FC2ブログ

乱世忠臣を知る

2018年12月01日 16:52

536 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/12/01(土) 02:17:48.70 ID:bbVzbbEl
(今川氏真の駿府退去後)

駿府の西にある花沢城には小原肥前守鎮実、遠江掛川城に朝比奈備中守泰能(泰朝の誤り)、藤枝の城(徳之
一色城)には長谷川次郎右衛門(正長)一族21人がいた。これらは流石で数代の深恩を思って、金鉄の心を
現したが、小原は使者を立てて掛川城に申し送ったことには、

「“乱世忠臣を知る”という古語を今眼前に覚えている。今川家が数代恩を与え恵みをかけて、将士を養った
甲斐もなく、譜代老臣どもはその恩を忘れて義に背き、この大切に臨んで敵に内通降参し、主君を追い出して

国郡を奪わんとしている。人面獣心論ずるに足らず。鎮実は義を守り節を変ぜず、信玄に錆矢一筋を射掛けて
君恩に報ぜんとの志である」と申した。朝比奈はこれを聞いて「申し越されたことは節義の御志、返す返すも

感じ入っております。しかしながら只今味方は尽く離散し、この小勢をもって武田の大軍と決戦して討死する
ことは、義は潔しとしても謀拙きにあらずとも言えまい。氏真は未だ存命であるのに妄りに一身の名を惜しみ

討死するのは無益のようなもの。幸い掛川城は要害堅固で、兵糧玉薬も乏しくはない。泰能の所存は、氏真を
当城に迎え取って厳重に守護すれば、敵が幾万の兵で日夜激しく攻めたとしても、容易に落城はすまい。

その内には小田原の北条氏康父子もよもや捨て置かれはしないだろう。きっと後詰をもなさるはずだ。その時
は氏真も回復の運を開くであろうと存ずる。“死は易く生は難し”と申しますから、一旦の恥辱を忍び会稽の

恥をそそいでこそ、勇士の誉れと申すべきである。必ず短慮があってはならない」と、心中を残さず返答した。
泰能はその後、砥城の山家へ使者を立てて氏真を迎え取り、掛川城中の軍勢7千余人は各々が鉄石の如く志を
一致して約束し、節義を守って氏真を守護した。泰能こそ類少なき義士と見えたのである。

――『改正三河後風土記』


スポンサーサイト



今川家崩壊

2017年03月30日 18:03

769 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/30(木) 03:58:40.21 ID:4eoO7xGb
12月(永禄11年)、武田信玄は駿河に出張し、当国の主・氏真の近親(瀬名信輝)や葛山(氏元)、
ならびに朝比奈右兵衛大夫(信置)が信玄に属した。氏真は一戦及ばず、遠江掛川へ退きなさった。

掛川城主・朝比奈備中守(泰朝)は氏真の臣下で遠江国の郡代であり、氏真を本城に引き入れて
籠城した。翌年春まで上下の人数に酒肴以下までも怠りなくもてなし、奇特であると言われたという。

その後、小田原に氏真が退きなさった時に連れ立った。氏康・氏政が言ったことには、「臣下として
主人の氏真を相抱えて籠城したこと、人臣の名誉である」との由で、懇志に致しなさったという。

遠江へも信玄より秋山伯耆守(虎繁)に伊那郡(信濃国)の人数を相添え遠江へ出軍させた。すると
山家三方衆(奥平・田峯菅沼・長篠菅沼氏)は信玄に属し、秋山に伴って遠江に出張したのであった。

引間の人数は三方ヶ原へ出て合戦し、三河の山家三方衆と合戦に及んで引間衆は敗北し、数多討ち
取られた。そうして引間衆は懇望して秋山に一味し、氏真は掛川へ籠城しなさった。その勢3千余。

家康はこの冬、遠江へ出張しなさった。同月、三浦右衛門大夫という人は氏真の取り分けての寵人
であったのだが、掛川へ籠ろうとしたところ、日頃から城主の朝比奈備中守と間柄が悪かったため、
城へ入らず馬伏塚を頼って行った。

ところが、かの地の主・小笠原美作守(氏興)は日頃の契盟を違えて右衛門大夫の首を切り家康公
へ献上した。翌年の春、小笠原は病死した。時の人口はもっぱらこれを憎んだ。

さてまた、駿府の氏真の居城には岡部次郎右衛門(正綱)が相籠ったので、残党はこれに従った。

――『当代記』



770 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/30(木) 12:44:17.38 ID:Q4RK4yIB
朝比奈泰朝は小田原で死んだのかな