FC2ブログ

先年御腹めさせ候刻を佐渡覚悟を以て申延候

2020年05月27日 18:18

林秀貞   
93 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/05/26(火) 22:55:16.97 ID:wLd/15L7
一、去る程に信長公の一大人(家老)の林佐渡守(秀貞)、その弟の林美作守(通具)、柴田権六
  (勝家)が申し合わせて、3人が勘十郎殿(織田信勝)を守り立てようとして既及逆心との由
  で、風説取り取りであった。

  信長公は何と思し召したことなのか、5月26日に信長と安房殿(織田信時)とただ2人で清
  州から那古野城の林佐渡の所へ御出になった。

  「よき巡り合わせなので、御腹を召させよう」と弟の美作守が申すのを、林佐渡守はあまりに
  面映ゆく存じたのか「三代相恩の主君をおめおめとここで手にかけ討ち申しては、天道が恐ろ
  しい。どのみち(信長は)御迷惑に及ばれるのだから、今は御腹を召させることはできない」
  と申して御命を助け、信長を帰し申した。

  一両日が過ぎてから御敵の色を立て、林の与力の荒子城が熱田と清州の間を取り切って御敵に
  なり、米野城と大脇城は清州と那古野の間にあってこれも林の与力であるため、一味して御敵
  を仕った。

一、(信勝との和睦の時)

  林佐渡守のことは、これまた召し出されまじきことではあったが、先年御腹を召させるという
  時のことを、佐渡は覚悟をもって申し延べた(先年御腹めさせ候刻を佐渡覚悟を以て申延候)。
  その子細を思し召し出されて、このたび御宥免なされたのである。

  ――『信長公記 首巻』



94 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/05/27(水) 11:03:28.43 ID:LokIAzXC
秀吉の信雄三家老懐柔を思い出した
スポンサーサイト



まず今回は御赦免なさった

2020年05月23日 16:46

80 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/05/23(土) 06:05:32.82 ID:QRLkc+Fv
(稲生の戦い後)

それより後、敵は末森・那古野に籠城したのを節々御働きなされて町口を皆々放火し給う。しかる
に信長公の御母堂(土田御前)と武蔵守殿(織田信勝)は御一緒に末森城にいらっしゃたが、清州
より島田所之助、村井民部を御使に遣わされた。

武蔵守殿謀叛の罪科を今後御赦免なさって和睦させなさるようにとの由で信長公へ様々の御詫言が
あり、信長もさすがに御舎弟といい御母堂の御詫言といい、いずれにしても捨て置き難くすなわち
御同心なされた。

以来、武蔵守殿より信長公へ疎意あるまじき由の起請文を書き遣わされ、御母堂の御同道で武蔵守
殿、ならびに柴田権六(勝家)、津々木十蔵(蔵人)が黒染の衣を着て清州城へ参上申し、御目見
と御礼を申し上げた。

林佐渡守(秀貞)はひとしお罪科の者で御赦免なりがたき輩であったが、諸々の御詫言を申し上げ、
先年に安房守殿(織田信時)御同道で彼の館へ御入りになった時、舎弟の美作(林通具)は信長公
を殺害しようと申したが、佐渡守は差し止めたということをよくよく聞こし召し届けられて、まず
今回は御赦免なさった。

これも首を延べて清州へ参り御許しの御礼を申し上げれば、信長公よりあまつさえ元の如く那古野
城を守るようにとの旨で安堵の御書を賜った。

――『織田軍記総見記)』



尾州稲生合戦事 同美作守被討捕事

2020年05月22日 18:13

205 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/05/22(金) 03:50:07.09 ID:Qm/OZvwl
尾州稲生合戦事 同美作守被討捕事

弘治2年(1556)の夏頃より、林佐渡守(秀貞)・同美作守(林通具)・柴田権六(勝家)3人
の勧めによって武蔵守殿(織田信勝)は謀叛を企てられ、信長公御台所入りの御知行・笹木三郷を押
領なされた。このままではきっと河際に砦を付けられ、河東の御知行をも押さえられること必定であ
るとして、こちらより先立って清州の東50町にあたる名塚村という所を砦の城に拵え、佐久間大学
(盛重)を籠め置きなさった。

