草が風になびくような

2014年07月12日 19:30

671 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/12(土) 10:19:14.54 ID:amolp6fl
せっかくなんで、「徳川実記」家康公伝より
三好に追われた義輝を匿ったり、金ケ崎の信長逃亡を手助けしたり、の朽木元綱関連の話を

関ヶ原で金吾に引き続き脇坂、赤座、小川といっしょに寝返った朽木元綱
夜になってから、細川忠興を頼り家康本陣にご機嫌伺いに参上し、
「元綱が一旦敵方になっていた罪は言い逃れできませんが、脇坂安治の陣に従い、
お味方する意志を示しました。
どうかお許しをいただき、今後忠勤させてください」といった。
家康は
「お前のような地位の低いものは、草が風になびくようなものであるから、深く責める必要はない。
本領安堵はこれまでと変わらない」
とおっしゃったので、元綱も家康の寛容さに感動し、涙を流しながら退いたそうだ。

本領安堵とはいえ嫌味を言ってる気もするので悪い話に




672 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/12(土) 11:29:30.95 ID:2gB85Ays
実際の所、適当な理由付けて許してやらんと
仲介者の面目が立たんし

スポンサーサイト