FC2ブログ

常念寺

2015年08月02日 13:46

140 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/08/02(日) 08:10:58.99 ID:FkO6tnR5
常念寺

慶長8(1603)年、最上義光の長男義康が廃嫡され、高野山に向かう途中で上杉旧臣の戸井半左衛門に鶴ヶ岡手前の櫛引丸岡の地で暗殺された

義光は腹心の斎藤光則に事件の背後関係を調査させると共に戸井半左衛門に追討の兵を差し向けた

半左衛門は義康暗殺後すぐに逃亡を図ったが、追っ手により南部城下で討たれ、調査役の光則は下吉忠、里見民部ら数人の関与の可能性を挙げたが、それ以上に詳しい事はわからなかった

義光は義康の生前の日記から、義康が常に父の健康を祈っていたと知ったが、今となっては悲しみが増すばかりだった

三日町に義康を弔うため寺が建立された

義光「…常安…いや寺の名は『常念寺』とする」

義光は藁を束ね(箒とも言われる)刀でその先を薙ぐと墨を入れた桶に穂先を入れ
「義光山」と一気に額号を記した

三日町義光山常念寺は寺域そのものが最上義康の菩提を奉る地とされ、墓石が建てられる事はなかった
(現在あるものは新しく設けられた供養塔)

家康を憚り、丸岡の地から義康の胴が移葬される事もなかった

この後義光は病に伏せる様になり、寺社の再建により一層施を厚くする様になったと伝わる

「山形の昔話」


スポンサーサイト



ごんごさま

2015年03月22日 16:07

591 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/03/22(日) 04:41:57.79 ID:PyGNo+GD
ごんごさま

(1)
山形の若君最上義康の幼妻の伏姫は谷地城の白鳥長久の娘だった
義康の父義光(伏姫から見て義父)に実父の長久が暗殺されると
伏姫は引き留め様とする義康に暇乞いをし、谷地の片隅に小さな庵を建て、ここに隠棲した
義康からは毎月扶持米や織物、金子が届けられたが
伏姫はこの贈り物の中から米五合と暮らしに必要最低限の物を除いて
ほかの物をすべて谷地の民に分け与えたという

谷地の民は伏姫を敬い、米の五合の生活から「ごんごさま」とお呼びしたと伝わる

「谷地の昔話」

(2)
山形城主最上義光の奥方の清水御前は慈悲深いお人であった
日々の暮らしに困まっている人々に毎日五合ずつの施米を永年恵まれたとされる

この事から誰かというとなく、清水御前のことを「ごんごさま」というようになったという

「山形の昔話」

(3)(4)
阿古耶姫&鉢かづきのごんご姫の伝承…時代が異なるので割愛





援軍

2015年03月04日 18:43

508 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/03/04(水) 01:25:36.12 ID:iPFCdSRy
援軍

慶長5(1600)年9月13日、直江兼続の大軍の前に畑谷城がまたたく間に落ちると、最上領内は大騒ぎとなった

最上義光は嫡男の最上義康を北目城の伊達政宗の下に遣わし「急ぎ援軍を賜る様」懇請した

義康が北目城に向かうのと前後し、西山形には二万余の直江軍が着陣。長谷堂城守備の志村伊豆(志村光安)と対峙した

北目城に馬をとばした義康に政宗は直ちに面会し、最上陣の粡(あらま)しを聞いた

政宗は少し席を外し重臣の片小(片倉景綱)に意見を求めた

景綱「最上は捨てて山形は直江にくれてやりなされ」

政宗「義光とは過去に諍いはあったが、修理太夫(最上義康)に怨恨はない。本当にそれでいいのか?」

景綱「それでは兵を出してはどうでしょう。ただし無駄な戦いはせずに最上と直江を争わせましょう
勝った方も疲弊するでしょうから残ったものを叩き、それから山形城を手中にしてはいかがでしょう?」

政宗「家康殿に上杉を相手に戦っている姿勢を見せねばなるまい。それに山形城にいるであろう母を見捨てることはできぬ」

政宗は「すぐに援兵を向かわせます。留守壱岐(留守政景)と屋代勘解由(屋代景頼)を先手としてまずは兵3000ほど出し
後から茂庭等も遣わしましょう
共に上杉を討とうではありませんか」と義康を励ました

