FC2ブログ

三人目は事の外きらひ申事の由

2020年08月02日 18:15

千姫   
239 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/08/01(土) 18:43:07.48 ID:M3sPawsy
三人目は事の外きらひ申事の由


豊臣秀頼の正室であった千姫徳川秀忠の長女)は、大坂の陣の後本多忠刻に再嫁した。
しかし寛永3年(1626年)に忠刻も亡くして、また寡婦となってしまった。
ところが三年後の寛永6年(1629年)、前田利常との縁談の噂が持ち上がった。【細川忠興文書 七五一号】
利常は千姫の妹の珠姫と結婚し嫡男もいたが、元和8年(1622年)に死別していた。
実際は千姫本人や利常の母である寿福院が嫌がって再婚することはなかったが
その理由について細川忠利が忠興あての書状に書き留めている。【細川家史料 細川忠利文書 三三一号】

一、加賀筑州(前田利常)へ播磨の御姫様(千姫)がおましになる話(縁談)は、筑前殿御母儀(寿福院)が
  事の外迷惑がっています。子細は秀頼様・中書殿(本多忠刻)が亡くなられてしまったので
  三人目になってしまうのをとりわけ嫌がっていて[原文:三人目は事の外きらひ申事の由]
  それが並大抵ではないためまだ済んでいません。その上御姫様も迷惑がっています。

忠興は「迷惑がるのはしょうがないが、嫌と申すような事ではない。もっとも筑州の母だから申し上げた
のかなと嘲笑されるようなことだ」と返書で反応している。【細川忠興文書 七六七号】
千姫は翌年にもいとこの松平忠昌と再婚する噂が出たが、続報はなかった。
この二つの縁談は恐らく、寛永9年(1632年)に亡くなる父・秀忠の意向だったのだろう。



スポンサーサイト



紀伊国の牟婁郡一ノ瀬の山本家

2011年10月19日 22:02

406 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/19(水) 16:32:43.61 ID:w0qg+f8m
紀伊国の牟婁郡一ノ瀬には山本某という人物があった。この山本家は、後の石高で言えば三千石ほどの領主であった。

山本某は、豊臣秀吉の紀伊征伐に反抗した日高の湯川氏に対しては聟、また玉置氏の従兄弟という関係であり、
この縁からも彼らと一味し秀吉に激しく反抗した。

やがて紀伊征伐の後自分の領地に引き篭っていたが、藤堂高虎がこれを騙して呼び寄せ、那賀郡粉河において
腹を斬らせたという。

しかしこの山本氏の子が一人残り、後に越前少将(結城秀康)に召しだされ、山本作兵衛と名乗り、知行千石ばかりを
取ったという。

この山本家は今も越前松平家で伊予守様(松平忠昌)に従っているそうである。いつ頃越前松平家に召抱えられたのかは
解っていない。

(紀伊国旧家地士覚書)





412 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/20(木) 17:53:30.48 ID:DsZEjTSV
>>406
豊臣に楯突いてもお家が存続した、いい話じゃね?

413 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2011/10/20(木) 17:57:49.60 ID:72Gec9Ki
>>406
騙されて腹切っただけなら悪い話だけど、その後は普通にいい話だね
秀康兄さんはいろんなの召抱えるのは好きだね 秀康兄さんに限ったことじゃないけど