FC2ブログ

岩城重隆婚約破棄事件

2013年04月29日 19:50

451 名前:1/2[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 00:09:36.98 ID:0q8LlLTo
大永4年(1524)、相馬顕胤は義父である伊達稙宗より相談を受けた。稙宗はその嫡男である晴宗に、
そろそろ妻を娶らせたいが、岩城重隆に年頃の娘が有ると聞く。これを嫁に迎えたい。
ついて近隣である相馬が取り次いで頂きたい、というものであった。

これを承った相馬顕胤は家臣たちと相談。木幡出羽守を岩城へと派遣した。
岩城側の相馬との取次は志賀寒虫という岩城家家老であり、先ず彼の邸宅を尋ねた。
双方、普段から交流のある中であったため、寒虫は直ぐに出てきて
「今日は一体何の御用だろうか?」と聞いた

これに木幡は先ず「岩城重隆様には、確かご息女があられましたな?」
「確かも何も、殿はお子様はご息女お一人だけで、大変に愛していらっしゃっている。
それよりも、何故そんなことをお聞きに成る?」
「ええ、そのことです。顕胤が私をこちらに遣わしたのは、岩城重隆様のご息女を、
伊達稙宗様が御嫡男の晴宗の後妻女として貰い受けたい、と願われまして、顕胤に媒をお頼みに
なられたのです。
御存知のように顕胤は稙宗様の婿であり、また若輩でもありますのでこう言ったお頼みは
断ることはできません。どうかあなたから重隆様にこの事を申し入れられ、首尾良く出来ますように、
あなたの才覚に任せ入る所であります。」

寒虫聞いて
「そのお話は、私のような者にとっても喜ばしいことです!むろんご息女様は未だ誰とも婚約なども
しておられぬ。ですが私ばかりがこのように申していても仕方がない。 これから重隆に申し伝えて
話を決めてきたいと思う。暫くここで待っていて頂きたい!」
そして早速登城しこの話を重隆に説明すると、重隆も
「私の娘を伊達に遣わすことといい、相馬が媒酌人を勤めることといい、万喜千悦、限りないほどである。
しかし伊達は大身であり、我ら岩城は小身であれば、不相応であるという事にさえ異議がないのであれば、
この縁組は実に有り難いことである。」

寒虫これに
「岩城の事は、例え伊達が知らないとしても、相馬殿は燐郡であれば良くご存知です。
そして御心にかなったからこそ、こうやって仰せ出になられたのです。」
「そういう事ならばこれに何の問題があろうか。但し私には跡継ぎが居ない。私の娘と晴宗殿の間に
子供が出来たなら、嫡男を給わって我が跡を継がせたい。そうそう、乳母にもこのことを聞かせるように!」
と言われたため、寒虫は息女の乳母のもとに行きこの事を話すと、彼女も大いに喜んだ。
この頃岩城重隆は妻を亡くし、独り身であった。

さて寒虫は御前を下がり帰宅して、待っている木幡に早速報告した
「さてさて、目出度く殿はご了承なされた。こちらは固く事済みました。伊達については、
相馬殿にお任せいたす。」
木幡出羽も「どうぞご安心下さい」と、直ぐに帰ろうとしたが、寒虫から「このように目出度いことですから、
祝儀の一献を」と饗応を受けた。

木幡は帰って顕胤に詳細を報告し、顕胤から伊達稙宗に、岩城重隆の存念は残らず伝えられ、稙宗からも
大いに喜ばれた。
が、この輿入れは延期された。それはこのような事が起こったためである

相馬の方では新婦のための座所が完成し、この事は岩城にも伝えられ、もはや伊達稙宗からの
受け入れ準備の完了を待つだけ、という状況であった所に、羽州名掛の者で、小高町に住んでいた
商人が、岩城の町人からこのようなことを聞いたのである
「岩城殿の娘は、白河殿(白河結城義綱)の御嫡男(晴綱)の所にお嫁ぎになると、もっぱらの噂です。」

この商人は岩城のご息女が相馬家の媒酌で伊達に嫁ぐということを聞き知っていたため、実に
不審なことだと思い、商売の品を宿に預け、すぐさま岩城から小高まで帰り、もはや暮れ時であったが
そのまま木幡出羽守の台所を尋ね、「お殿様に直接お伝えしたいことがあります!」と言う、
何事かと木幡出羽出て、彼に話すように言えば、「実は…」と、岩城での噂をありのままに伝えた。

