FC2ブログ

徳永法印の西軍分析

2014年01月31日 19:01

445 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/30(木) 22:57:32.01 ID:nMv8pCNN
慶長5年(1600)、関ヶ原の役が進行している中、福島正則を始めとした東軍先発部隊が
関東より清須へ向かうという頃、徳永法印(寿昌)は徳川家康の御前で、このように言った

「今度の上方の敵は、西国の大名たちがきっと多くの軍勢を出して遠征してくるでしょうから、
天下の安危はただ我らの一挙にかかっています。誠に由々しき大事であります。

ただし、今度の上方の敵は大将のいない寄り合いの軍勢です。

安芸中納言(毛利輝元)、筑前中納言(小早川秀秋)、備前中納言(宇喜多秀家)、この3人は
分国に大小ありといえども、同位の国持です。
また岐阜中納言(織田)秀信は、小身ではありますが信長公の嫡孫であることを誇りとし、
人の風下に立とうとはしない人物です。
こういう状態ですので、何れを大将とも定め難く、互いに威勢を争って、それぞれの命令を
聞こうとはしないでしょう。
また、石田三成がいかに奉行顔をして人に誇ろうとも、先の者達の中に彼の命令に従うという者は
いないでしょう。

そうである以上、彼らの中には同位の傍輩の命令に従うということを無念に思って、我らの方に参る、
という者も出てくることでしょう。

また、例え我らに降参してこなくても、諸大将が心々に振る舞うような状況では、軍勢の統帥は無く、
戦に利はありません。
然らば、今度の御合戦、御勝利間違いありません!」

徳永は美濃の案内者であったので、彼も先発隊へと派遣された。

(黒田家譜)

関ヶ原における、徳永法印の西軍分析である。




453 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/31(金) 07:24:23.28 ID:Xg1VsbmI
>>446
法印さんのいい情勢分析じゃないの?

スポンサーサイト



吉川広家漁火をみて敗兆を知る

2013年05月08日 19:51

222 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/08(水) 13:10:00.33 ID:97/v4Lob
吉川広家漁火をみて敗兆を知る

広家は石田三成に与力していたが、ある日美濃路をさして来る
敗軍の士卒があった。戦いも始まらないのになんびとだと尋ね
させると水口城主長束正家であった。

正家は「あれを見てくれ、海上に雲霞の如く兵船が押し寄せて
敵に取り囲まれたらどうしようかと存じ、あなたと合流してから
戦おうと人数を引き取ってきた」と言う。

広家が水上を見るとそれは漁火の影であった。「これは兵船に
あらず漁火の光です」と告げると正家は言葉も無かった。

広家はこれは衰運のなすところこそと思い、たちまち心を翻し
徳永法印も諭したのを幸いとして遂に関東に味方した。

このたび広家がもし関東に味方せずば、いかに毛利家に西国を
賜うことが出来たであろうか。

知勇兼備よく機変を考え禄を本家へ譲り周防長門の主となったが
自身は退いて陪臣となった。

(近古武談)




223 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/08(水) 13:46:11.03 ID:SeK/Wbwr
美濃路で海上も糞もないだろうに
漁火って木曽川とか長良川の鵜飼の篝火かね?

224 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/08(水) 13:51:33.49 ID:GqUWQBhZ
>>223
多分伊勢路と間違えているんだと思う

225 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/08(水) 14:46:59.92 ID:HDRoXa+z
琵琶湖じゃね?淡海ってことで

226 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/08(水) 15:17:29.21 ID:cV3DKTfK
伊勢の安濃津城攻めの後だろう

227 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2013/05/08(水) 15:38:53.99 ID:97/v4Lob
家康と誤認して正家が動揺したと言われるのは、一般的には阿野津攻めの前かな。

史実では8月5日頃に正家と恵瓊が伊勢へ向かい。
広家もその頃までは瀬田で普請をしてて、同じ時期に伊勢に陣替えになった筈。