岡本加介の討ち死に

2017年04月20日 21:18

842 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/19(水) 22:57:07.47 ID:NUslccIW
豊臣秀次の家臣であった岡本加介は、長久手合戦でも功のあった人物で、
後に松倉豊後守(重政)に属した。

大阪冬の陣の折、大阪城中より鉄砲をつるべ撃ちすることがあり、幕府軍の先手が騒ぐ時、
岡本は一番に進んで城際まで付くと、さらに先に人が居たので追いかけてみると、
それは同じ家中の奥田三郎右衛門であった。

このつるべ撃ちは、敵の攻勢などにつながるものではないと判断し、両人連れ立って帰ったが、
松倉隊は備えを丸く立て臨戦態勢を取っていた。そこで両名が帰って報告し、備えを立てるまでもない
状況だと解った。

この奥田と岡本は、夏の陣では松平下総守(忠明)の陣を借り前線に出て、6日の早朝にそろって討ち死にした。

岡本加介は、後藤又兵衛を必ず討ち取ると言っていた。その故を人から尋ねられた時
「後藤はいつも一番に先に出る者であるから、私は魁してこれと打ち合うのだ。」
と答えたという。

果たして岡本は、後藤が討ち死にした場所から6,7間(約10~12メートル)ほどの近接した場所で、
鉄砲にあたり討ち死にを遂げた。
スポンサーサイト

人を使う時、何であっても

2014年12月23日 17:42

424 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/23(火) 13:00:48.15 ID:ZGu01QdC
松倉重政は、

「人を使う時、無役にしていると心が弛んで睡眠のみ生じるものである。
何であっても、用を言い付けるのがよいぞ」

と言って、自分の家来たちには、煙草盆や煙管などのようなものまでも、
預かり人を言い付けておいた。

――『武功雑記』




日州は捨て殺そうといたされた

2014年07月16日 18:53

678 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/15(火) 18:29:38.99 ID:yHmW1y3I
丹羽式部(氏信)は大坂陣の時に大和組の中におり水野日向守(勝成)
の一手だった。式部は手勢三百人ほどで味方から十二、三町も離れて
深入りした。

松倉豊後守(重政)はこれを見て、「式部は必ず討ち取られるだろう。
同勢の際まで退かせられよ」と日向守に再三言ったのだが、日向守は
許容しなかった。しかしながら、敵勢も退いたので式部は無事だった。

後までこの事を豊後守は人に語り、「なんとまあ、大坂で丹羽式部を
日州は捨て殺そうといたされた」と言ったそうである。

――『武功雑記』




679 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/15(火) 18:52:59.57 ID:KJkHmawm
水野勝成の薄情な話ともとれるし松倉重政に戦術眼が無い話ともとれるしどっちなんでしょうかね

680 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/15(火) 22:44:59.85 ID:5cYWamN6
この頃まではきれいな重政だったか

681 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/15(火) 23:14:14.60 ID:qqeMSKfX
幕府に大事な収入源の海外貿易を禁じられ、さらに幕府のルソン攻略を睨んで城造りをした結果があれらしいが

682 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/16(水) 00:18:45.50 ID:JM2+t/YI
島原へ行くまでの彼は心優しい素直な武将でした

685 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/16(水) 11:18:48.21 ID:GJ0XaPYX
>>681
攻撃すんのに城造りする必要あんの?
大概籠城の備えに映るんだが。

686 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/16(水) 12:46:43.31 ID:4hbc6oyL
>>685
名護屋みたいな位置付けなんじゃないの?

松倉重政、私曲の臣を誅する

2012年09月05日 20:41

311 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/04(火) 20:57:35.59 ID:Farc1UBF
松倉重政の足軽頭に松田権六と言う者が居た。
この権六は重政がその当時城内に作っていた庭園の奉行で合ったが、彼はこの奉行において不正を行い、
部下の俸禄を掠め取り、彼らに正統な報酬を与えなかった。
重政はこのことを知り、権六を甚だしく憎んだ。

ある日、重政は造営中の庭園に出てきた。これを松田権六と、同役であった従兄弟である松田兵右衛門が出迎え、
重政の前に平伏した。
重政は何も言わず、懐中より訴状を出し

