fc2ブログ

「越後野史」の畠山義春について

2023年06月02日 20:55

775 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2023/06/02(金) 16:52:39.65 ID:F9+RQESR
越後野史」の畠山義春について
畠山義春は能登守畠山義忠(畠山義続?)の末子で質として越後に来たが、人となりが武勇にして聡明なために謙信侯の寵愛を受け、幼少時からそばにおかれた。
常に謙信侯の軍略を見聞して十四歳の時から一軍の大将となり戦功を何度も立てた。
景勝と景虎の争いは二年続いたが景勝に味方し、鮫が尾城にて景虎を自殺せしめた。
また二本木駅において森武蔵守長可を破り、軍略をもって新発田重家を攻め、功績がすぐれていた。
景勝卿の妹婿ときて海津城主となり上条上杉氏を継いだが、直江兼続の讒言により上杉家を退転した。

>>772で宇佐美定満がでてきたり、畠山義春直江兼続に讒言されたり、と書かれているので「越後野史」は
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-12369.html
雑談『松隣夜話』について
でも語られている、自称宇佐美定行(宇佐美定満)の子孫の宇佐美定祐の捏造の影響を受けてそうだ。
鬼武蔵のwiki見るとたしかに鬼武蔵が二本木まで攻め込んで上条景春を破った、と書かれているけど、これも宇佐美定祐「北越軍記」が出典扱いされてるし、どこまで本当なのやら。



スポンサーサイト



新発田重家の乱の始まりとその母について

2021年07月11日 16:53

840 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/07/11(日) 10:45:58.82 ID:TuqsCJpE
井地峰(五十公)勘五郎といって、上杉謙信公の御座を直すほど寵愛された者があった。
三条城(新潟県三条市)主であった山吉玄蕃が死去し、後継も絶えていたため、三条城代に
植田坂戸山城主・甘糟近江守(景持)を差し置かれた。
ではあったが、謙信公御逝去の時、その御遺言に、山吉の跡を井地峰勘五郎に下さると有った。
謙信公が御逝去なされると、そのまま勘五郎は剃髪して、道誉斎と改めた。

三条城には城付の、六十二騎の与力が有った。
謙信公が御逝去されて直ぐに起こった御館の乱の騒動故に、勘五郎に山吉の跡を継がせるという話は
遅々として進まなかったが、その間に、かの勘五郎に対して新発田因幡守(重家)が恋慕し、密通した。

この事を上杉景勝公が聞かれ、両人共に不義であると思し召されたが、国の安定のためだとして、御怒りを
抑え仰せ出されなかった。しかし山吉の後を継がせるという話も、いよいよ引き延べとなった。

そのような中、新発田因幡守はかの勘五郎に申した
「山吉の跡職程度のものは、私の手柄を以て、其の方に取らせてやる。」
そう、(景勝への謀反を)語らったが、因幡守は春日山に人質に置いた自分の母を盗み出す方法が
見つからなかったため、母を捨てて夜中に春日山を立ち退き、自分の領地である蒲原郡新発田城に
立て籠もった。

そして井地峰勘五郎を井地峰城に籠め、池の端城には因幡守被官の池端鴨之助を入れ置き、
新潟、沼垂にも城を取り立て、新潟には伯父の新発田刑部左衛門、沼垂には武者善兵衛を籠め、
謀反の色を立てた。

この時、景勝公は春日山に残された新発田の母を御成敗なされなかったが。翌天正十年の秋、
信州より御帰陣し、直ぐに新発田に御発向されるために、越府御逗留の時に、新発田の母が
舌を喰い切って死んだ。
彼女は『幾程もなき命を永らえても、どんな憂き目に遭うだろうか。それに子の因幡も、母の苦しみを
見れば、猛心も弱まり、勇気の障にもなるだろう。』と考え、自害したのだという。

この事について、鉄上野守(原文ママ・上野介)は密かに景勝公の義を得て、彼女が死んだことを隠し、
「諸人への見せしめのために生首を挽くのだ」として、越府の往還の枝道において、そのように
首を切り落とした。(口伝)

管窺武鑑

新発田重家の乱の始まりとその母について。



父の仇の子であるのに

2021年06月20日 19:08

816 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/06/20(日) 13:30:45.22 ID:gkgsN5cq
天正十二年八月、上杉景勝自ら新発田重家を攻めた、八幡表の戦いでのこと。

