議を唱えた

「四人は同じく戦功を致した者たちなのだから、他の三人が同じように礼を致していない以上、
神子田もこれを請けず、三人と同じようにするべきだ。」

神子田はこの意見に
「私が大いに悦んでいるのは、領地を与えられたことを悦んでいるのではない。
我等四人の事は、その手を尽くしての勤功、誰が超える者があるだろうか。

今、秀吉様は播州の大国を領せられた。これまでに比べてその余分の多いことも知っている。
であるのに我等には「家中に分配して余りが無いため、先に少知を与える。」と命ぜられた。

この言葉は、我等を無知無才の者扱いしている。
無知無才の我等と考えれば、この五千石も身に過超しているではないか。
ここを以って悦んでいるのだ。」

そう答えたという。

神子田は戦功多しと雖も、常にこれを誇って秀吉を蔑如していた。

(士談)



728 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/10(月) 21:32:49.38 ID:eowKfctM
神子田って面倒くさいけど権現様のところならうまくやっていけたような気がする

729 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/11(火) 14:06:36.84 ID:f2YAzpKz
神子田はそういうんじゃなく三成の武官版みたいな印象。

兎と鯉を

2015年05月04日 13:53

919 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/04(月) 09:40:02.75 ID:/piRYIUZ
三郎(戸田勝隆)と甚右衛門(尾藤知宣)が、ともに狩に出かけたことがあった。
三郎は山鳥と兎を仕留めたが、甚右衛門は何も獲物が無かった。
がっかりした甚右衛門に、三郎が「獲物がなくば面目もたつまい。ならば釣りでもしよう」
と誘い、帰り道の沢で餅を食いながら釣りを始めた。
すると今度は、甚右衛門は見事な鯉を二匹釣り上げたが、三郎は何も釣れなかった。
そこで、二人は兎と鯉を交換して帰った。
秀吉公がまだ長浜城主だった頃の話である。

(松庵説)

(*゚∀゚)=3 ウホ




「尾藤甚左衛門はいないのか」

2012年10月22日 20:31

32 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/22(月) 07:33:02.40 ID:tbKKK4Yy

ある戦いで織田信長の先手が敗北し、既に旗本まで危うくなってきた。
この時、信長が「尾藤甚左衛門はいないのか」と家臣に尋ねた。

「三の備えにおります」
「ならば苦しからず」

そう答えた信長は騒ぐ様子もなかった。案の定二の備えも破られたが、
三の備えが受け留めて突き返し、敵は敗れて引き退いた。

――『名将言行録』

甚左衛門って…甚右衛門知宣のこと?




豊臣秀吉、尾藤知宣の殿に

2011年01月26日 00:00

513 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 13:10:55 ID:7BjZsWcw
豊臣秀吉による九州役の時のこと

ある合戦に置いて秀吉は、尾藤甚右衛門知宣に殿を命じた。さらに

「今日の殿は大変重要である。撤退中敵が追って来ても絶対にそれと戦ってはならない!」

さて、実際に軍を引き上げると、案の定敵が追ってくる。尾藤は命令通りにこれを相手にせず
引き上げ作業を続けたのだが、はるか後方の山上にいた秀吉は、その様子を見て激怒した

「どうして尾藤は合戦をしないのだ!?あいつは大腰抜けだ!!」

そうしているうちに無事兵の撤収を完了させた尾藤が戻ってくる。「何故戦わなかった!?」
尾藤の顔を見るやいなや秀吉は猛然と叱りつけた。

これには尾藤も戸惑うしか無い
「先に、絶対に戦ってはならないと命ぜられました。それ故に相手にしなかったのです。」

しかし秀吉
「合戦をしないようにとの命令は大法である。だが明らかに敵を討ち取る事の出来る状況に引き込んだ時、
これと戦わないのは目が明いていないのと同じことだ!
まあ佐久間備前、大膳兄弟のように、戦うべきでない時でも合戦をする連中よりはましだろうがな!」