「権六、これを読め」

と言って投げ与えた。権六は何もわからすそれを拾い開くと、そこには自分の行った悪事の数々が並べ挙げてあった。
重政はじっと見て

「汝権六、私曲なくばその旨を陳ぜよ。」

権六は答えた
「も、もとより私にも陳述すべき事はあります!されどいかに君命とは申しながら、これは余りにも片落ちなる事では
ありませんか!先ずこの讒言を行ったものを糺してください。私はその後に陳述いたします!」

これに重政は冷たく
「汝、陳述するべき事がないのなら、今ここにて腹を斬れ。陳述すべき事があるのなら、私自ら、親しく聞いてやる。
汝が果たして罪がないという事を聞き得れば、そこで讒者を殺して、汝に謝罪しよう。
であれば今、讒者を糺す必要はない。」

権六は窮した
「…これはなんとも無理な仰せですが、腹を斬れとのの上意であるのなら斬りも致します。
されども、士たる者の死ぬのに、どうして犬猫のように扱われるのでしょうか?
願わくば沐浴の時間を賜り、そして検使をも受けて、その上で切腹をさせて下さい。」

すると、重政は刀に手をかけさらに冷たく
「汝は自らを犬猫にしてしまったのだ。ならばどうして犬猫のように死ぬのを嫌がるのか?
検使は私である。さあ、未だ遅らせようというのなら手討ちにいたす!」
そう、怒りに満ちた目で睨みつけた。

権六も、この上は是非に及ばずとついに観念し、短刀を引き抜くと逆手に握って自ら腹を掻っ切る。
そこに重政は兵右衛門に介錯をさせて帰っていった。

老臣達はこの事を知ると口々に重政を諌めた。「大名の御身として御仕置、あまりにも軽々しく思われます!」
これに重政は苦笑しつつ

「松田権六は勇士であった。仕手を遣わして放ち討ちにしても、容易には討たれるような者ではない。
また、もしあ奴が事前にこれを悟って己の自宅に立て篭もれば、人多く損なう事になったであろう。
私はそうなることを懸念して、つい若気を出してしまったのだ。
汝らの諫言は誠に理にかなったものだ。」

そう言って奥へと下がっていったという。
(日本武美譚)

松倉重政、私曲の臣を誅する、というお話。




312 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/04(火) 21:13:18.69 ID:pnouzQKh
>>311
悪いという程の話でも無いような、と思ったら…

松倉重政

島原の乱の遠因を作った御仁だ…。
これは肥前日野江に移封する以前の逸話なのかな?

313 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/04(火) 23:40:01.82 ID:/HwqI+Sy
重政の美談なんて初めて見た

314 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/09/05(水) 00:33:43.66 ID:TjZCv7He
意外な一面

松倉重政の東軍参戦顛末

2011年04月01日 00:00

422 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/30(水) 22:28:48.67 ID:Lt1PkM9W
慶長5年(1600)7発12日、石田三成、挙兵する。
この時大和の松倉重政は、自分の父が筒井家において、三成の家老・島左近の傍輩であった縁から
これに従った。

7月20日、
大阪城の石田三成は一部の兵に、丹後田辺城に籠る細川幽斎を攻撃するため
出陣を命じた。松倉重政にもこの命令は発せられた。

が、その日、松倉重政は亡き父の忌日だということで僧侶たちを家に招き仏事を行い、
その後酒を飲み過ぎて酔っ払い、丸一日前後不覚で寝るという有様であった。
そして目が覚め三成からの命令を知り大いに驚く。

しかし田辺城攻めを命ぜられた者達は既に集結し出発しており、松倉は悩んだ挙句
大阪に行き、三成に「このま丹後に行き田辺攻めの軍勢に合流すべきか、それとも
他の命令を待つべきか。」と問うた。

ところが三成からも島左近からも一向に返事が来ない。
実はこの頃挙兵したばかりであり、三成も左近も色々な事への対応で目が回るように忙しく、
そのため松倉の事が取り紛れ、まあぶっちゃけた話存在を忘れられてしまったのである。

数日間完全無視された松倉重政はさすがに激怒、

「ならば関東にお味方いたそう!」

と、家臣・田中藤兵衛尉を関東に下し、家康と通じた、と言う。


これが実際にあったかどうかは疑問ですが、まあ、あの西軍ならこんな事があっても
おかしく無いな、とも思う、松倉重政、東軍に通じるまでの顛末




425 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/03/30(水) 23:11:47.78 ID:1KKz+0FN
>>422
松倉は親子してスーパーDQNだからなぁ…