この時、前の琵琶島城主・宇佐美駿河守定行(定満)の子、民部少輔勝行は、
彼の父が生害し、本領没収され、浪人となり、また景勝からも勘当され、小千谷五泉あたりに
逼塞していたのであるが、いかにもして景勝より勘当を赦され、本領に還住せんと志し、
朱傘に金の短冊の指物、宿月毛の馬に乗って新発田陣へ懸かり入り、屈強の敵二騎と懸かり合わせ。
一騎は切って落とし、一騎は引き組んで討ち取り、その兜首二つを提げ、その身も馬も血だらけになって
景勝の旗本に馳せ来ると、平林内蔵助(十八歳にて小姓であった)を頼み

「御勘当御免なされ、この高名の首を御実見に入れるため、御目見えいたしたい!」

と望んだため、この事を景勝に申し上げると、景勝は気色俄に変わり、目は松明のようになって
平林をはたと睨みつけ、しかし何の言葉もなく、これには平林も頭を垂れ、重ねて申し上げる事も
出来なかった。
これに宇佐美民部も、討ち取った二つの首を捨て置き、泣く泣く立ち上がって退いた。

景勝としては「実父政景を殺した宇佐美駿河の子であるのだから、父の仇の子であるのに、どうして
勘当を赦せるだろうか。」との事であった。

これを取り次いだ平林内蔵助は長命で、当家(上杉)播磨守綱勝の傅役に付けられ、近年まで
存命しており、彼が直に物語ったものである。

信州川中島合戰聞書并上杉家遺老談筆記



景勝の知慮は、凡人の及ぶところではない

2021年06月18日 19:03

268 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/06/18(金) 16:17:46.48 ID:S4rXSrWM
新発田因幡守治長(重家)、同道如斎、同源太治時、五十公野采女が申し合わせ、天正十年の春より
織田信長に内通し、「信長公が品濃口、越中口より攻め入られた時は、会津の蘆名盛隆と共に
下越後より攻め上がり、景勝を攻め滅ぼすべし」と謀を定めたのだが、その年、信長公生害となり、
想定は崩れ、上杉景勝は軍勢を差し向け新発田を攻めた。度々の合戦が有ったが、勝負はまちまちであった。
これは蘆名盛隆より密かに兵糧、玉薬を運送し、新発田に合力あった故で、彼らは六年の間持ちこたえた。

会津の越後境の津川城に、金上兵庫が居住しており、金上方より、赤谷城の小田切三河守方を
絆ぎの城として、蘆名が新発田に加勢していることを景勝は察し、天正十五年の秋に、新発田表を
踏み越えて赤谷城を攻め落とし、小田切三河守をはじめ八百余人を討ち果たし、会津からの合力の
通路を遮断し、直ぐに新発田城へ景勝が向かうと発表した。

新発田も、これで最期であると覚悟したが、家人の羽多野忠右衛門という大力の剛の者が申し上げた
「もはや合戦では叶いません。しかし赤谷表より新発田までの道筋に、三淵という大切所があります。
そこで待ち伏せをして、景勝が一騎打ちに通られるのを引き掴んで、下の崖より大河の淵に落ちて
共に死んで、主の本意を達します!」
このことは議定され、彼は三淵に出て、景勝が来るのを待ち受けた。

三淵という切所は、山腹の切通で、馬も一騎でしか通れない路であった。上は青山がそびえて苔むし、
路より下は数千丈の石岩が剣のごとく、屏風を立てたる如く、さらにその下は大河がみなぎり流れる
淵であった。その道端に岩穴が有り、羽多野忠右衛門はそこに隠れて、景勝が通りかかったところを
躍り出て引き掴み景勝とともに崖の下の淵に飛び墜ち、ともに死せんと企んだ。

この時、景勝は赤谷を立ち、新発田に推し進もうとしていた。家臣たちは「直路であり、殊に近道と
なるのだから、三淵の方に進まれるだろう。」と皆申していた所、景勝は思案して

「大将は危うき所を行かないものだ。近道だからと言って切所を行けば、どうしても越度が有ること多い。
迂を以て直とし、患を以て利とする事、兵法用捨の大事である。廻り道であっても、足場の良い方を
進もう。」

として、迂回して本道を進んだことで、三淵を通ることはなかった。故に羽多野の計画も相違して、
本意を失った。景勝の知慮は、凡人の及ぶところではない。

信州川中島合戰聞書并上杉家遺老談筆記

たまたま「やっぱ足場の良いところを通ろう」と言ったら暗殺を免れた、という事か。



269 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/06/18(金) 18:16:30.25 ID:Pm9hueO+
近道をして落馬した誰かさんとはえらい違いやね

