FC2ブログ

松永貞徳、友人の木下長嘯子を訪ねて

2016年08月28日 13:30

126 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/08/28(日) 11:05:37.50 ID:LyHxlujO
松永貞徳、友人の木下長嘯子を訪ねて

松永貞徳と木下長嘯子は、細川幽斎の高弟同士であり親交があった。

ある日、貞徳は長嘯子を訪ね、ちまき五把に歌を添えて渡した。
「近き山 紛はぬ住まひ 聞きながら こととひもせず 春ぞ過ごせる」
(近き山の紛れぬ住まいを聞きながら訪ねないまま春が過ぎようとしています)

「千代経とも またなほ飽かで 聞きたきは これや初音や 初ほととぎす」
(千代経てもまたなお飽きずに聞きたいのはこのほととぎすの初音です)
と、長嘯子も返歌し喜んだ。

――『挙白集』

この二句は沓冠折句になっており、五七五七七各句の頭の文字を読んだあと末尾の文字を読むと
貞徳「ちまき五把 まいらする」長嘯子「ちまき五把 もてはやす」という語句が浮かび上がる。
歌人らしい技巧を凝らしたやり取りであった。



スポンサーサイト

ラスボスが出した書状に

2014年09月07日 18:59

152 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/07(日) 00:34:49.85 ID:2Oaj9lMo
明の使者に罵詈雑言を吐かない事を家臣に申し伝えるよう
ラスボスが出した書状がトーハクにあったけど
徳川、前田、蒲生などの大大名に並んで木下勝俊の名前があったのに
驚いた

http://i.imgur.com/jPe60KQ.jpg
勝俊

153 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/07(日) 00:41:06.83 ID:jTF9m9zr
侍従&一門衆としての列挙なんでね?


157 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/07(日) 12:39:47.98 ID:27UEwbW9
>>152
テルとか宇喜田、小早川は国元に帰ってたんですよね...多分...

北政所の謀

2014年09月05日 18:57

北政所   
132 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/04(木) 21:56:55.96 ID:LotvBoFB
関ヶ原の時。
石田三成ら、西軍は挙兵したが、小早川秀秋は上洛したものの、狩猟ばかりを行っており、またその兄である
木下勝俊は伏見城松の丸を守っていた。

この状況に石田三成は、秀秋がこのままでは敵味方の判断ができない、伏見城を攻めさせてその色立てを見ようと、
使者を立ててこれを要請した。

秀秋はこれに、すぐに京都へ登り北政所にこの事を相談した。北政所は秀秋に尋ねた
「其の方はどのように考えているのか?」

「石田は秀頼の命と言って西国の大名を動員しましたが、ここからは徳川殿を滅ぼして自身が天下の権を奪おうとの
目論見が鏡に写すように見えています。

私は、徳川殿の麾下につくのは仕方がないと考えますが、石田の下につくのは無念の次第です。
ですので、どうにかして徳川殿に属したいと時節を見ておりました。しかし石田はそんな私を危ぶみ、
伏見の攻め手として信を見極めようとしています。

これにより私は今、大変難渋しています。ここで東軍への色立てをすることで西軍の諸大名によって
攻め滅ぼされるのも口惜しいことです。」

北政所はこれをじっと聞いて
「私は女の身でありますから、軍の計らいはよく解りませんが、女であっても勇士の家に生まれた身でありますから、
私の考えを一つ申しましょう。私の言うことが良いと思われたら、これを用いなさい。

其の方は先ず、伏見城の攻め手に加わり城攻めに向かいなさい。少将(木下勝俊)が城中にあるのは
幸いの事です。あなたが出陣した後から、この私が伏見城に入ります。そして『戦いを止めよ、和睦せよ』と
敵味方に停戦を呼びかけます。

