義光は笑った

2016年10月21日 09:24

266 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/21(金) 02:00:56.12 ID:ZIiyZKTJ
義光は笑った

慶長5(1600)年9月半ば、直江兼続率いる上杉の大軍が山形盆地を臨む菅沢丘へと布陣した

最上軍の将の氏家左近(氏家光氏)は「(富神山奥の)西黒森で上杉の荷駄道を撹乱し、後方を掻き回したい」と軍議で申し出た

この提案に小勢ではすぐに消耗し、あたら兵を失うと諸将の反対はあったが、左近の手勢60人程での作戦が認められた

兵には命知らずで足の早い者が集められた

これを耳にした延沢遠江(延沢光昌)も沼木方面への遠見の役を申し出た

最上義光は延沢の重臣有路但馬、笹原石見、糟谷延元らに軽挙あるべからずと念を押した

その日の夕刻延沢勢の進出した沼木の西、須川の東岸に大量の最上方の幟旗が立ち気勢が上がり
横目衆から義光に「この様な立て札が至る所に立っております。いかがいたしましょう?」と問い合わせがあった

立て札には「最上は 国の真秀(まほ)ろば 畳(たた)なづく 青垣 山篭れる 最上し 美(うる)はし」と書かれていた

義光は立て札を元に戻す様に命じて声を立てて笑い、非常に嬉しそうであったとされる

「山形合戦」等



スポンサーサイト

一致団結してこの義光に命を預けてくれるのなら

2015年03月02日 18:25

494 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/03/02(月) 16:49:49.41 ID:SOa/h9Hp
上杉相手に取り残される形になった最上義光

延沢光昌鮭延秀綱里見義近らの最上の重臣たちは山形に参集した諸将たちが続々と自国に引き上げて行くのを見て最上義光に詰め寄り
「加勢の諸将たちが起請文の連判に違約し逃げて行くとは、誓約に背くだけでなく、かつまた家康公に対しての不義、裏切りにございます!
味方の士気も下がります由、追いかけてなんとしても引き留めるべきです!」と訴え、すぐに追手や使者を出そうとした

しかし最上義光は頭を横に振り深く是を制止なされた
(´・ω・`)「確かにみなの言う事はもっともであるが、今追いかけて無理に引き留めようとすれば同士討ちになりいくさになるだろう。
それでは敵(上杉軍)に隙を与える事になる
また余り強く引き留め様とすれば敵方(上杉軍)に味方し、最上とは刃を交わす者も現れよう
そうなったら家康公に大きな不忠ではないか?
仮に自分の領内で問題が起これば自領が不安になるのは人間みな同じである
自分(義光)は最初から家康公のために一命を差し上げ様としていたので覚悟は出来ている
諸将の加勢が無くなったのは残念であるが仕方のない事だ
しかし味方の各々が別心なく今まで通り一致団結してこの義光に命を預けてくれるのなら、一心の覚悟をもって上杉相手に奮戦し、
敵がいかに強大であってもそうそう敗れはいないだろう」
と道理をもって答えられた

これを聞いて延沢、鮭延、里見らは「血気に任せてつまらぬ事を申し上げてしまいました」と赤面してしまった

「山形軍談」

いくさ場で無ければ結構冷静な面のある鮭様の話




親子二代

2014年08月22日 18:55

582 名前:sc→net未反映分のコピー[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 23:37:38.35 ID:wxSgOPL/
親子二代

延沢光昌は大豪で知られた延沢満延の息子であったが、まだ年端も往かぬ頃に父を亡くし、老臣に育てられていた

光昌は有路但馬・笹原石見といった重代の家老らから生前の父の武勇談を聞くのが好きだった

有路「亡き殿(満延)は、18歳のときに山形両所宮の鐘を1人で外し、鶴子(尾花沢市)まで担いで帰って来ましてな」
笹原「人々はその剛力にほおと感嘆の声を上げたものですじゃ」

慶長の時代になり、光昌も立派な若武者へと成長した

光昌「父に出来た事、父の血を引き有路と笹原に武芸を教えられたこの身なら、やってやれない事は無いのではないか?」

光昌は中山長崎の円同寺といった寺の鐘が名宝と聞き、住職に「それがしがこの鐘を持ち上げる事が出来たら、鐘を譲っては頂けないか」と掛け合ってみた

住職「お父君は生きる伝説として勇力で名を馳せましたが、この鐘は半端な重さではございませぬ
まぁ、見事持ち上げられたらそれは天命という事ですので差し上げましょう」

光昌「どれ」

ひょい

住職「!」

光昌「う~ん。ま、持って帰れない重さじゃないな」

住職「お約束でしたので、その鐘はご自由になされてくだされ」

光昌「手で持つにも疲れるな…かぶって行くか」

光昌は親指で鐘乳をえぐると鐘に覗き穴を開けた



この鐘は現在山形市長谷堂の清源寺に
「慶長時代に最上の重臣延沢某が中山から持って帰って来たもの」とした寺伝と合わせて現存している

※光昌ではなく、父の満延が中山から長谷堂に持って来たといった伝承もあり