かつて新田義貞公が

2016年02月08日 18:01

277 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/02/07(日) 19:34:58.06 ID:YvvETfm6
かつて新田義貞公が叡山での合戦に負けて、他国へと落ちる時、日吉社の社頭にて
『わが子孫を後代に至り、天下の武将に備えさせ給え』
そう祈誓して重代の剣を納めたと伝わる。

現在の内府殿(徳川家康)はその御苗裔であるので、天台山を特に崇敬されているそうだ。
これらの事により、内府殿が月を追い日を累ねて繁栄しているのは、内府殿自身の力ではなく、
偏に天よりそれが授けられているのだと、人々は語り合っていた。

(玉露叢)



スポンサーサイト