FC2ブログ

「享徳の乱」

2020年04月28日 17:34

25 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/28(火) 01:55:04.92 ID:Q9hZfobb
近年京都の乱(応仁の乱)より起こって、近隣諸郷はみな兵革の岐と成るのみではなく、関東の乱逆は
年久しく、騒動は更に止まず、日を逐って蜂起が起こった。

この概略は、去る享徳の頃より、関東では兵乱が再興して、鎌倉の新御所(足利)成氏朝臣は公儀を
蔑ろにし、恣に戦伐を行ったため、執事である上杉の一党は京に言上し、これによって公方家より、
成氏御退治のため、駿河の国主、今川上総介範忠を大将として御旗を賜り、多勢を付けられ鎌倉へ
発向した。また関東では上杉の一党。その他国人が大軍を促し、これも鎌倉へと攻め寄せた。
これによって成氏た忽ち一戦に打ち負け、野州古河へ没落した。この時享徳四年(1455)六月十六日、
鎌倉は兵火のために焼き払われ、治承以来の幕府の地は、ただ一片の赤土となって、これにより後も永く
里民の郊居となった。

今川範忠はこれより帰陣したが、その頃、東国の古家として、千葉、小山、宇都宮、結城、佐竹、那須、
小田、壬生を関東の八家と称し、大名であったが、それ故に、上杉の幕下であることを恥じ、無二に
御所方へ心を寄せ、上杉との合戦止まず、関東は治まらなかった。これによって、去る長禄元年(1457)、
京都より御下知があり、渋川左衛門佐義鏡を、関東の探題職として指し下し、上杉を愈々以て関東の管領とし、
諸家その下知に従って成氏を退治すべき旨を相触れたのだが、東国の者共は猶も御下知を用いなかった。
これによって上杉らは又京に訴望し、公方家の御舎弟である政知卿を申し下し奉って、寛正年中(1460~66)
この政知を関東の御所と称し、東国の大名高家、みなこの御所へ拝謁させ、上杉をその管領として
関東の乱を鎮めようとした。鎌倉炎上の後に御所無き故、政知卿は豆州堀越に御寓居あって、堀越御所と称した。

こうして上杉勢と成氏勢は、武州五十子という所で数年対陣し、未だ雌雄を決せざる所に、文正元年(1466)
二月十二日、上杉家の大将である、兵部太夫(上杉)房顕が病死し、翌年より応仁の大乱が起こり、都鄙悉く
戦国と成り、ただ騒動に月日を送ったが、終に文明十年(1478)の春、上杉方と成氏朝臣の和睦あって、
古河城に安居され、近隣を少々領知された。またこれによって堀越公方の政知卿は、威勢尽き果て、誰も
取り立てる者が無く、僅かの所帯を領して堀越に御住居あったという。

『應仁廣記』

戦国初期の関東、いわゆる「享徳の乱」についての記事ですね。



スポンサーサイト



応仁の乱における、朝倉敏景の寝返りなど

2020年04月27日 17:33

121 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/27(月) 01:22:54.76 ID:Av8V7pWR
(応仁の乱での)都鄙の合戦は、山名方が利を得ることが多かったが、数年の在京に力尽くし、
財宝は尽き果て、諸勢悉く困窮した。

その上摂丹両州は細川家の領国であり、また播州は赤松家の旧領であったので、今回赤松政則が
拝領の上意を蒙り、思いのままに国人の心を靡かせ、譜代の輩を招き集め、皆かの家へ帰伏した。
そうなれば、山名方の西陣には、皆分国からの運送の道が絶たれて兵粮の入れ様が無くなり、西陣の
上下は日を逐って労苦した。その上分国の士民たちは一揆を企て、家人国人の中には謀反の者もあらわれ、
先ずそれを退治して重ねてまた攻め上がらんとて、西陣の土岐、一色、その他山名一族の中にも抜け抜けに
下国した。中でも、一方の大将であった斯波左兵衛督義廉も、分国の尾張遠江に土一揆の乱が起こり、
国人たちも騒動したため、先ずその乱を鎮めんとて、急ぎ尾州に下国した。
かつ又、東陣の細川方にも抜け抜けに帰国の人もあり、次第に京勢は手薄と成った。