そう言って尾藤を下がらせた。
ちなみにこの佐久間備前、大膳兄弟とは、賤ヶ岳の結果死んだ佐久間盛政の弟たちだだったそうだ。

ところでこの場に蒲生氏郷がいた。氏郷は秀吉に
「先程のお言葉、佐久間兄弟にとって誠にかたじけない仰せでありました。
そこで佐久間兄弟を、私に家臣として頂けないでしょうか?」

秀吉はその望みを許し、氏郷に佐久間兄弟を与えたということである。秀吉に悪例として出された
佐久間兄弟への、氏郷のフォローだったのだろうか。


とにかく全部の歯車がかみ合っていない感じの、妙にもやもやする九州役のヒトコマ。




514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 14:20:18 ID:0pCPIw3z
言われたことしかやらない、できない
戦国のゆとり社員それが尾藤知宣

515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 14:31:11 ID:3i5yRyCP
言われたこと以外もやっちゃうセンゴクは?

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 14:55:20 ID:md7ywBoV
結果出るなら無問題

この前の伊野波みたいなもん。

517 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 14:56:28 ID:lMIlZzwV
>>514
これ仮に戦ってても太閤殿下は叱責したと思うよ
尾藤が気に入らないんだろう

518 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 15:05:12 ID:DuOMYhfy
戦って勝つ→なぜワシの指示を無視した!と叱責
戦って負ける→ワシの指示を無視して負けるとは獄門だな、GOKUMON
戦わない→叱責

何この無理ゲー

519 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 15:09:04 ID:f+Ju0cLj
>>517
俺もそう思う

520 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 15:12:40 ID:66axgH2J
秀吉「指示待ち人間はいらねえんだよ」

指示無視で結果を出すのを繰り返して出世したのが加藤清正か

521 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 15:41:19 ID:eQtjHPU+
ラスボスは信長死後になると、自分の織田家時代からの古参家臣に妙に厳しいというか、冷たい。
当時はまだ自分も偉くなる前だから我慢しながら使ってたけど、もう我慢する必要無いってか?

522 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 15:48:01 ID:99TntDbz
古代中国の越王勾践みたいに
昔の弱かった・つらかった時期を知ってる家臣が疎ましかったのかもね

526 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 15:53:00 ID:jFzytkmR
能力第一主義、厳罰主義なんだろ。
イメージ的には信長の影に隠れているが、親族関連以外は信長より徹底してると思う。

尾藤知宣追放顛末

2010年10月05日 00:00

471 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 17:55:52 ID:8o1Rz01M
豊臣秀吉の九州征伐の、最後の主力決戦となった
天正15年4月16~17日にかけて行われた日向根白坂の戦。

さて、この戦いに、日向方面の大将である豊臣秀長は出陣しなかった。
この事が秀吉の耳に入ると彼は弟への憤りを隠さなかった

「大納言(秀長)はどうしてそんな油断をしたのだ!?
幸いに薩摩勢の方から出てきたのだ、秀長の陣地は特に念入りに普請し
防衛力に問題はなかった。ならば軍勢の一部を陣地に置いて、秀長の手廻りの人数を始めとして
密かにひたひたと敵に取り付けば、薩摩勢を一人もとり逃すことなく殲滅できたはずだ!
この油断、沙汰の限りである!

薩摩軍に襲撃された宮部継潤の近くに陣取っていたものは誰か、その様子など絵図面に取って早々に持って来い!」

すると、尾藤知宣が宮部の陣の近くに陣取っていたことが解った。
秀吉は尾藤の元に、森(毛利)勘八を叱責の使者として送った


森勘八は聞く
「秀吉公は『甚右衛門(尾藤知宣)はどうして薩摩勢に攻撃しなかったのか、さては裏切ったか!』と
ご立腹になっております」

これに尾藤
「その事でありましたら、私はあの時秀長様に『幸いにも薩摩勢が出てきました、一人残らず
討ち果たせるでしょう!彼らを破った勢いのまま直に薩摩に入ることも可能です。
秀吉公から激賞を頂けるのも、眼前のことでございます!』
これには黒田官兵衛・長政親子も賛同し、共に秀長様に申し上げました。

