兼定にも歴史に残す人物に仕える娘が

2014年10月02日 18:52

935 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 16:45:36.09 ID:aa7IVZBs
武将じゃないけど更にご長寿キャラを1名投下

何かとネタにされる一条兼定
そんな兼定にも歴史に残す人物に仕える娘がいた。

崇源院(江)に仕える按察使局であった。残念ながら正式な名前は不詳である。
一条兼定を父にもち、宇都宮豊綱の娘を母にもった女性である。
彼女は1603年に千姫の婚礼の際に上洛した崇源院に仕えた。
何故彼女がそんなところにいるのかと言うと、関ヶ原の戦いによる長宗我部氏による没落で甥・政親と共に京都あるいは大和国に随伴したためであった。

その後家光・家綱と仕えたという。
そして1669年に死去したとされる。

wikiでは『彼女が生まれた数年後に両親は離縁している。』としていながらも1565年生まれとしている。
しかし、上の一文が正しいのであれば生年が間違いとなる。何故なら両親が離婚したのは1564年である。
つまり、彼女が生まれたのは実際よりもその前となる。

元来同腹の兄とされている内政が1562年(1557年説あり)なのでもしかすると内政が同腹の弟となる可能性もある。
ま、もしかしたら1561年生まれとなる可能性もあるんだけどね。

でもよくよく考えたら仮に本当だったら化け物じゃね?




937 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 16:50:19.86 ID:bp8VYrNr
一条さん家柄は問題なく良いんだっけ。家柄のいい娘ならいいところに就職はできるわなw

スポンサーサイト