このような中、同年五月五日、斯波の家老である、越州の朝倉弾正左衛門敏景が、東陣の花の御所の味方に
参った。これは、この日までに公方家より御招きがあり、細川家の取り持ちを以て、斯波治部大輔義敏より
越前国を譲り賜る、という事で味方に参るべき趣きを、約諾したためであった。よって同月二十一日、越前国
守護職拝領の御判を下され、同六月九日、敏景の嫡子、孫次郎氏景に公方家より御剣を賜り、急ぎ父子共に
越前へ下向し彼の国の乱を鎮め、追々北陸の道を切り開いて軍勢の通路、兵粮の運送の妨げが無いように
相計るべし旨を仰せ付けられた。誠に以て、父子共に稀代の面目、無双の公恩であった。

この敏景は、先祖は但州の人で本姓は日下部氏にて、尾張修理太夫高経より、代々斯波家の被官であった。
年来、斯波左衛門督義廉の家老としてかの家の執事の職を勤め、また応仁の乱に於いても武功を顕し、
山名宗全入道の褒賞にも預かった、しかしながら、この主君である義廉は尾張へ下向し、その留守を幸いとして
一方の主筋である斯波義敏に招かれて、御所方と成り、陪臣忽ちに昵近の臣に列して、越国を拝領し、
御敵退治の公命を蒙った。これによって敏景、氏景父子は急ぎ越前に下向すると、先ず義敏の怨敵である
増澤甲斐守祐徳、千福中務丞、二宮左近らを討ち取った、彼等は皆、朝倉敏景の同僚で、斯波義廉の
長臣であったのだが、近年は在国して自立を企て、乱を好む逆徒であった。この者共が滅んだ後は、
越州たちまち平治となり、敏景、氏景は國民を慰撫し、諸士を懐けて政道宜しく、子孫に至るまで
終に越前一国の守護となった。誠に以て名誉の士である。

また、その後西陣では、能州守護の畠山修理太夫義統も徐々に公方家に従い、色々に宥しを以て
御招きになり、かつ又、越前の朝倉が御所方となり彼の国を退治し、また加州は東陣の富樫介政親の
領国であり、このため能州より京陣への通路が絶たれる形となったため、在京叶い難きが故に、終に
義統は東陣へ降参して、公方家の味方と成り、隣邦越中国の乱を鎮めて能越両国の守護たる旨を、
管領の細川勝元が推挙した。これによって畠山義統は面目を施し、これによって北陸の通路は
皆開けて、いよいよ東陣では運送の煩いが無くなり、一方で西陣は日を逐って困窮した。これによって
東陣の味方と成るものも多くなった。

應仁廣記

応仁の乱における、朝倉敏景の寝返りなどについて



122 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/27(月) 01:37:34.25 ID:yWZx3ewD
優位に進めてた山名でも京都に居座り続ける事がとんでもなく負担だったと
上洛がどんだけデメリットでかい行為なのかって感じだなぁ

123 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/27(月) 02:51:43.93 ID:19r+QMWd
かといってキープすることを諦めたらあっという間に謀反人に転落だものな
留まるも地獄、退くも地獄でもう大変

125 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/27(月) 19:33:53.07 ID:19r+QMWd
本拠が割と近い山名でこれなら大内とかそらもうえらいことになってそう
時代は下るけど高国なんて西に足向けて寝られんね

126 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/28(火) 01:20:34.76 ID:i62avEtC
大内さんは褒美に勘合貿易の許可だけもらったら迅速に帰ったからね
やはり頭の良さが武士じゃない

文明元年、公方家の若君、今年五歳に成られ給うを、御家督に定められ

2020年04月24日 17:26

2 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/04/24(金) 01:08:56.57 ID:6nyGY0u0
文明元年、公方家(足利将軍家)の若君(義尚)、今年五歳に成られ給うを、御家督に定められ、
花の御所に於いて諸大名の拝礼を受けられた。これは旧冬、今出川殿(足利義視)が当方を御退去あって、
山名方へ御成あり、例え御心私有らずと雖も、この時公方家に敵対したような形勢となり、これによって
花の御所にては、今更憚る所もなく、この若君を御家督に定められ、持て囃し奉った。
管領には細川勝元、当職として赤松次郎政則を始め、京極武田以下、大小名皆々当方に在り合わせる衆は、
若君へ御礼申し上げた。この時若君は、伊勢守貞宗の膝上に懐かれ給いて拝礼を受けられた。

さてまた、山名方にては今出川殿を公方に取り立て参らせて、一方の主君と仰ぎ、同月八日、
山名入道宗全を始めとして、畠山義就、斯波義廉、その他西陣に在る大小名皆々今出川殿へ、
御太刀御馬を献上し、これまた拝礼申し上げた。時勢は一変して、公方が東軍西軍の両所に御座有る故、
御兄弟(足利義政・義視)の国争いのような情勢と成った。

應仁廣記

応仁の乱での、足利将軍の分裂について。