義康は感涙し、ただただ頭を下げ政宗に感謝の辞を述べた

政宗(●Д゚)「…つー訳で政景は山形に援軍に行ってくれ。準備が出来たら屋代や茂庭とかもおいおい後から追加で行かせるから、
積極的には戦わないで、追って指示をするまで臨機応変に山形勢に合わせておけ」

9月21日、留守政景は兵1200を率いて笹谷口から山形へと入った

義光は留守政景を山形城に招くと軍議を開いた

義光(´・ω・`)「こたびの援軍誠に感謝致します!徳川様のために合力をし、是非に戦線を維持しましょう!」

…後に屋代景頼が増援として着陣したが、すぐに松川方面へと引き抜かれ、茂庭や他の将が代わりに来る事もなかった

「最上記」「伊達治家記録」

伊達家の記録では最上陣の援軍を馬上五百騎、鉄砲七百挺、兵三千(~五千)とし、
最上方の記録では伊達家からの援軍の数を騎馬百五十、その他徒士都合合わせ千百二十余としている




512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/03/04(水) 07:58:32.84 ID:fsAMEkax
>>508
オチが政宗らしいw

義光が上杉家から恨まれる様になった理由

2015年03月03日 18:39

496 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/03/02(月) 23:47:57.54 ID:SOa/h9Hp
義光が上杉家から恨まれる様になった理由

太閤豊臣秀吉の死後、石佐(石田三成)は天下に反逆を企て様として会津黄門(上杉景勝)と謀を共にした
上杉景勝は会津に下り、ひそかに伊達や佐竹、相馬といった隣国の諸将を味方に引き入れ様と画策をした
景勝は山形へも使者を遣わし
「この度徳川家康の天下勝手に憤りを感じ、豊臣秀頼公を扶け此を排する試みである。山形(最上義光)殿も同心するなら是非とも徳川攻めの先手をお頼みしたい
会津の隣国の誼で格別昵懇にいたしたい」という趣の書状を寄越された

最上義光は嫡子義康と弟の楯岡光直、その他本城豊前(楯岡満茂)と志村九郎(志村光安)、鮭延秀綱を召し集め評定を開いた

義光(´・ω・`)「景勝の考えは多分大坂の秀頼卿がまだまだ幼いので、家康公を亡ぼし、天下の政道を代わりに執るつもりなのだろうか
秀頼卿の名を捧げはすれ、実の伴わないものと思われる
みなも知っての通り私(義光)は家康公に長年厚い郷恩を頂いてきた
これは山よりも高く、海よりも深いものである
徳川様のためには一命も惜しくはないが、それを天下に不義なす上杉に一味する等、馬鹿げた事とは思わないか?」
と仰せられた

そこに鮭延秀綱が「潔い事ではありますが、ちょっと考えてみてください
上杉は武門の名家、それに東国でも比類なき大々名です
単独で家康公に敵対する腹積もりはなく、おそらくは同調する勢力がそれなりに存在する事でしょう
そこへ戦略もなく、小兵の味方だけでは上杉を敵に回し千に一つの勝機も難しかろうと存じます
時間稼ぎをし、その間に景勝の動向を家康公に注進なされてはいかがでしょう?
上杉勢がいざ最上を敵と見做し攻めて来ても、領内で戦えば地の利は味方にあり、勝機は得る可能性も増えるはずです」と進言した

(つづく)

497 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/03/02(月) 23:51:02.17 ID:SOa/h9Hp
(つづき)

義光は少し思案し
(´・ω・`)「秀綱の言う事ももっともだ。会津へは今少し時間を貰える様使者を出し、徳川様には上杉軍が味方を募っている旨を報告しよう」と答えた

そこへ上杉家から「味方として軍費の足しに用いてほしい」と多額の金銀が送り届けられた

義光は「…時間を引き延ばしてごまかしていたら、戦費を贈られて既成事実を先に作られてしまったか
これではとうてい味方をしないと言っても裏があるのではないかと疑われてしまう
とうてい上杉に助力等できないのだから、この金銀を会津に返し、きっぱりと最上家の旗色を示すべきである」と言ったが