かくてこの年の8月、霖雨晴れ間なく降り続き水洪大いに流れるのを良き時節と思ったか、同月24
日朝、柴田権六勝家は末森城を出て1千余人の軍兵を引き連れ、林美作守は那古野城より7百余の人
数を率いて両口より我も我もと名塚村へ押し寄せた。

名塚村の砦よりこの由を清州に告げるため、当月21日より毎日の大雨で小多井河の水は出で鳥でも
なければ渡り難きものを、さすが水の上手を便りにして難無く川を泳ぎ越し、この由を清州へ申し上
げた。

信長公は聞こし召され「名塚村の砦はようやく塀1重堀1つ、そして大学は無勢で籠っている。両手
の大軍を引き受けて難儀に及ぶことは察し入る。今日某が後詰せねば、間違いなくこの城は落ちるで
あろう。後悔何の益かあらん。速やかに打ち立つべし!」と、上下7百に足らぬ人数を引き連れて、
即時に清州を出発されて小多井河に到着なさった。

水上みなぎり波高く渡れる様子もないところ、河向かい名塚の砦では合戦は今が盛りと見え、弓鉄砲
鬨の声おびただしく聞こえたり。信長公仰せられるは「私がこの河を渡りかねて目の前で味方を討た
せれば、これ以上の弓矢の恥辱はない。我と思う者は続いて渡れ!」と下知し給い、自身馬を入れて
さすがの大河を真っ先に駆けて一文字に渡りなさる。大将が渡り給うのを見て、総勢は我劣じと乗り
入れ、7百の人数残らず大河を渡り越えて向かいの岸に駆け上がる。

柴田これを見て稲生村の外れの道を西向きに掛かり来る。林美作は南の田方より北向きに備を立てる。
信長公は総人数を2つに分け織田造酒丞直政(信房)・同勝左衛門に人数を添えて柴田の方へ差し向
けなさる。信長公は林の陣へ指し向いて、同日午の刻に辰巳へ向かって無二無三に合戦を始められた。

206 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/05/22(金) 03:52:39.31 ID:Qm/OZvwl
一番の合戦は柴田がいささかの勝利を得て、造酒丞は打ち負かされた。山田治部左衛門・佐々孫助を
始め数輩が討死し、山田の首を柴田自身が討ち取って残る軍兵を散々に追い崩し、信長公の御前近く
に追い掛かる。信長公御馬の周りには森三左衛門(可成)を始め、わずかに持槍の中間ばらまでのよ
うやく40ほどであった。

織田造酒丞・同勝左衛門は大原という大剛の者を突き伏せ首を奪ったところへ敵兵多く取り掛け、合
戦すでに大事と見え、信長公は大声で「憎き奴ばらめかな!」と御怒りになれば、さすが主君の御事
なので敵ながら恐れ憚り、そのまま掛かることはできなかった。河村助右衛門はこれを見かね、御馬
の先へ4,5町ほど進み出て晴れなる討死をしたのだった。

美作守はいよいよ勝利に誇り、信長公の御方を捨て置いて逃げる勢を追いすがって切り掛かるのを、
信長公は南へ向かって横合いに突き掛かりなさる。森三左衛門以下が槍を取って進み掛かれば、美作
勢は敗軍して信長公自身で美作を目掛け給うと、近習に召し使われた黒田半平が槍を持って美作に渡
り合い互いに突き合って、半平は左手を切り落とされた。美作も戦い疲れて互いに息継ぎするところ
を信長公はキッと御覧になり「天の与えた幸いなり!」と自身槍を引っ下げ美作を突き伏せなさった。

美作も剛の者でなお働きたるところを、御小人の口中杉若という者が走り掛かってついに美作を切り
留め首を取って差し上げた。杉若は今度の御褒美として後には侍になされ、黒田杉左衛門と名乗らせ
なさった。

織田造酒丞の下人の禅門という中間も敵方の勇士・河辺平四郎を切り倒し、主人に「この首を御取り
なされ!」というのを、造酒丞は申して、「いくらでも切り倒せよ!私めは首を取るに及ばず!」と、
なお先へ進んだが、造酒丞も森三左衛門も終始戦の下知のみしてついに首を取らなかった。

