FC2ブログ

加藤貞泰は、途方にくれていた

2012年10月30日 19:59

138 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 19:30:08.41 ID:XcVku1Kq
秀吉への初めてのお目見えを控えた加藤貞泰は、伏見城内で途方にくれていた。
彼にとって初めての殿中であったし、また若輩であったものだから、城内で大いに迷ってしまったのだ。

貞泰はなぜこんな事態に陥ったのか?それは、彼を御前へ誘引してくれる者が誰もいなかったからである。
大事なことなので何度となく繰り返すが、彼の父・加藤光泰と石田三成は不和であり、旗本の諸臣は皆、
三成にへつらっていたのだ。

しかしその時、山本嘉兵衛尚則という人物が貞泰を見つけ、自ら供を申し出てくれたうえ、
お目見えの式を整えてくれた。

貞泰はこの時の恩をずっと忘れず、後年、大坂落城で山本尚則が没落した時には、手を差し伸べ、
家中に招いたのである。
尚則は「老齢であるから」と辞退したのだが、貞泰は彼に隠居料を与えるとともに、
その子・三郎兵衛則兼を臣下にしたという。
(加藤光泰貞泰軍功記)




139 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 19:38:22.62 ID:38HGUZFm
>>138
なんだか久々に純粋に良い話だな
有名な人はなんだか裏がありそうだけど。

140 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 19:47:54.90 ID:sJa/mzJc
親切はしとくもんだね!

141 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 20:33:22.90 ID:UOfu71bB
家督を継いだのが14歳ということなので、そのあたりの出来事として、純粋にありがたく思ったのかも。

142 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 20:41:11.19 ID:lrjK18kf
迷ったのは事実だが、それを三成のせいにした様に見えるのはきっと気のせい

143 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 21:44:45.14 ID:B4hZUQSB
14歳でぼっちか・・・

おいやめろ

144 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/29(月) 22:27:38.00 ID:+skKrbQG
親父がアレで息子がぼっちとか目頭が熱くなるな

145 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/10/30(火) 01:08:55.25 ID:UbAfimao
つーかこの手の無理やり三成を悪者として登場させて
踏み台にしてる系のいい話ってなんか感じ悪くて嫌いだわー。
書いた奴の魂胆が見え隠れするっていうか
スポンサーサイト