「かかる手配りならば、必ず味方敗軍すべし。」

2021年03月22日 17:08

2 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2021/03/22(月) 13:05:37.09 ID:LAECT/y2
上杉謙信が小田原城の蓮池まで攻め入り、明日は鎌倉に赴くべしとして、軍評定を行った時、
新発田因幡守治長(新発田重家)、その時十五歳であったが、進み出て申した
「かかる手配りならば、必ず味方敗軍すべし。」

これを聞いた謙信は怒って「舌のやわらかなるままに物を言う!」と怒鳴ると、治長は居直り謹んで
「今日より君臣の義を絶えさせ給わるという事であれば、私は小田原に馳せ参り、北条家の先陣をして
君を追い打ち参らすべし。酒匂川のこなたにて容易く討ち取り奉らんものを」と申した。
謙信はその時色を和らげ、「天晴剛の者よ、神妙にも申したるかな。明日の殿をせよ。」
と命じた。
治長は「軍立てしかじかすべき」とて、やがて事無く小田原を引き取った。

治長は後に景勝の世に及んで二心ありければ、景勝これを討とうとしたが、新発田・五十野両城を
守って、三年を経て城が落ちると、治長は染月毛という馬に乗り、三尺五寸ある光重の刀を
抜き持って、大軍の中に駆け入り討ち死にした。

この馬は極めて色の白い尾であったので、茜の汁を刷毛にて染めると、年月を重ねた後、まるで真紅の糸を
乱し駆けるようであったとか。井筒女之介(尼子十勇士の一人)が、この馬を得て乗ったという。

常山紀談

新発田重家についての常山紀談の記事



すると謙信は機嫌が直り

2016年02月05日 12:41

266 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/02/04(木) 22:14:55.41 ID:3DvQj37O
新発田尾張守長敦の弟である新発田因幡守治時(重家?)は剛強第一の兵にして、多くの武功をあげた。
謙信が小田原城を攻めた時のこと、明日ここを引き払うとしてそのための備えを示した。
するとまだ十六歳だった因幡守はこれを見て「この備えはよろしくない」言った。
謙信はことのほか不快に思い、散々に叱り飛ばした。
しかし因幡守は少しも屈せず、「であれば私にお暇をくだされ。そうしたら小田原に入り、
北条氏康に兵を借りて越後勢を追撃しましょう。この備えであれば打ち勝つことができ、
酒匂川の辺りでお屋形様を打ち取れるでしょう」と言った。
すると謙信は機嫌が直り、因幡守の言うとおりに備えを直した。

「上杉諸士書上」より



高橋掃部介(池端鴨之助)の事

2014年03月29日 18:40

681 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/28(金) 21:09:29.90 ID:lNP5DXHi
新潟県新発田市で伝わる話しです。
高橋掃部介(池端鴨之助)の事

高橋掃部介は池の端城400貫の知行を領していました。
新発田勢の先方として各地の戦いで勇敢に働きました。
新発田重家の乱にて放生川合戦の前に小坂に陣を布いた景勝は新発田城と池の端城の連絡遮断を狙い竹の花を攻めてきました。
高橋掃部はこれと戦いましたが左乳の下に傷を負い新発田城への退去に遅れてしまいました。
やがて新発田城にこのことが聞こえ父の身を案じた14になる倅が猿橋口に迎えに出ると親の掃部介が太刀を杖につき一人帰ってきました。
親子は手を取り合い喜びあいました

その時掃部介が申すに
掃『この深傷じゃ本城つくまえに俺死んじゃうと思う。今から言うことよくきくんだよ?(・ω+)』
倅『(`・ω・;)ゴクリ』

掃『お前は明日から一族郎党を扶持して一旦軍を解散させなさい。
また、母ちゃんと10才の妹は池の端に立ち帰らせなさい。
来年景勝がまた来て新発田城が落ちるようなら中間の一人や二人つけ中条越前のもとに母妹の二人を落し、お前は重家殿の死後までお供しなさい。
池の端城は明年焼いちゃえ。あ、それからお前の太刀小さいから取り替えてやる。ちょっとまってろ…』

しかし城に入り間もなく傷が重く掃部介は息を引き取りました。
つづく

682 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/28(金) 21:29:59.31 ID:lNP5DXHi
つづき