これを聞いた木幡、賤しき者の言葉ながら、ともかく殿にお知らせしなければと、もはや夜間であったが
急ぎ登城し顕胤に申し上げた。顕胤はこれを聞くと笑われ
「夜中に何事かと思ったが、岩城重隆ほどの人物が、どうして娘一人に婿八人というような事を
するだろうか?町の者の無責任な噂など、取り上げるほどのことではない。」

452 名前:2/2[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 00:10:28.88 ID:0q8LlLTo
しかし木幡
「しかし、現在は自分だけが勝てば良いという世情であります。今日は今日、明日は明日などと
別けて考え、どんな約束も頼みには出来ません。先ず諸老臣とこれに関して評議すべきです!」
「実否もわからないまま老臣を集めて評議しても仕方ないだろう。では小人二人、歩卒一人を
商人に変装させ、白河に遣わして様子を探ってこさせよ。」

そうしてこの3人に、台所に有った鰹節や麻を少々、商品として持たせ遣わした。
一両日して彼らは帰ってきて、報告する

「岩城殿のご息女と白河殿との祝言が、近々必ず行われます!」

老臣たち尋ねる
「どうしてお前たちはそのように言い切れるのか?」
「それはこういう事です。巷説は勿論のこと、染屋、鍛冶屋。木細工屋などが、急ぎ
婚礼用具の用意を命ぜられているからです。」
相馬顕胤は予想外のことであると驚き、一族諸老を集め相談し、とにかく取次の志賀寒虫の元に
使者を遣わし事情の説明を求めることになった。

寒虫は使者の言葉を最初笑っていたが、やがて驚き、「重隆が私に聞かせないような事は
よもや無いとは思うが、とにかく重隆より承ってまいる!こちらで暫く待っていてほしい」
と、直ぐ様登城し御前に出た

「相馬殿より使者が使わされ、このような事を言って来ました。殿はそのような不義をなさったのでしょうか?
そして何故それを私に仰って頂けなかったのですか!?」
しかし岩城重隆は扇で頬杖をついて、寒虫から何度声をかけられても答えなかった。
重隆は大変な上戸であり、この時も昼間から大酒を飲んで泥酔していたのである。

それでも寒虫は詰問した。「相馬からの使者をどれだけ留め置く気ですか!?本当に白河と縁組が
有るのであれば、その理由をご返答あれ!」

すると重隆は顔色を変えて
「どうしてだと!?白土与七郎が言うには、伊達はその領地が我らから遠く離れており、
多くの郡を隔てている以上、婿を仕ったとしてもなんの役にも立たない。
一方白河殿は、何を申し合わせるにせよ燐郡であるので便宜であり、また子が出来れば貰って
家督に立てるのも易き事である。内々に白河殿よりお望みがあったが、既に伊達から先に話が来ていると
申した。ところがそれは以ての外の分別だという。しかし伊達と、相馬殿の媒酌で先に縁が決まった以上、
これを取りやめるのは難しいと言うと、白土は、それは大丈夫だ、白河と岩城が一和すれば、どこからも
手出しなど出来はしませんし、時が経てばどうとでも成ることです。是非白河に嫁がせて頂きますように、
と言うではないか、よってそのようにしたのだ!」

この白土与七郎志賀寒虫と同じく岩城家の重臣で、白河結城氏との取次であった。

寒虫は怒り
「さてもさても、殿は御運がお尽きになった!相馬殿が木幡を使者に立て固くお約束なさったことを
お忘れになったのか!?今に見給え、相馬伊達の両勢にて岩城は攻められますぞ!ですが御家に忠義の
者達も、私を始めとして不義の将に忠戦致すものはおりませんぞ!そうなれば岩城は滅亡の時です!」

そう言い捨ててそのまま御前を退去した。そして相馬からの使者にもこの事を知らせ、
使者から詳細を聞かされた相馬顕胤
「さてもさても、重隆殿はなんという無分別の人だろうか、相馬を何だと思ってその様な事をなさるのか」
と言い捨て、その後何も言わなかった。

志賀寒虫はそれから日を経ずして妻子を引き連れ岩城を立ち退いた。途中小高の城下を通り、
この時顕胤は「このまま相馬に留まってほしい」と仰ったが、彼は更に奥の大崎に向かって去っていった。、
(奧相茶話記)

岩城重隆の、婚約破棄事件に関する話である





スポンサーサイト



えくぼ姫争奪戦

2010年11月08日 00:00

447 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 19:30:23 ID:EpOZWkRo
戦国の略奪婚いわゆるえくぼ姫争奪戦