本城豊前(楯岡満茂)は「今後の事はさて置き、上杉が最上に猜疑心を持たない様時間稼ぎにもなりますから、
貰える物は貰っておいた方が宜しいのではないでしょうか?」と義光を説得した

(´・ω・`)「…些(いささ)か後ろめたさはあるが、これも窮余の一策…
軍費に一部を宛てがい、残りは皆で配分せよ」
と上杉家からの金銀は番頭物頭は言うに及ばず、馬廻りの武士以下にまで残らず分け与えられた

家康公の御恩は上杉家からの金銀等には比べものにならないものである
義光公のお心の奥底では駒姫の件で豊家をお恨みなされているともお聞きした事がある

叶う事はなかったが駒姫の助名嘆願にも家康公が最上家を格別に懇得なされている事は義光公も常々忝なく思っている事である

家康公の御恩を思わば上杉家を謀(たばか)る事もやむを得ない事である、と
最上領の人達は旗色を定め、上杉とのいくさを決断する気持ちとなった

「山形軍談」「最上記」ほか




499 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/03/03(火) 00:18:38.26 ID:W2InvcPu
> みなも知っての通り私(義光)は家康公に長年厚い郷恩を頂いてきた

そんなに恩受けたっけ?

500 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/03/03(火) 01:10:00.23 ID:gPerzVmy
>>499
志村光安が織田信長に謁見する際に徳川家康が取次役になった
・小田原参陣直前に最上義守の病と葬儀で遅参の調停を徳川家康が取り成した
・上杉に奪われた庄内領裁判で徳川家康は最上義光を擁護した
・秀次事件の際蟄居されていた最上義光を弁護した

など

一栗高春、東禅寺城に潜入する

2014年11月06日 18:54

154 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/05(水) 16:20:04.42 ID:bsemGf33
一栗高春、東禅寺城に潜入する

慶長6(1601)年、一栗高春最上義康の軍内にあり、上杉軍志駄義秀の篭る東禅寺城を攻めていた

一栗高春は東禅寺城の様子を見て廻り、搦手の東側が堀や塀が一・二重とやや手薄で本丸に近いと考え、忍び入り火をかけようと思い、配下から手練を選び、泳ぎの得意な者を三十余人を引き具し、
いっさい道もない難所から午前2時頃に忍び入り、塀の境界に辿り着き、家人等をそこに残すと一人堀を泳いで向こう岸に上がり、塀を登って城内に潜入した

潜り込んだ所は土蔵のある区画で城奥への通路は閉ざされ、それ以上奥へは簡単に行ける様子もなく、時折見回りの番兵が巡回していた

下手にこれ以上進んで敵に見つかってたいした武器の用意もないのに捕らえられても恥になるし、かと言ってそのまま帰陣するにも労多く骨折り損だと考えた高春は近くの土蔵の鍵を破ると、そこは上杉軍の火縄銃の火薬庫だった

高春は塀の傍に潜めさせていた手勢を呼び集め、土蔵内の硝煙や火薬をことごとく堀の水に沈めさせ、明け方近くに作業を終わらせるとまた堀を泳いで帰陣した

火薬庫を高春に破られた志駄勢からの鉄砲は散発的になり、東禅寺城攻めに高春は大きく貢献した

人々は「さすがの一栗!常人に出来ない事を平然とやってのけるなんて凄え!」と高春の活躍を褒め讃えた

高春はその功を攻め手の大将の最上義康にも大いに賞賛された

一栗高春のいくさ働きの記述

『奥羽永慶軍記』




最上義康「今度、親父義光…」

2014年01月06日 19:05

218 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/01/06(月) 11:10:18.87 ID:wMc1AOmC
最上義康「今度、親父義光…」

敬白 立願状之事
大沼明神御宝前
今度 親父義光 身命於
無患者 社頭建直之 并
在家皆山伏ニ可致之 并松木
裁之間敷者也

右如件 寒河江家親(花押)
文禄四(1595)年乙未八月十三日 源義康(花押)