掃部介は息を引き取りましたが宝刀は倅にしっかりと渡されました。
倅はそれから親の名を襲名し掃部介と名乗り翌年の新発田城籠城に際し、15歳にして兜首1つ母袋武者2騎を討ち取る手柄を挙げました。
その内三人目の母袋武者は先年の戦いで父に槍をつけた男で、因縁とは不思議であると人々は申したといいます。

しかし天正15年10月28日ついに新発田城は落城の朝を迎えてしまいます。
重家と別れた掃部介は太斉口にいる中条越前は叔父であれば備えも乗り切れると思い、また搦め手で討ち死にしようものなら末代までの恥と思い、堂々と表門から出ました。
寄せ手や落ちのこりの者は大将首が落ちるのをみて一斉にかかってきましたが、難なく打ち払い宮内の八幡林を目指し落ちていきました。

そして池の端城に入って母と妹を中条越前のもとへ落ち延びさせ、翌29日手勢30騎あまりを率い城門よりドッと突いて出て寄せ手を蹴散らしそのまま行方不明になりました。
あとで聞いた人々は天晴れ剛強の大将と褒め称えたとのこと です

つづく

683 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/28(金) 22:07:11.87 ID:lNP5DXHi
つづき

こうして池の端城は落城しましたが、戦が終わり世の中が穏やかになったころ、掃部介は宮内に住んでいました。18歳になっていた掃部介は40余年間宮内に住んで寛永の末ころ亡くなりました。
八幡林に柴垣をめぐらし、常々言っていたことは
『因州(重家)の供をしていたならば、身上も稼ぎ、損もしなかったものを、主の後先を見離したので周囲の人の目が恥ずかしい』
と、いつ襲い来るかわからない敵を注意して生活していました。

また、宮内の神主に折々神事の頼み事があったので協力していたとのことです。
そのうち宮内八幡の神主の跡が絶え、加治佐々木の一族で佐々木右京、後に相模と名乗る者を後継に迎えました。この者は元和年間に宮内へやって来て54歳で亡くなります。
その二十歳くらいまでは掃部介も生きており『爺様爺様』となついていたようです。
波乱に満ちた掃部介にとり最も穏やかな日々であったことでしょう。

というのが言い伝えであります。
ですが文禄三年の定納員数目録によると色部氏平林在番衆に池端鴨之助で20石5斗、2人3分5厘役と記されており、高橋掃部介(池端鴨之助)は実在の人物であり宮内に住んでいたのはあくまで逸話のようです。

ちなみに掃部介は美濃の出身。斎藤道三の一族であるとされています
終わり

地元には他にも新発田重家の遺児のその後など伝承があります。粗末な長文失礼しました





新発田の捕虜二人と上杉景勝

2011年12月23日 22:01

487 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/22(木) 23:17:59.65 ID:XD0OP6RK
放生橋の戦いの頃、新発田の兵二人が上杉軍に捕らえられる事があった。
この兵たち、見れば新発田城に兵糧を運び込もうとするところだったようである。
二人は景勝の前に引き出されたが、すると景勝が言うには
「強き敵なら兵糧攻めも兵法の一つだろう。
しかし新発田に対しては正面から実力で打ち勝ってこそ価値があるというものだ。
兵糧を運び込むというならそれを止めることはない、放してやれ」
と言い二人をそのまま城へ帰させてしまった。
無事兵糧が到着したことに新発田城の者達は喜んだ。

…のだが新発田重家、上杉の陣から無事に帰ってきた二人を見て
さては上杉に内通しており中から城に火を放つ算段であろうと思い、これを斬り殺してしまった。
この話を聞いた葦名の者達は皆景勝を讃え重家を憎んだ。




488 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/22(木) 23:43:40.13 ID:NicxQjXz
なんで蘆名なんだw

489 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/23(金) 00:15:34.50 ID:MGFqYCTY
ほぼ確実に作り話だろうけど新発田の乱には葦名が援軍出してたからかと。
当初は織田からの援助もあって新発田も元気だったけど
本能寺の変後は葦名だけでは当然支え切れなくなって
挙げ句景勝の怒りに触れて本庄繁長に侵攻される手痛い反撃食らって
和睦を申し出た事が下敷きになってると思われ。(この頃は盛隆だったか)

494 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/23(金) 08:37:07.39 ID:IEVKlzM5

>>487
景勝えらい長くしゃべったな~~。

495 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/23(金) 10:02:29.34 ID:Bvcz/+VQ
>>494
直江「と殿が申しておる」