しかし秀長様は
『それぞれの持ち口の陣中を堅固に固めよ。
薩摩の戦術は表より裏に人数を多く控えさせているものだと聞いている。
今襲撃に出ている薩摩勢に対し人数を出すことは、まったく無用である。』

このように言われた上は私にはどうしようもなく、そのまま陣にとどまったのです。」
そう証言した。

さて、秀吉の使者である森勘八はこの後豊臣秀長の元に行き、尾藤の証言内容を確認しようとした。
秀長は尾藤の証言内容を聞くと、ふと
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4695.html
で、尾藤が自分に放った悪口を思い出した。そして

「甚右衛門はそんな事はまったく言っていない!黒田官兵衛は確かにそう言ったが、
薩摩勢が山の裏に人数を控えさせているという情報が入ったため、大事をとって動かなかったのだ!」

そう、森勘八に申し聞かせた。

この双方の証言を聞いた秀吉は、やはり兄弟であるためだろうか、秀長の言うことを全面的に信じ
尾藤知宣を追放処分とした。

黒田官兵衛には、秀長の証言より問題はないということで、何の処分も下されなかった。



尾藤知宣追放にまつわる逸話である。




472 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 18:45:31 ID:/sG/3cGv
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3487.html

二枚舌すぎるだろ、尾藤知宣……

473 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 18:58:37 ID:Jsc5Z0wd
これ見ると逆恨みで秀長の悪い話に仕立て上げたんじゃないかという想像すら出来るなぁ

474 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 19:08:08 ID:a4yrJLZY
>>472
>>473

>>471は川角太閤記にある話なので、事実かどうかはともかく尾藤の追放に関してそういう話が
当時言われていたのは確かでしょうね。

475 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 19:51:31 ID:DZ2skrXP
秀長さんは直臣の高虎が手柄あげてたしねー。

478 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 23:17:40 ID:SAordeq+
>>475
二股膏薬と400年後大歴史小説家SIBAに罵倒される私ですが、この時代は忠義者だったんですよ。
だって秀長様と私はあーっの間柄だったんです。

479 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 23:27:34 ID:1bUqGJ47
最近、秀長さん評判悪いなw

480 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 23:48:21 ID:QR7Q7wFZ
>>471
ラスボス「この一件だけが原因ではないぞ
かつて長久手で軍監やらした時に
援軍を待たずに強硬策を採決した挙げ句に
優秀な武将2名を見捨てて逃げた
尾藤知宣を許せると思うか?
豊臣幕府に無くてはならなかった彼らを死なした罪は重い!」


481 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 00:35:41 ID:i1vxcE3V
>>480
作戦立案、あんたですやん…
忍城水攻めといい、なんだかなぁ。

尾藤甚右衛門知宣、豊臣秀長を批判する

2010年10月02日 00:03

377 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 18:25:38 ID:6lCDoIFL
九州征伐における
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4683.html
の、日向根白坂の戦いの前、宮部継潤をはじめこの地に陣取っていた豊臣軍は、深刻な食糧難に陥っていた。

宮部の陣に程近くに陣取っていた黒田親子、並びに尾藤知宣の陣では兵糧が尽きて4日間も経ち、
食料といえば山に入って取ってくる山芋や筍、といったものしかなかったという。

そんな時大納言、豊臣秀長が兵糧1万石を携えて日向の浦に入った。
日向に滞陣していた諸将はみな、その兵糧を自分たちに分け与えてくれるものと考えていた。
所があにはからんや、秀長はこの兵糧を販売すると言い出したのだ。しかもたいへんな高額で。
これには日向滞陣の豊臣軍全体が憤った。

しかし憤ったものの、秀長はこの方面の大将であり、大名小名はみな、秀長のもとに挨拶に出た。

さて、毛利輝元が秀長のもとに挨拶に行った時のことである。
そこには先に2、3人の大名があり、秀長は輝元にこう声をかけた

「今日は雨が降っております。雨が止むまでこちらでゆっくりとよもやまの話でもして過ごしましょう。
食事も用意しますので、他のみなさんもどうぞごゆっくり。」
こう言われて、輝元を始めその場に居た大名たちもそれに従った。