秀次事件の連座で京最上屋敷に閉居され、聚楽第に呼び出しをされた父義光の身上の無事と最上家の安泰を願って
鮭様(最上義光)の息子の最上義康が山形の浮島大沼明神に立願した祈願状

研究から「寒河江家親」は後の加筆と判明したが
慶長の光明寺事件から、廃嫡・暗殺へと至る過程を思うと義康の憐れさがより一層引き出される、数少ない義康の遺文にも見えてくる




220 名前:968[sage] 投稿日:2014/01/06(月) 17:45:35.36 ID:4BLTZEfO
3日後に死ぬ母親の安泰も祈願しとけば…

最上義光・義康親子、不和となる

2011年12月21日 22:01

459 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/12/20(火) 22:06:28.59 ID:B+ErHbqZ
最上義光の嫡男、修理太夫義康の側近には、佞人阿党(権力におもねり、与するもの)と言うべき者たちがあった。
彼らは義光の近習の者たちと威を争うあまりに、この阿党共は酒の席で義康に申し上げることには

「いつ迄もこのような部屋住まいで、所持御不自由の体であられる事を、ずっとおいたわしく思っております。
もはや義光公もご老体のことでありますれば、御家督を譲られご隠居なさるべきであるのに、そのような
そぶりもないのは、どうしても不審に思えてしまいます。

されば、ご次男の駿河守家親様は数年江戸の御城に詰められ、家康公にお気に入られご出頭されていると
聞き及んでおります。そういうことであれば、義光公のお考えは、いかがな事になると思われますか?」

このような事を色々と品を変え言葉を変えて伝えたため、義康にも『そういう事(廃嫡)もあるかもしれない』
と考えるようになり、折に触れて、義光への恨みの風情が見えるようになった。
そんなふうだったので、終には義光・義康親子の仲は、宜しからざる体となってしまった。

そんなある時、義康は光明寺へ遊覧に出かけ、そこで酒宴を張ったが、このとき近習の若者たちと
戯れているうちに脇差が鞘走ってしまい、左の脇を少し傷つけてしまった。

この事を佞臣たちが聞きつけ、義光に、このように報告した

「今や義康公は、御家督のお譲りが引き伸びになっていることを深くお恨みいたし、本日自害を図ろうとしましたが、
これに気がついた近習たちが皆で取り押さえ事なきとなりました。
しかしこのように命がけで思いつめておられる以上、義光公に対しいかなる謀り事を企んだとしてもおかしくは
ありません!」

これを聞いて義光は

「たしかに、そのようでは、義康は国の仇となってしまうだろう」

と考えた。


義光と義康の関係の悪化を、決定的にしたとされる事件である

(最上出羽守義光物語)




義康廃嫡・義康暗殺

2011年11月05日 22:01

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 21:08:01.20 ID:SQH5Jenb
義康廃嫡

出羽の最上家は戦国を生き抜いた家である。
豊臣の世にもなんとか家を存続させていた。

領主の義光には齢30を越えてから得られた義康といった男子があった。
義光は目に入れても痛くないほどに義康を可愛がり、連歌や農政、教育を施し、義康もその期待に応える様に
英遇と武勇を身に付け、領民からも「やさしい次代様」と愛されていた。

義康は義光に従い各地で転戦し、出羽合戦終盤の直江追討では狙撃された義光を兵一千を率いて扶助している。

合戦も終わり義光は60を前に庄内に隠居城の用意を考える。

義康と父の義光と仲は良好であったが、義光の近臣・里見民部・正光親子と義康の近臣・元上杉家臣原八右衛門が
父子離反をはかり双方に讒言したことから徐々に仲が険悪となった。
折悪しく義康が寺に赴いた際、あやまって石段を踏み外し股を傷つけたのを里見が「若殿は大殿を恨み、
わざと自傷し周囲の気を引こうとした」と義光に言上した事からさらに仲が悪化した。
このことは単純な父子の感情悪化だけではなく、徳川家康が義光の次男・最上家親を近侍として召し使い、
大層気に入っていたため、彼に最上氏を継がせたいと考えたことがあったと言われている。