伏見城中では、私が城内にいることを幸いに、これを人質であると思うでしょう。
大阪方は、私を城から出すようにと申し入れるでしょう。
秀頼は私が産んだ子ではありません。しかし今日、秀頼は私を母君と崇めています。
我ともに攻め殺せとは、五奉行もよもや下知することは出来ますまい。
そうして時を稼いでいる内に、徳川殿が軍を率いて上洛されましょう。

万一、この謀が案に相違し、西軍が私共々攻め殺すと言うことになれば、運を天に任せる事こそ
勇将の決断の場です。」

秀秋はこれを尤もであると思い、伏見攻めの人数に加わった。
ところが、木下勝俊はこの内談を知らなかったため、弟の秀秋が攻め手に加わったと聞くと驚き、
また城中の者達は勝俊を疑うようになった。

木下勝俊はこれに耐え切れず、松の丸から密かに脱出した。
これ故に北政所の謀も水泡に帰し、その怒りのため、北政所は京に帰ってきた勝俊に
対面を許さなかったのである。

(明良洪範)



133 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 00:56:57.25 ID:QeRVVbAx
勝俊・・・。

134 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 06:54:29.50 ID:Q2ixne+i
はかりごとは関係者一同によく連絡をしてから行いましょう

135 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 07:39:26.28 ID:XUeoxQbj
宇喜多某「『敵を欺くには先ず味方から殺せ』と兵法書にありました」

136 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 12:55:03.42 ID:k6N8jc8M
>>133
これで嫁さんにも愛想つかされたんだっけか。>勝俊

137 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 12:59:14.63 ID:ELs3ohGk
武家というより歌人なのに
鬼武蔵の妹を嫁にしたらそりゃ合わない

138 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/05(金) 13:04:13.02 ID:JURDapnT
むしろなぜこの時まで伏見城にいたのかが不思議なレベル

139 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 11:04:00.90 ID:3Q6lDSEc
木下勝俊はどう行動すればベストだったの?

140 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 13:19:11.12 ID:mJxQGt9i
小山評定ばりの演説で人心を統一して幽斎みたいに戦う

141 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 13:47:11.37 ID:5CwXbNVQ
なお帝よりの勅使は来ない模様

142 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 13:58:53.33 ID:ZRBXH1I0
待つなら待つで力尽くで追い出されるまで待ち続けるべきだったな

143 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 15:11:00.66 ID:QkepDTxJ
高野山に家出する

144 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 16:36:57.46 ID:0w7yHmTh
捨て駒みたいな勝俊がどう行動しようともしかたのないことでは・・・

145 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 20:45:33.52 ID:Zibgnl2J
秀秋のやりたかったこともよくわからないし

木下勝俊・利房兄弟間遺産争い顛末

2014年02月06日 19:03

北政所   
478 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/05(水) 21:17:33.24 ID:yIKJSst2
慶長14年7月27日、この日故太閤(秀吉)の政所(北政所)方の孝蔵主が京を出て
駿河に下られた。これにはこのような理由があった。

木下肥後守(家定:北政所の兄とされる。慶長13年8月27日死亡)に遺領が2万石あり、
駿府では、彼の子息である宰相(木下勝俊)、宮内(木下利房)の両人に(相続争いがあったため)この
知行を分け与えるよう提言したのだが、北政所はこの遺領を全て木下勝俊に相続させ、木下利房には何も与えなかった。

このことを知った大御所徳川家康は大変不快に思ったが、「この措置に理由があるのなら聞きたい」と
孝蔵主を駿府に召し下したのである。

この頃、近年北政所は老いのため気が違い、このように不合理なことが多いと言われた。

この二万石に関しては、当面は幕府によって召し上げとなり、板倉伊賀守が管理した。

(当代記)

木下勝俊・利房兄弟間の、北政所も巻き込んだ遺産争いの顛末である。




479 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/05(水) 21:20:36.70 ID:rR/x2MNn
北政所はアルツハイマーにでもなってたのか?

482 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/02/06(木) 17:50:35.53 ID:BQabvDs4
すげえ家康が潰したのに北政所のせいにしやがった