住友の業祖

2015年01月25日 17:07

598 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 15:45:08.71 ID:zlkBH2Wz
住友の業祖

今も日本経済を牽引する住友財閥には、二人の祖がいると言われている。
一人は「家祖」住友政友、もう一人は「業祖」曽我理右衛門である。

江戸時代に銅産業によって基盤を築いた住友家であるが、その由来は曽我理右衛門が戦国時代に開いた「泉屋」に求められる。
すなわち、住友家と曽我家は縁組みしており、理右衛門の子である友以が住友の家督と理右衛門の事業を引き継ぎ、現在に至っているということである。

その理右衛門が事業を成功させた話。
当時日本の銅を製錬する技術はまだ遅れており、粗銅の中には銀が含まれているらしいのだが、その銀を効率的に分離することができず、先進技術を持っているポルトガル人やスペイン人が粗銅を大量に購入し、銀を効率よく分離し大もうけをしていた。

理右衛門はこれに目をつけ、独自に研究を進めるが、当のポルトガル人やスペイン人は当然情報を教えないため悪戦苦闘していた。
そんな中、なぜかハックスレーという南蛮商人がヒントをくれ、最終的に銀を分離する技術を会得することができた。

そしてこの技術で理右衛門は大もうけすることができるのだが、この技術を独占せず、同業者に公開したそうである。
現在でも時々あるが、技術や規格を公開することで競争を促し、業界を発展させるという意図があったらしい。

ちなみに、泉屋という屋号は、理右衛門が「白水」と号していたハックスレーに感謝し、白水の字を上下に合わせた泉という字を使っているとの説もある。

また、理右衛門は豊臣家にも多額の献金をしていたらしく、方広寺の梵鐘を献納したのも泉屋である。


ということで、事業で成功しながら、その研究成果を業界のために公開した理右衛門のいい話でした。

(河合敦著「豪商列伝 なぜ彼らは一代で成り上がれたのか」)




スポンサーサイト