ところで尾藤知宣も挨拶に来ていたのだが、一足先に帰ってしまっていた。
そこで秀長は使いを出し、帰る途中の尾藤を捕まえて戻ってくるように言った。

「皆様お残りになって秀長様よりご馳走をいただくそうです。尾藤様もお戻りになって
皆様とご一緒してください。」

これに尾藤は激怒した。使者に対し
「わしは戻ったところで秀長様に支払う食事代の持ち合わせもない!よって
このまま直に陣屋に帰らさせていただく!」

そう言い捨てて帰陣した。
これは兵糧米を売って利益を得ていた秀長への、強烈なあてつけの言葉であった。

「尾藤は秀長の兵糧米の売買がどうしても許せず、そのようなことを言ってしまったのだろう。」

人々はそう囁きあったという。


尾藤甚右衛門知宣、秀長を批判する、と言うお話。




378 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 18:42:41 ID:2n3PWEX4
当時は自弁が基本なんだから、そりゃあ秀長も無料ではやれんわな

380 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 18:54:49 ID:0hHHAOTW
九州征伐で島津がもうすこし我慢すれば兵糧不足で豊臣方が自滅したという宣教師の観測は
やっぱり当たってたのか。
しかし、数万の大軍が食料の足しにできるほど山芋や筍があったのかw
どれだけ豊かな山なんだ

381 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 19:09:05 ID:c0fcTMIs
>>380
いや、根白坂の時点では秀長軍が合流しているのだし、秀吉本隊もあるしで、
あそこからいくら我慢しても無駄。

382 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 19:37:02 ID:k+hVjsQy
きのこの山・たけのこの里

384 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 21:13:36 ID:w/aBGDTQ
兵站の概念をもってなかった武将が多いってこと?
小田原攻めた時は深刻じゃあなかったでしょ。改善したの?

385 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 21:19:46 ID:t0566sm2
尾藤が消極論に終始して失脚を遂げるが、このへんが伏線かね

386 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 21:26:07 ID:J0qrwTO9
>>384
兵站システムでは秀吉が世界の最先端を行ってたから、
各大名ごとに差があったのがまだ統一されてなかっただけじゃね?

387 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 22:52:30 ID:BrMA9QwP
九州征伐で島津がもうすこし我慢すればきのこ・竹の子論争で豊臣方が自滅したという宣教師の観測は
[ 続きを読む ]

石田三成と秀吉の見せしめ・いい話

2008年10月16日 10:08

460 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/07/11(金) 12:01:29 ID:nm+y5XnB
「のぼうの城」で有名になった秀吉の関東征伐における忍城攻防戦。
あの話には実は続きがある。

交渉の結果無血開城となった忍城、そのことを知らせた三成に対し、秀吉からの返答は

「約束は関係ない。城の者どもは皆殺しにしろ」

だった。
三成はそれに強硬に反対。「我らは天下人たる秀吉様の名をもって約束したのである。天下人の面目のためにも
無血開城を許すべき」との強諫状を秀吉に送りつけた。
秀吉はそれをしぶしぶ認め、結果、忍城は無事無血開城された。

が、

秀吉はこの三成の行為にかなりの不快感を持ち、見せしめのため、秀吉草々頃からの家臣であり
三成を秀吉に推挙した、三成の妻の伯父に当たる、尾藤左衛門尉知宣を、下野那須野ヶ原に於いて斬殺した。




461 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/07/11(金) 13:04:01 ID:rD2d70ZH
うへぇ 「戦国 か な り 悪 い 話」になってる
ま、秀吉の実像を知っている人なら驚かない話ではあるな。

464 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/07/11(金) 14:28:25 ID:U8OSaxyE
秀吉話の場合最後に必ず誰か殺すんだなw

486 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/07/14(月) 06:37:58 ID:SqmWSjTB
>>460
三成って良くも悪くも正義感強すぎたんだな