一番乗りの軍功

2018年01月30日 18:06

602 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/01/30(火) 00:01:56.39 ID:Oi0Wy28c
秀吉の九州征伐における、豊前岩石城攻めにおいて、蒲生氏郷の家臣、蒲生小番(のち源左衛門と称す)
が、秀吉より一番乗りの軍功の褒美として、御腰の物を賜る折、小番は申し上げた

「岩石城への一番乗りは、栗生美濃と申す者でしたが、彼は黒い吹貫の指物であった故に、御前の
御目に立たなかったのだと思います。
私は白い吹抜を指していたため、遠くより目立ったのでしょう。だからこそこの御褒美に預かったのだと
思います。

一番乗りの御褒美ということであれば、栗生にこそと存じます。
また、そうではなく私自身の働きに対して御褒美ということであれば、もちろん拝領仕ります。」

秀吉は彼の正しさに感じ入り、腰の物は栗生美濃に与え、蒲生小番には、別のご褒美を下した、
とのことである。

(士談)



603 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/01/30(火) 00:15:47.26 ID:VG1Khv5j
ガモウコバンでええの?

604 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/01/30(火) 05:44:12.20 ID:7JuNmf3l
警固の大番、近侍の小番からでしょう
だから"こばん"でいいんじゃないのかな

605 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/01/30(火) 14:25:48.01 ID:8oUjZAlC
<家格>「小番太刀」由来

http://www.ito-ke.server-shared.com/kobantati.htm

「薩摩藩の職制表」の解説には、「小番」(こばん)とは「一所持(宗家子孫の私領持ち)または家老を務めた家の子孫」とある。

606 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2018/01/31(水) 11:08:35.78 ID:gVpdezjR
誰かと思ったら蒲生郷成のことか
スポンサーサイト

名ある勇士である上は

2017年04月25日 18:40

854 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/25(火) 05:13:46.15 ID:+SgLkxQo
蒲生氏郷が伊勢国松島在城の時、蒲生主計栗生美濃との間に口論があった。
ふと気づくと、蒲生主計の後ろには山中大運が、栗生美濃の後ろには倅の東が小脇差を持って
つめかけ、この二人が刀を抜けば、即座に突き掛かろうとの風情であった。
これに主計も美濃も、冬であるというのに大汗を流したという。

この時の評に、主計も美濃も大汗を流すほどに思っていたが、両人ともに相手を討ち果たせば
この場で多くの人が損ずると思って、そのようにならなかったのだ、という。
どちらも特別な勇士どもであり、いずれにも越度という物はない。
「両人ともに後ろ詰めに迷惑して汗を流した」と言うべきだが、その頃の評も殊勝である。

加藤清正、加藤嘉明、福島正則といった人々も、1年に2,3度づつは口論問答があったが、
それによって争いごとに成るということは聊かも無かった。
名ある勇士である上は、そうあるべき事である。

(士談)