有名な話だけど、載ってないので投下。

陸奥の岩城重隆に久保姫という奥州一の美少女がいた。史書では「久保姫」だが、『奥羽永慶軍記』は
「笑窪御前」と記されていて、
「みどりごの頃から色白で美しく、靨(えくぼ)があったので、笑窪御前とよんでいた」とまで大絶賛(尤もこれは
江戸時代の書物だが)。

そのえくぼ姫だが、父重隆の政略で白河の結城晴綱に嫁ぐことになった。
しかし、その直後伊達稙宗から「岩城の久保姫を、わが息子晴宗の嫁に貰い受けたい」という申し入れがあったが、
重隆は「結城との約束があるから」と拒否した。

これに激怒したのが稙宗の息子晴宗。予てよりえくぼ姫の美貌を知って惚れ込んでいた彼はその後何としても
手に入れようと企んだ。

そして輿入れの日。白河に行くえくぼ姫の一列が岩城と白河の中間地点滑井に差し掛かったその時、
突然行列の前に山賊が現れた。しかし山賊にしては身なりがいい。そしてその先頭には…

晴宗「はっはっはー!久保姫は俺が貰い受ける!」

なんとこの伊達の御曹司、自ら「軍勢」を牽き連れ花嫁行列を襲撃したのだ。
護衛の兵は蹴散らかされ、えくぼ姫の輿もつき従っていた侍女達もろとも拿捕。輿は向きを変えて伊達領へ向かった。

これに驚いたのが花嫁を待ってた白河の結城家。急変を聞いてあわてて軍勢を整えたが、
嫁取りかと思いきや、花嫁を強奪されたというので、
酒宴の準備を急遽、合戦の仕度に切り替え、慌てて馬に鞍も置かずに駆け出したり、
具足を半分つけただけで走り出す者もいたらしい。

晴綱「追いつけー!何としても久保姫を取り返せー!」

その結城方の猛追で、えくぼ姫の輿を運ぶ伊達勢に追いついたが、
なにせ十里ばかりの山坂道を疾駆してきたために、迎え撃つ伊達勢の前に敗退してしまった。

晴宗「思い知ったか晴綱め!はっはっは…」

その後強引に正室にした晴宗。当然岩城家はカンカンになるが、相手は急成長中の伊達家さらには
アンチ伊達の相馬家が親伊達の時代。
結局、「最初に生まれた男の子を岩城の跡継ぎに」ということで終結となった。

こんな経緯で正室にされたのだからさぞかし仲が悪い…と思ったら案外仲が良く、
岳父の重隆とも仲直りして天文の乱の際には援助を受けている。
晴宗は記録上側室がいない珍しいタイプであり、尚且つ子供の数が六男五女。
よほどえくぼ姫を気に入っていたのだろう。
(因みに最初の子岩城親隆が生まれた時、晴宗は十九歳であった。)

一方、「元」婚約者の結城晴綱は佐竹・那須と連戦。次第に勢力を失い、挙句に失明する。
晩年は家臣の小峰義親に実権を奪われてしまった。

えくぼ姫は晴宗の死後出家し栽松院と名乗り宝積寺を建立し夫を供養した。
文禄三年(1594)六月九日、孫の政宗を頼って白石で没した。遺言によって宝積寺に葬られた。

その宝積寺の御利益が「待ち人きたる」「子宝に恵まれる」というのがなんとも…www




448 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 19:43:12 ID:OWdkGusy
ホント伊達さんちは代々ぶっ飛んでるなあw

449 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 19:47:56 ID:613oJlxN
>>447
いや、この話既出じゃなかったか?このスレで見た覚えが有る様な・・・

450 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 19:56:30 ID:CQaztpDU
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-491.html
政宗と政宗シニアの女房略奪・悪い話


これだね

451 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 20:02:50 ID:qvUwjqt+
>>447
 当時の結婚は、親が決めるんで相手が自分のこと、どう思ってるかわからないし、既に愛人が
いるかもしれない。そんな相手よりだな。
「俺はお前に惚れてるんだ。俺の嫁になれや!」という晴宗を見たえくぼ姫、その場で惚れちゃった
んじゃないの?その上、側室なしのオンリーワン状態だから、当時の女としては最高の勝ち組かも

452 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 20:04:06 ID:613oJlxN
>>450
ありがとう、でもこれじゃ検索にかからんなw
>>447の方が詳しくて良いかもしれん

453 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 20:06:44 ID:RPwpiP4X
ただの田舎のDQNじゃん・・・
しかも代々・・・

454 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 22:29:13 ID:Kb2+d64v
確か当時晴宗16歳、久保姫14歳とかだったような。
青春ですねー
この夫婦は大勢の子供を成人するまで育て上げてるとこが何気にすごいと思う。