FC2ブログ

「これこそ武辺の女の心がけぞ」

2011年11月17日 22:09

621 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/17(木) 18:13:20.61 ID:g52tawlR
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2957.html
戦国の押し掛け女房、龍造寺隆信の肝っ玉母ちゃん慶尼
徳川家康は、慶長八年にこの話を側室の阿茶の局にして感心していたという。

そんな慶尼が花も恥じらう80代の文禄元年(1592)、大陸出兵にあたり秀吉は肥前名護屋城に赴いた。
「佐賀上道」と呼ばれる街道を通る秀吉は、道路端の戸板の上の土器に盛られた握り飯に目を止めた。
秀吉は馬を止めて「これは龍造寺の後家殿が命じたことだろう、さすがに気が利く事よ」と言い、
その一つを手に取って「この固い握り様を見よ、これこそ武辺の女の心がけぞ」と称賛したらしい。

吉永正春著の九州戦国の女たちという本より、葉隠に記された話らしい




スポンサーサイト