FC2ブログ

松永久秀臣従

2016年03月04日 18:21

275 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/03(木) 22:14:31.27 ID:23E5b8t+
松永弾正少弼(久秀)は、その嫡子右衛門佐(久通)と共に計った

織田信長は若年の頃より、小勢を以て大軍を砕き、度々勝利を得たのは、時の運に乗じたのみではない。
武勇も世に超え、智謀も人に優れ、古今に傑出した人なるが故である。
往を以って来を計るに、今後彼の武威はいよいよ四海を覆うだろう。私が危険に逼迫してから屈服しては、
敵にも味方にも侮られてしまい、それから悔いても意味は無い。未だ余裕のある内に降参し、和州多聞城を
明け渡して偏に忠をなせば、きっとその益もあるだろう。」

そう議定し、内々に佐久間右衛門尉信盛に遣いし、この旨を述べると、信盛は早速岐阜に参じて
これを取り次いだ。信長は言った

松永久秀は武略にも達し、かつ聡明な人物だが、隠れなき佞人である。
己が名利のために計る者は、その威積累する時には、果たして国家を乱すこと、掌を返すより
簡単に行ってしまう。そのような徒者をどうすべきだろうか?」

佐久間は答えた
「それは暗君に仕えての事です。まず御赦免されれば、天下静謐の功も、速やかに成し遂げられるでしょう。」

これに信長も説得され
「ならば汝が、兎にも角にも計らうように。」と信盛に任せた。
これによって降参の義は調い、先ず多聞城を請取、こうして松永父子は元亀4年4月10日に
岐阜に参向し御礼申し上げ、不動国行の刀、薬研藤四郎の脇差など進上した。
こうして多聞城には山岡対馬守を入れ置かれた。

(甫庵信長記)

甫庵信長記より、松永久秀臣従の模様である



276 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/04(金) 10:11:20.67 ID:752mqM54
全て甲斐の生臭坊主が悪い

277 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/03/04(金) 14:20:47.94 ID:1i+wHq0y
>>276
人とは欲を生きることじゃ、己の欲に生き生き抜いてこそ見える境地あるかもしれぬ
スポンサーサイト



総見記にあった松永久秀親子の話

2012年04月02日 21:30

507 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2012/04/02(月) 00:56:09.69 ID:keM5NGkX
総見記にあった松永久秀親子の話

 上杉謙信の出兵に合わせて信長に謀反を起こした松永久秀であったが、うまくいかずに居城である信貴城を
包囲されてしまった。激しい攻防戦の末、城方は本丸だけをかろうじて残す有様となった。ここにいたって
覚悟を決めた久秀は共に籠城していた息子の久通に城を脱出して織田信長を倒す工夫をせよと命じた。久通は
父と共に戦って死ぬことを望んで脱出を拒否したが、久秀は叱り付けて強引に脱出させた。
 しかし、久通は途中で織田軍の兵に見つかって討ち取られてしまった。世間の人々は久通のことを
「父親を見捨てて逃げ出した臆病者」と散々に けなしたが、信長だけは「これは弾正がそうさせたので、
所存あってのことだろう」と言って弁護した。
 無念の最期をとげた松永久通であったが、仇敵である信長のおかげで名誉だけは守られたのだ。