村上織部道浄の自刎

2016年06月01日 18:21

780 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/06/01(水) 16:15:36.29 ID:QCwHFXo1
初めて投稿します。拙い文章で見苦しいかと思いますがご容赦のほどを。

私の地元・陸前高田の人なら大概知ってる郷土の偉人の話。

葛西家の家臣に村上織部道浄という者がおりました。
豊臣秀吉による奥州仕置により葛西家は滅亡。織部も野に下り、道慶と名乗って高田村(現・陸前高田市高田町)に西光庵という寺子屋を開き、地元の子らに読み書きなどを教えるようになりました。

歳月は流れ正保元年、高田村と今泉村(同・気仙町)の間を流れる気仙川の鮭の漁業権を巡り、両村の間で対立、争いが起きて抜き差しならぬ状況となりました。
高田村・今泉村双方に多くの教え子を持つ道慶は、かつての教え子同士たちが争うことに心を痛め、86歳の老体に鞭打ち調停に乗り出します。
ところが道慶の必死の説得をもってしてもこの騒ぎを収めることが出来ず、道慶は決心します。

「よし、こうなったら自刎しよう!」

ということで、高田村・今泉村双方の人々が集まる中、自らの首を刎ねることで争いの愚を諭しました。
人々はこれに心を打たれ争いを止めたのでした。そして出漁は両村1日交代とし、道慶を川の神として子々孫々まで祀ったのでした。

東日本大震災による大津波で「道慶塚」は倒れ、西光庵跡に植えられた「村上道慶塾の赤松」も流出しましたが、震災前まで続いていた道慶翁感謝祭は2年前に再開されました。

ちなみに私は気仙町(今泉村)人間ですが高田町(高田村)で商売してますんで、これからも両町仲良くやっていってほしいと思わずにはいられません。

以上、陸前高田市民が誇る郷土の偉人の話でした。



785 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/02(木) 00:56:03.54 ID:2JLVPFGh
>>780
たしか平田弘史が漫画化してた気が

786 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/06/02(木) 01:07:39.88 ID:sHleSrm2
道慶塚をどっちの村に作るか揉めなくてよかった
スポンサーサイト