さて柴田権六は造酒丞・勝左衛門・織田左馬允(津田盛月)・佐久間大学などの諸勢に向かってなお
支えて戦っていたのを、信長公は大声を揚げて「林美作は某が自身で討ち取ったるぞ!柴田めを余す
な漏らすな!」と、一度にドッと突き掛かり給うや否や、その御威光に騒ぎ立ってさすがの柴田も崩
れ立ち、四角八方へ敗軍した。

ここで橋本十蔵という者は佐久間大学に討たれた。前田又左衛門利家はその頃は未だ犬千代といって
16歳の若武者であったが、敵方の宮井勘兵衛が射た矢を右の眼の下に受け止め、その矢を抜かずに
ついに勘兵衛を討ち留め、首を取って御目に掛けた。誠に古の権五郎景政(鎌倉景正)にも劣らない
働きであると皆人これを誉め合った。

さて信長公の御勢は皆々馬を引き寄せて打ち乗り、敵が逃げるのを追って行き、小幡守山の辺りまで
ことごとく追い打ちした。これより追い捨てて引き返し清州城へ御入りになり、この日は御休息用心
なさって討ち取った首を翌日に御実検なされた。

まず林美作守を御大将・信長公自身がこれを討ち取り給う。鎌田助之丞を織田左馬允が討ち取る。富
野左京を高畠三右衛門が討ち取る。宮井勘兵衛を前田又左衛門が討ち取り、山口又五郎を木全六郎三
郎が討ち取る。橋本十蔵を佐久間大学が討ち取る。大脇虎蔵は織田勝左衛門が討ち取る。角田新五郎
を佐々内蔵助(成政)が討ち取る。この他に河辺平四郎を始めとして屈強の首を討ち取り、その数は
450余とぞ聞こえける。

信長公は清州城へ御居住以後、初めての勝ち合戦でそのうえ逆心の張本人である林美作を討ち取りな
さったと、殊の外御怡悦であった。

――『織田軍記総見記)』



207 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/05/22(金) 11:49:34.21 ID:sEvfHqod
林美作を討ったのが大きい

208 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/05/22(金) 15:29:52.42 ID:9CMjUVvv
よく勝家は許されたよな。信長政権が続いたら、いつか追放されたかもしれないけど。

209 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2020/05/23(土) 09:01:54.02 ID:pvlENMfI
>>208
後継が無能だったら佐久間と同じ道を辿る

すなわち御名を織田三郎信長と付けなさる。

2017年03月09日 20:38

708 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/09(木) 04:04:26.09 ID:v5m1NhMr
さて、吉法師殿(織田信長)を名古野(那古野)の城に差し置きなさり、備後守殿
(織田信秀)より、林新五郎(秀貞)、平手中務(政秀)、青山与三右衛門(信昌)、
内藤勝介、この4人が家老に付けられ、もっぱら傳り立て奉った。台所(財政)の
賄いは平手中務が奉行したということである。吉法師殿は内外共に、ことのほか
困窮しておられた。

成長に従い天王坊という寺へ毎日登山して、手習いをなされたが、すでにその頃
から気性は異相にして世の常人とは違っていた。信秀は古渡の新城におられた。
台所賄は山田弥右衛門がこれを勤めた。

かくて天文15年に吉日良辰を選び、吉法師殿は四家老を召し連れ、古渡の城へ
参上なされて、その城内で元服なさった。御歳積もって、13歳ということである。

備後守殿は怡悦なさり、上下の身分とも御祝いの酒宴をなさった。すなわち御名を
織田三郎信長と付けなさる。

翌天文16年、信長公は武者初めとして三河へと御出陣となった。この時、信長公
は紅筋の頭巾と羽織、馬鎧の出で立ちだった。これは、平手中務が計らい申した
ということである。

さて三河へ至り、今川家から人数を籠め置いていた吉良大浜という場所で信長公
は民屋を焼き払い、その日は野陣を張って一宿され、翌日に名古野へ帰陣された。

これが信長公の陣初めである。

――『織田軍記(総見記)』



709 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/09(木) 07:48:00.48 ID:577KVNZe
宿舎を焼いて寒空の下で泊まるなんてバカな奴だな

710 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/09(木) 08:12:59.84 ID:O8/yWz+H
家康「というわけで信長公にあやかるため、秀忠の傅役には青山と内藤をつける」