FC2ブログ

仁義なき毛利家・古志清左衛門と有地九郎左衛門

2010年12月10日 00:00

952 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/08(水) 23:28:21 ID:22qowhUG
慶長の役後、毛利家では朝鮮から帰国する際、手柄ある侍に対大将の毛利秀元から杯を与えることになった。
左に吉川広家、右に宍戸隆家等、重臣団が居並ぶ中、まず秀元は晋州城の戦いで奮戦した三刀屋監物に杯を与えた。

「次は当然わしじゃな!」
古志清左衛門がみずから進み出て二の杯を取ろうと左手を伸ばした時、横から有地九郎左衛門が進み出て
清左衛門の左手をつかむと、自分の膝の下に押さえつけ、杯を奪ってしまった。

すかさず清左衛門は空いた右手で脇差を抜き、九郎左衛門の脇にあてがい、秀元の方を見た。

「ヤッてもえぇですかいのぅ?」
「…い、いや、いいワケないだろ!?ひとまず落ち着け!」

あわてて秀元は立ち上がって二人をなだめると、両人一度に杯を与える事で場を丸く収めた。



以上、仁義なき毛利家の2話でした。なんだろう、メンツに関わると感じたら、ブチ切れて祐筆ボコろうが
大将の前で抜刀して刃傷沙汰起こそうが、構わない不文律でもあったんだろうか。





953 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/09(木) 00:13:18 ID:jw4ZFurA
ただ単に血の気が多いだけじゃね?

957 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/09(木) 12:41:16 ID:Oz0iw69H
同じ地域の昭和時代の映画とかw
スポンサーサイト