地獄へなりとも極楽へなりとも

2016年01月12日 18:25

925 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/01/11(月) 16:04:57.83 ID:ec3QsGx4
天正17年(1589)天草国人一揆のこと。加藤清正は木山弾正(正親)を大将とする軍と戦いとなったが、
これに出勢の時、清正は道の端にて押し行く軍兵たちの様子を見ていたが、南部無右衛門という者が、
真っ先に進むのを見て声をかけた

「無右衛門、今日の合戦は大事なるぞ!一入精を出せ!」
南部、これに

「別儀あるまじく候。ただ死ぬる迄よ!」

そう言い捨て通って行った。この言葉を聞いた人々は、あまりに大きな高言であると思った。
ところがこの合戦は、言葉にも似ず木山弾正の勢に追い立てられ、清正の軍は旗本まで敗れ逃げた。

その後、諸勢によって軍議があったが、南部無右衛門もその場にいるのを見た清正は聞いた
「そこにいるのは何者か?」」
南部無右衛門なり。」

「いやいや、無右衛門は今ここに来るはずがない。もし無右衛門ならば、きっとそれは幽霊であるだろう。
清正の家中に、死人が幽霊となったのを抱え置くというのは忌々しいことだ。
さっさとここから、地獄へなりとも極楽へなりとも、行ってしまえ!」

そう言ってその場から彼を追い払った。

(續撰清正記)



スポンサーサイト