1602年(慶長7年)、義光がこのことを徳川家康に語ったところ、家康は本件を聞き不快を顕にし
「家親が良かろう、あれは秀忠に良く仕えておる」と述べたという。

ここに義康の廃嫡が決定的なものとなった。

803 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 21:36:49.60 ID:SQH5Jenb
義康暗殺

廃嫡後義康は家臣浦山源左衛門ら20名ほどを連れ高野山(一説には羽黒山とも)へ向かう途中、
原八右衛門・土肥半左衛門らと兵に鉄砲を射かけられた。
源左衛門は即死、義康は下腹部を2発撃たれ自刃した。

義康の頚は落とされ山形へ送られた。
義光は義康の首を見て涙した。
彼は義康の遺品を調査し、父への武運と長寿を祈願した義康の日記を目にする。
義光は我が子の死を深く悲しみ、家臣・斎藤光則に本件の調査を命じた。
危険を察した里見民部は一族30余名を連れ山形を去り、加賀前田家に逃れた。
義光は自らの死の前、後継者である最上家親に向かって「自分の死後、なにがあっても里見一族を粛正せよ」
と命じた。

義光は義光山常念寺を義康の菩提寺とし、また追善のため仏像をつくり手厚く葬った。
息子の死後、義光は病がちになったとも伝わっている。

義康暗殺には不明な点が多く、この話も「流れをある程度掴むための一説」として考えてほしい。

804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 21:40:34.40 ID:SQH5Jenb
最上義康享年29

1611年頃、高野山から山形へと向かう途中に櫛引で殺されたといった話も伝わる。





因果は巡り

2011年11月03日 22:02

725 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/02(水) 20:23:01.20 ID:CByWOhZ5
因果は巡り

里見越前守義近は出羽上山口の城代だった。
天童八楯に属するもののたびたび長井の伊達氏から攻撃を受け、互いの利益のために八楯と敵対する
山形にも次男の民部をして繋がりをもっていた。

山形で最上義光が父義守を隠居させると
ある日谷柏直家と氏家尾張といった最上の重臣が義光の書状を義近に差し出した。

・上山(里見)満兼を消さば、上山里見本家の総領の地位と上山城を安堵する

義近の長男里見内蔵は上山満兼に重用されていたが、これを手討ちにすると義近は上山城を一族衆を動員して
乗っ取った。

つづく
728 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/02(水) 20:36:40.75 ID:CByWOhZ5
つづき

義近の息子の民部は義光に重用され、
慶長出羽合戦でも直江方の別働隊大将本村造酒親盛を討ち取るなど、更に加増があった。

しかし最上家内での発言力を強化しようと
里見民部と民部の息子権兵衛正光が義光の長男義康を櫛引で暗殺してしまう。

最上義光はこれに怒り、正光を切腹させようとするが、里見一族は加賀前田家を頼り出奔する。

1614年
義光の死後、最上家親が「遺恨は水に流し里見一族を赦す」と前田家から里見一族を引き取った。

しかしこれは義光の「なにがあっても里見一族を絶て」といった遺言を実行するための策。

家親の兄義康が殺害された櫛引で
里見義近・民部・正光は切腹
加賀から山形に一緒に戻ってきた一族の者も全て斬られた

諸説が伝わり
正光だけが山形から逃げた、民部親子は片目・片足・片腕を斬られ野垂れ死にした、切腹は許されず
皆斬り殺されたといった話も伝わる。




734 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/02(水) 22:48:16.05 ID:QlcrUh6H
廃嫡されたとはいえ落ち度もない主君の息子を家臣の一存で殺せるもんなの?

748 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/11/03(木) 05:35:10.85 ID:hbtXZmd+
>>734
だから里見民部の息子が最初に生贄に選ばれたんだよ。
主命なら特に憚る必要はない。

里見民部「廃嫡の上追放って事は殺っちまいな、って理解していいんか」といった雰囲気でもあったんだろうね。